MELVINS: EVERYBODY LOVES SAUSAGES

f:id:yamazaki666:20130523182634j:image

MELVINS初のカヴァー・アルバム『EVERYBODY LOVES SAUSAGES』のライナーノーツを書かせていただきました。

MELVINSがやるカヴァー・アルバムということで、実はすべてが悪意を込めたネタではないか?と疑ってしまうのですが、どの曲もインスピレーションに富んだカヴァーぶりで、SPINのインタビューを読むとどの曲も本気で好きみたいなので、疑った自分の心の黒さを反省したくなります。以前インタビューした際にも基本的に真面目に答えてくれたので、あまり偏見を持ってはいけないのかも知れません。しかし相手はMELVINSなので、油断は出来ません。

ジム・フィータスが参加した「Station To Station」(言うまでもなくデヴィッド・ボウイの曲)はオリジナルをさほど壊していないのに全然違って聞こえるのが素晴らしいです。映画『フィメール・トラブル』主題歌をカヴァーするというのも実にMELVINSらしいです。THE JAMの「Art School」はかなり意外でしたが、聴いてみるとなるほどとなります。全曲、オリジナルとカヴァーを交互に聴きましたが、とても楽しい経験でした。

カヴァー・アルバムというものは、あまりオリジナルに忠実だと”だったら別にカヴァーしなくていいのに”と言われ、あまり壊すと”冒瀆”となってしまうので難しいですが、本作は両者の極めて微妙な一線を綱渡りしている成功例だと思います。

ところでジェロ・ビアフラ参加のROXY MUSICのカヴァー「In Every Dream A Heartache」にケヴィン・ラトマニスが参加しているので「2004年のセッションからの音源の可能性もある」と僕は書いていますが、CDブックレットにあるバズ・オズボーンのセルフ・ライナーノーツ(僕が原稿を書いた時点では未着でした)には「ケヴィンとまた一緒にやれて嬉しい」と書いてあるので、最近になってのセッションのようです。ただ、もしかしたら2004年に録ったのに皮肉でそう言っているのでは…?と疑ってしまう自分の心の黒さが憎いです。

どういう曲をカヴァーしているかはSPINのインタビューに載っています。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です