Elton Dean (1945-2006)

2月8日にブリティッシュ・ジャズ界を代表するサックス奏者の一人、エルトン・ディーンが亡くなりました。

本人がソフト・マシーンで活躍したのと同時に、”エルトン・ジョン”という芸名がエルトン・ディーンとロング・ジョン・ボールドリーから取ったものだということで有名だった人です。

(”高千穂遥”というペンネームが高千穂明久と永源遥から取ったのと同じですね。)

追悼の意を示すために、彼が参加したアルバムを聴こうと思って手にしたのがTOWERING INFERNOの1993年のアルバム『KADDISH』でした。

ホロコーストを題材にしたコンセプト作品で、久々に聴いたけど、凄いですねこのアルバム。

凄いというか、怖いです。

現代音楽とプログレッシヴ・ロックとジャズとなんか色々混ぜあわせ、沈んだヘブライ語のナレーションが入るのに加え、ズズーンと落ち込むヘヴィなギターが打ち沈んだ気分にしてくれる闇の傑作です。

うちのサイトを頻繁に覗いているような音楽リスナーの人ならきっと脱糞ガッツポーズだと思います。

当初は自主盤でリリースされたけれど、あまり凄い作品なので『アイランド』から再発。但しセールス面ではパッとせず、日本盤も出なかった筈です。

今では英米でも廃盤。

でも中古盤屋で見つけたら、そばにいる人たちを殴り倒してでも手に入れたい一枚です。

ところでTOWERING INFERNOの片割れリチャード・ウルフソンって去年2月に亡くなっていたんですね。

もう一人のアンディ・ソーンダースは何をやっているのでしょうか。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください