2018-07-26

村上肥出夫画伯が7月11日に亡くなったそうです
拙サイトやSNSでアイコンに使っている山崎の絵は村上画伯が描かれたものでした。
そのあたりの事情はこちらをご覧下さい。 出来過ぎた話のようですが、本当です。

ご冥福をお祈りいたします。

————–

●Gary Husband @横浜Motion Blue Yokohama

ゲイリー・ハズバンドのソロ公演。ピアノもドラムスもやるというから交互にやるのかと思ったら、グランドピアノの鍵盤の左右にドラムキットの左半分と右半分を置いて、ピアノの下の足下にバスドラムを置いて、いっぺんにプレイするというライヴでした。 さらにシンセも傍らに置いて弾いていました。
サンプルも使っていたけど、オリジナルが超絶テクニック集団なのに1人でプレイするというのも凄かったです。
アレンジがオリジナルとまったく異なっていたり、メモを取っていなかったので抜けまくりですが、漠然とこんなような曲をプレイしていました:

– You Know You Know(MAHAVISHNU ORCHESTRA)
– Celestial Territorial Commuters(MAHAVISHNU ORCHESTRA)
– Kinder (「アランがトニー・ウィリアムスとやっている時は『Fred』だったけど、『GAZEUSE!』の頃に「Kinder」になったんだよ」とのこと)
– El Hombre Que Sabia (ジョン・マクラフリンの曲。「パコ・デ・ルシアについての曲だよ」)
– I Remember Me(「ヤン・ハマーはみんな知っているだろうけど、彼が1970年代に出した『LIKE CHILDREN』というアルバムはあまり有名じゃないよね?」)
– Devil Take The Hindmost(アラン・ホールズワースの『METAL FATIGUE』から)
– Joy(「ジョン・マクラフリンがSHAKTIとやった曲」と紹介していました)
– Shadows Of(「アランの曲だよ」と紹介していました)
– Sulley (『DIRTY & BEAUTIFUL Vol.2』からの曲。「『モンスターズ・インク』のキャラからタイトルを取ったんだよ」と言っていました)本編ラスト
– Dance Of Maya(MAHAVISHNU ORCHESTRA。「みんな大好きだよね♪」とのこと)アンコール

SOFT MACHINEのスペシャルゲストとして参加するのと並行してあと大阪(7/30)と名古屋(8/1)でソロ・ライヴをやることになっていて、これだけ有名曲をやって演奏も凄くて、チケット代も安いので、すごいお得ですよ。
こちらの記事もよろしく

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください