2017-01-05

●ZEKE / ANTiSEEN Split 7″

到着。 ZEKE / ANTiSEEN スプリット7″。
2011年のツアー時に300枚だけ作られたもの。 ZEKEのドニー・ペイチェックが共同経営していた『Digital Warfare Records』からのリリース。
ZEKE「Give It up」とANTiSEEN「At The Crack Of Dawn With Banjo Susie」が収録されています。 どちらも極上極道ロックンロール。 後者は途中から極上極道カントリーになります。
両曲にJoe Buck Yourselfまたの名をジョー・バックがゲスト参加しています。
たぶんこれがZEKEとしては最新、もしかして最後となるリリース。
これで山崎はZEKEの全リリースをコンプリートの筈です。 何度かネットで見かけたのですが、妙に高かったので手が出ませんでした。
ゲットすることが出来たのは嬉しい一方、ずっと活動休止中・再開未定で新音源が出ないのが残念でなりません。

【追記】コメントでAAAさんからZEKEがNASHVILLE PUSSYとジョイント北米ツアーをやることを教えていただきました。 見たい!

まだZEKEを聴いていない人におすすめなのは『KICKED IN THE TEETH』あたりかと思われますが、見かけたらどれでもいいから聴いてみてオッケーです。

なお僕はANTiSEENはちょびちょび押さえていますが、リリース数が多すぎてフォローしきれていません。
初めてANTiSEENを聴いたのは1992年でしょうか。 今は亡きニューヨークのBleeker Bob’sでパンク7″コーナーを漁っていたらRANCID VATとのスプリットを見つけて、ANTiSEENがテリー・ファンク、RANCID VATがブルーザー・ブロディに捧げる曲を収録していたので買ったのでした。
「Funk U」、今でも最高にカッチョいいと思います。

—————

カニ鍋はおいしい

投稿者:

yamazaki666

凸(–)凸(–)凸(–)凸(–)
玄関:http://yamazaki666.com
twitter:http://twitter.com/yamazaki666
facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「2017-01-05」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。 おお!NASHVILLE PUSSYとZEKEとは凄い顔合わせですね。 このまま本格再スタートを切って欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です