キングコング(1976年版)ヒロインについて

1976年版『キングコング』のメイキング本『The Creation Of Dino De Laurentiis’ King Kong』(Bruce Bahrenburg著)を斜め読みしていました。

出版元は映画会社パラマウントと同じGulf & Western系列のPocket Books、著者はラウレンティスのパブリシストという”公式本”なので、かなりヨイショが入っています。

で、この本には驚愕の事実が掲載されています。

ヒロインのドワン役には最初バーブラ・ストライサンドが予定されていたのですが、スケジュールが合わなくて却下。

続いて候補に挙がったのが、『スーパーマン』のレックス・ルーサーの愛人ことヴァレリー・ペリン

でも彼女はユニバーサル社(当時こっちも『キングコング』を作るはずだった)との契約があってNG。

それで白羽の矢が立ったのがベット・ミドラー

彼女もスケジュールが合わず、今度はシェールが候補になったそうです。

結局まったく無名のモデル(既婚)ジェシカ・ラングが抜擢されたわけですが、当初の候補たちの誰かが出演していたらどうなっていたか、想像するだに恐ろしいです。

この本、一応アマゾンで在庫あることになってるけど、まあ新品では無理でしょう。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「キングコング(1976年版)ヒロインについて」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください