Doctor X

フェイ・レイ追悼第二弾。

1932年に作られた怪奇映画。要するに『猟奇島』と同年、『キング・コング』『吸血蝙蝠』の前年ですね。

満月の夜に女を襲って切り刻んで食い散らかす殺人鬼が現れて、その正体は?…というストーリーですが、まあなにぶん1932年の話なので、グロ描写は皆無です。

フェイ・レイは科学者の娘の役。堂々のヒロインなのですが、まあお飾りといった感じ。

でもラスト、人工皮膚を顔面に塗りたくってモンスター顔になった殺人鬼に襲われたりしてキャー!と、元祖スクリーム・クイーンの面目躍如です。

特筆すべきなのはそのモンスター顔の殺人鬼のメイクを担当したのがマックス・ファクターだということ。

もうひとつ、本作は史上初のテクニカラー長編劇場実写映画のひとつだということです。

ストーリーはあっさりめですが、色彩が古色蒼然としていて趣があり、元々舞台劇だったこともあって屋外シーンも閉塞感を感じさせ、楽しく見ることが出来ました。

たぶん未DVD化だと思いますが、1993年発売のビデオが今でも入手可能。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください