The Vampire Bat

フェイ・レイ追悼というわけで、『吸血蝙蝠 The Vampire Bat』(1933)を見ました。

クラシック怪奇映画ですが、コウモリ怪人が出てきて美女を襲う話かと思ったら、まったく違いました。

ちょいネタバレ入ってるけど、頭のおかしい科学者がうんこマリモみたいな人工生命体を作って、その栄養分として人間の血を必要としていたと。

で、それを吸血コウモリのせいにして、犠牲者の首に注射器でふたつポツポツを付けていたと。

舞台がドイツで、コウモリの影を多用。脚本がショボくてストーリーが破綻、ほとんどシュールなこともあって、ドイツ表現主義映画っぽい印象を受ける作品でした。

で、フェイ・レイは科学者の助手として出演していますが、おっさんとババァしか活躍しないこの映画において、お飾り的存在です。絶叫シーンはありません。

オープニングで曽我ひとみさんばりの熱烈ブチューをして、あまりの熱気で試験管のフタがポンッと飛ぶシーンは当時としてはセンセーショナルなものだったかも知れません。

なお現在この作品はNavarre社から出た『Triple Feature Horror Classics』シリーズのVol.2で見ることが出来ます。

他に入っているのは『Dr. Syn』と『死霊が漂う孤島 King Of The Zombies』。

ちなみに『Dr. Syn』はラッセル・ソーンダイク原作で、1962年に『幽霊島 Captain Clegg』としてハマー映画化されて、その後カテドラルが歌にしていますね。

買うだけ買って放置してあるクラシック怪奇映画DVD、これを機会に少しずつ見ていきたいと思います。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください