2008-10-20

元ウェストロード・ブルース・バンドの塩次伸二さんが昨日亡くなったそうです。

—————————-

AIRBOURNEのジョエル&ライアンのオキーフ兄弟に取材しました。

特にジョエルはラウドパークのステージやアルバム『RUNNIN’ WILD』そのまんまのハイテンションぶりで、とにかく火を噴きそうなトークでしゃべり通し。それに食らいついていくのにこちらもテンションが上がりまくりで、あれだけ速く英語でしゃべったのは久しぶりでした。取材が終わったらドドッと疲れが出ました。でも英語がちょっとうまくなった気がします。

WWEのMr.ケネディのテーマ曲を手がけている彼らゆえ、当然プロレスネタも振りました。

山「ジャケットの脱獄がTHIN LIZZY『JAILBREAK』っぽいですね」

ジョ「ジャケットの建物はメルボルン刑務所なんだよ」

山「ボゴ・ロード刑務所というのはメルボルンでしたっけ?」

ジョ「いや、それはシドニー。ていうか何でそんなの知ってるんだ?」

山「WWEにいたネイサン・ジョーンズのあだ名がThe Colossus of Boggo Roadでしたし」

ジョ「そんなレスラーいたっけ?」

山「俳優に転向して、『トロイ』の最初でブラピに殺されてますよ」

ジョ「ストーン・コールドの『The Condemned』って見た?面白い?」

もちろんちゃんと音楽の話もしました。オージー・パブ・ロックの成り立ちについていろいろ教えてもらって、がぜん興味が湧いてきたので、もっと掘り下げていきたいです。

PRIDE-1で北尾と戦ったことのあるネイサン・ジョーンズですが、9月8日の早朝バンコクでジョギング中、セメントトラックに当て逃げされて左腕を怪我したそうです。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください