Sam Montgomery

Theme Time Radio Hourの11月30日放送分『Fruits』でサム・モンゴメリーの「Where the Sweet Old Oranges Grow」を聴いて、おっと思いました。モンゴメリーは生前、1936年に12曲のみをレコーディングした戦前ニューヨークのブルースマンで、そのうち8曲がコンピレーション『BLUES AND GOSPEL FROM THE EASTERN STATES』に収録されています。「Where the Sweet Old Oranges Grow」はココモ・アーノルド「Old Original Kokomo Blues」とロバート・ジョンソン「Sweet Home Chicago」を繋ぐミッシング・リンクで、オランダ絵画に例えるならレンブラントとフェルメールを繋ぐカレル・ファブリティウスのような存在ではないかと。しかし上記コンピレーションには「Where the Sweet Old Oranges Grow」は収録されていないのでした。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください