2015-09-29

グレッグ・レイクがゲイリー・ムーアと作った2枚のアルバム『GREG LAKE』(1981)と『MANOEUVRES』(1983)が11月にカップリング2枚組でリマスター再発されるそうです。
未発表ボーナス・トラックとして、『GREG LAKE』には「You Really Got A Hold On Me」「You’re Good With Your Love」「Cold Side Of A Woman」、『MANOEUVRES』には「Hold Me」が追加収録されるそうですが、はたしてゲイリーは参加しているのでしょうか? これは確認せねばなりますまい。

グレッグ・レイクといえば8月に『LONDON ’81』が出て、ボーナス・トラックで「C’est La Vie」が入っているけど、たぶん以前出たCollectors Numbered Limited Editionと同じニューヨークPalladiumのテイクと思われるので、まだ押さえていません。 さすがCleopatraクオリティの酷いジャケットなのも、ポチる手を止めてしまいます。
だいたいこのKing Biscuit Flower Hour音源、もう何枚も持っていて、そろそろ要らないです。 日本で2010年にワードレコーズさんから出た紙ジャケCDは山崎がライナーノーツを書いています。

CleopatraはELECTRIC HELLFIRE CLUBとか、HAWKWIND関連の変なアルバムを出してくれるのはいいのですが、なんか胡散臭いトリビュート物も多いです。 レーベル設立が1992年で、もう23年やっているのに、未だ胡散臭さを貫いているのも凄いですが。
KYLESA、PENTAGRAM、ULVER、WO FAT、SOLACE、CANCER BATS、WITCH MOUNTAINらが参加のBLACK SABBATHトリビュートを出すと知って、ちょっとイヤだなーと思ってしまいました。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください