ヴァレー・ガール

DVDで『ヴァレー・ガール』を見ました。何を今さら。

1983年公開。前年フランク・ザッパの「Valley Girl」がヒットしたため、その歌詞を原作とした映画を作ろうとしたそうですが拒絶され、でもタイトルだけ使って作っちゃったそうです。裁判になったけどザッパが負けました。

“山の手サン・フェルナンド・ヴァレーのお嬢様とハリウッドのパンク野郎のラブストーリー”ですが、脳髄が痺れました。

主人公が髪の毛があるニコラス・ケイジというだけで既に頭が痛いです。

ヒロインはデボラ・フォアマン。メイベリンのCMに出ていたそうです。

ヴァレー・ガールというと山の手のいいとこのお嬢様だけど馬鹿で、今のパリス・ヒルトンみたいなセレブ系ギャル喋りです。ホーム・パーティーではヘルシー志向な寿司を食べていますが、ドロドロの汚いウニの軍艦巻きで、ロンドンのプルトニウム寿司より危険そうです。

それでSPARKS「Angst In My Pants」にあわせて踊ったりしています。2階の寝室でエロいことをするのは定番ですが、壁にはDEVOのポスターが貼ってあります。

それを見た下町出身のケイジが「そんなの聴いてるんじゃねえよ!本物の音楽ってやつを見せてやる!」とヒロインをサンセット・ストリップ(通称ストリップ通り)の汚いクラブに連れていきます。THE PLIMSOULSがライヴをやっています。こっちが本物であっちが偽物という線分けがよく判りません。

ヒロインの両親(イヤーな自然食デリ経営の元ヒッピーカップル)がフレデリック・フォレストと『ブルース・リー死亡遊戯』のコリーン・キャンプ。二人とも『地獄の黙示録』に出ていたけど、この映画にもコッポラの息がかかっているのでしょうか。ケイジも甥っ子だし。

最後はいいとこ高校のプロムにケイジが乱入してぶち壊し、ヒロインと逃亡するという、映画を見始めて3秒で想像がつくオチでした。

プロムで演奏しているジョージー・コットンの「Johnny Are You Queer」は『MTV JACKASS NUMBER TWO』でも使われていました。

いわゆるMTVムービーの枠に混ぜてもらえなかったかわいそうな映画ですが、まあ仕方ないかも知れません。

もっとも『フットルース』なんかもシティ・ボーイの主人公がカーステでQUIET RIOTを聴いてトラクターでチキンレースをやる眩暈系映画なのですが。

まぁ何かの機会があれば一見の価値はあるかも知れません。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください