Mark Cotta Vaz『Living Dangerously – The Adventures Of Merian C. Cooper, Creator Of King Kong』(Villard刊)

1933年版『キング・コング』の共同プロデューサー兼共同監督であるメリアン・C・クーパーの伝記本です。

しばらく前に買ってつまみ読みしていましたが、400ページ以上あるのでずいぶん時間がかかってしまいました。

クーパーは1938年から『ウォー・イーグルズ』の制作に着手していましたが、ヨーロッパで第二次世界大戦が始まったことによる「映画どころじゃない」と空軍に入隊。

1941年に太平洋戦争が始まってからは中国・ニューギニアに駐屯、ラバウル攻撃に参加したり、1945年9月2日の日本降伏文書調印のときには戦艦ミズーリにいたそうです。

(噂されていた東京大空襲に参加したというのはデマのようです)

戦後は徹底的に反共を貫いたり、キングコングが彗星上で発見される映画を企画するなど、とにかく興味深いエピソード満載です。

ちなみにクーパーがフェイ・レイにホの字だったというのもデマだそうです。

著者のVazは『The Art Of Star Wars Episode II』の文章パートを書くという微妙な仕事もしていますが、えらく詳細なところまでリサーチしており、最後はイタリアで行われたコンベンションやフェイ・レイの死までカバーしています。

コングマニアは絶対必読!

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください