DVDレビュー

ニューヨ–クのチャイナタウンで5枚20ドルで買った海賊DVDのうち、『パッション』を見ました。

すげえッ!

これまで『ジーザス・クライスト・スーパースター』『ベン・ハー』『最後の誘惑』『ライフ・オブ・ブライアン』あと見てないけど『ナザレのイエス』などキリスト映画はいっぱいあったけれど、いずれも”神の子”あるいは”悩める人間”としてのイエスを描いてきたのに対し、『パッション』は”肉”として徹底描写!

全編殴られ、刺され、血がドバー!それをローマ人やユダヤ人が嘲り笑う!

2時間あるのに、中身ははっきし言ってそれだけ!それでも飽きない!

さらにこの映画の凄いところは、あらゆる批判を「メル・ギブソンだから」という答えでかわしてしまうことでしょう。

例:

  • 「なんでイエスだけが白人なんだよ」
    • →「『ブレイブハート』でスコットランド人の役をやっていたメル・ギブソンが監督しているんだし、それぐらいどうってことない」
  • 「聖書の解釈がおかしい」
    • →「メル・ギブソンはオーストラリア人だから聖書の解釈が違っててもノープロブレム」
  • 「時代考証が間違っている」
    • →「メル・ギブソンに時代考証の正しさを期待するなんて野暮」

メル・ギブソンは得な人だなあ。

とにかく『マッドマックス』や『リーサルウェポン』以上に血がブバーと出るので、おすすめ!

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください