2015-04-23

記事を書きました。 ヤマハサイト『ゲーム・ソフト『ギター・ヒーロー ライヴ』は音楽シーンをどう変えるか』
ちなみに来週はゴールデンウィークなのでお休みですが、過去記事を無料でたくさん読めますのでどうぞ!

————–

最近、アーティストの過去作品がまとめて廉価ボックス化されることが多いですが、遂にEYEHATEGODまでが。 最初の4枚(いずれも聖典)が入っています。 輸入盤にありがちな、ペーパースリーヴに入れただけの簡易仕様のようですが、『IN THE NAME OF SUFFERING』と『DOPESICK』はえぐい方のジャケです。 あとマイク・ウィリアムスがライナーノーツを新規で書き下ろしていて、all tracks digitally remasteredと書いてあります。 拙ブログをご覧になっているような方は全員既に4枚ともお持ちとは思いますが、まだの方がいらっしゃいましたらこれがチャンスです。

————–

MASSIVE誌の日本版アメリカ版。 日本版の方は増田勇一さんがスーパーバイザーだそうです。必読!

————–

●ぼくのかんがえたモリシー

WWE NXTで試合後、ケヴィン・オーウェンスがエイドリアン・ネヴィルをいたぶる!
その時、イタミ・ヒデオのテーマ曲が!
イタミ「オイ!オイ!俺の仲間を連れてきたぞ!」
そして新キャラ、ファットガールが登場!
実は病気は契約をクリアするための言い訳だった! (長州のガングリオンみたいな感じで)
イタミ「ファットガールはダニエル・ブライアン、アントニオ・セザーロ、そして貴様!ケヴィン・オーウェンスを倒してベルトを防衛してきた男だ!」(←注:本当)
それに対する観客の反応はまばら。
イタミ「見た? 新しいコイツ、見た? あまり気に入ってない感じ? そういうのもいいよ。これからまだヤバイ感じになるから、見といた方がいいよ」
ファットガールはそのマッチョ・バディでオーウェンスを場外に突き飛ばす!
ファットガール「やる気!元気!モリシー!」
その後ファットガールはRAW / SMACKDOWN本隊に進出。 ブルーパンツとの男女混合タッグチーム“ファットパンツ”も人気を博し、レッスルマニア32でWWE世界ヘビー級王座に挑戦することに。
ファットガール「フフフ、ひさしぶりだなタイラーよ」
ロリンズ「ぼくはもうあんたの後輩じゃない。本気で行かせてもらいますよ」
いま!戦いが始まる!

…ここまで妄想してみました。 ゆっくり身体を治して、いつかまた元気な姿でファイトして欲しいです。森嶋選手、お疲れさまでした。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください