Champion Jack Dupree

チャンピオン・ジャック・デュプリー『When You Feel The Feeling You Was Feeling』を中古盤屋で入手しました。

一時期イギリス在住だったデュプリーが『ブルー・ホライズン』レーベルに残した2枚のアルバムの片割れです。

(もう1枚は『Scoobydoobydoo』)

フリー結成前のポール・コゾフとサイモン・カーク、あとチキン・シャックのスタン・ウェッブが参加。

ずいぶん前から欲しかったのですが、マニアの多い『ブルー・ホライズン』からのリリース、しかも未CD化ということもあり、超絶プレミアが付いていて、まったく手が出なかったのでした。

しかし何故か1,200円でゲット!

オリジナル英国盤ではなくアメリカ盤(Blue Horizon BH7702)、盤質Bということもあるでしょうが、1,200円は下手するとひとケタ間違いという可能性すらある破格値です。

(たぶん。CD化とかされてないですよね?)

聴きました。とても素晴らしい内容で、泣きました。

コゾフも後のフリーを思わせる泣きのギターを弾きまくり。

ここのところ全然掘り出し物に出逢うことがなかったのですが、久々の大ヒットでした。イエーッ。

ところで、このレコーディング・セッションからはアルバム未収録の2曲がシングル・リリースされています。

f:id:yamazaki666:20050317150313:image

「I Haven’t Done No One No Harm b/w How I Doing It」(Blue Horizon 57-3140)

B面曲(スタン・ウェッブを大々的にフィーチュア)はボックス・セット『The Blue Horizon Story』で聴くことが出来ます。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「Champion Jack Dupree」への2件のフィードバック

  1. ゴールデン・ゲート・ブリッジの向こうにある小さな町のレコード屋さんで、Blind Boy FullerとPete JohnsonのSP盤を買いました。今年中にプレイヤーを買おうかしらねん。

  2. 理屈からするとSPはLPやEPより音が良いことになりますが、実際どうなのでしょうか?ひっくり返すのが面倒臭そうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください