明日からゲイリー・ムーア21年ぶりのジャパン・ツアー開始

f:id:yamazaki666:20100203003105j:image

ゲイリー・ムーアの『CORRIDORS OF POWER』が、本格的にハード・ロックを聴くようになる入り口でした。それから四半世紀以上、さらにヘヴィな音楽へと進んでいき、SUNN O)))の日本盤CD全タイトルのライナーノーツを書くまでに至りました。

ゲイリーの人生を変えたアルバムがJOHN MAYALL’S BLUESBREAKERSの『BLUESBREAKERS WITH ERIC CLAPTON』だという記事を読み、さっそく図書館でLPを借りて、それをきっかけにブリティッシュ・ブルースを聴くようになりました。それからアメリカ黒人ブルースにも進んでいき、B.B.キングやバディ・ガイ、ジョン・リー・フッカー、ピーター・グリーン、ジョニー・ウィンターなどにインタビューするようになりました。

ゲイリーがSKID ROWやCOLOSSEUM IIなどのプログレッシヴ系ロック・バンドに在籍していたせいで、アンダーグラウンドなオールド・ブリティッシュ・ロックを少しずつ掘り下げるようになりました。

ゲイリーが何種類もリリースしたシングルや過去参加したセッション音源のレコードをひとつひとつ集めるようになったせいで、蒐集癖がつきました。今でも部屋はいろんなアーティストのレコードやCDでいっぱいです。

音楽について文章を書くことになったのは、今はもうないGold Waxという雑誌でゲイリーについて書いた時でした。気がついたら、それが仕事になっていました。

1994年にBBMのロンドンでのライヴを見たくて、ちょっとだけ勤めた会社を辞めました。それから1995年・1997年・1998年・1999年・2001年・2005年・2006年とイギリスやアイルランドにゲイリーのライヴを見に行きました。

音楽ライターとしては、これまでゲイリーに12回インタビューしました。

(1995.05.19 – 1996.11.28 – 1997.04.20 – 1999.10.26 – 2001.02.26 – 2002.08.21 – 2004.11.01 – 2005.10.05 – 2006.04.28 – 2007.06.11 – 2008.10.06 – 2009.07.03)

ゲイリーは少年時代の僕の音楽の聴き方に影響をおよぼし、新しい世界への扉を開いてくれ、今なお刺激を与えてくれる存在です。

そのゲイリーが21年ぶりに日本上陸。明日からジャパン・ツアーを開始します。好きなアーティストのライヴを見るときはいつもドキドキしますが、普段以上に胸が高鳴ると思います。

——

ミスター・ヒトが亡くなったそうです。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください