ロジャー・ムーアその4

『北海ハイジャック』North Sea Hijack(1980)でのムーアはヒゲ顔、女嫌い、猫が大好き。

ジェームズ・ボンドとは一番距離がありそうですが、沈着冷静な海洋テロ対策スペシャリストという、かなり007が入ったキャラを演じています。

アンソニー・パーキンス演じるテ口リストが北海の油井を乗っ取って、膨大な身代金を要求。油井が爆破されたら、イギリス経済への大損失と人命の損失がある。イギリスの女首相は悩んだあげく、民間スペシャリストのフォルクス(ムーア)を雇うことにした、という内容です。

ムーアとパーキンスの知能戦が手に汗握る作品で、今回観た5作の中ではベストかも知れません。

フォルクスFFOLKESのFFOを鏡に映すと077になるわけで、タイトルも007へのオマージュなんだとか。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください