ザ・マペッツ

f:id:yamazaki666:20070908123129j:image

子供の頃、毎週『マペット・ショー』を見ていました。『マペット・ショー』は人形劇でありながら、毎週ゲストがアリス・クーパーだったりリベラーチェだったりルドルフ・ヌレイエフだったり、大人の世界を垣間見せてくれました。子供の頃は子供向けのものを軽んじる傾向があるもので、「ディズニーなんて幼児向け。やっぱりマペッツだよ!」とか考えていました。

『スター・ウォーズ帝国の逆襲』が公開されたときはヨーダが「おおぉ~お」というのがフォジー・ベアーそのまんまで(両方とも声がフランク・オズだった)、マペッツの世界と『スター・ウォーズ』がクロスオーヴァーしたことに興奮しました。

それから別の国に引っ越したり、他のことに興味を持ったりしたため、マペッツから次第に遠ざかっていきました(『マペット放送局』とか『ノック!ノック!ようこそベアーハウス』はたまに見ていました)。

そうして2012年、映画『ザ・マペッツ』を見ました。ストーリーは、マペッツが時代遅れになって廃れてしまい、マペット・スタジオが取り壊し寸前。そうなる前に買い戻す予算を捻出するべく、かつての仲間たちが再集結する…というもの。マペッツ劇場映画は『ゴンゾ宇宙に帰る』以来12年間ずっと作られてこなかったので、リアルで切ないです。カーミットは隠居、フォジーはドサ回り、ミス・ピギーは海外でキャリアウーマン、しかもいつの間にかマペッツの権利は”幼児向け”のディズニーに売却されてしまい、カーミットもフォジーも違う声優になっていました。カーミットはあまり違和感がなかったけど、フォジーは全然違う声で、違和感がありすぎて苦痛ですらありました。

アメリカでの映画公開時に『WWE RAW』にマペッツが大挙出演したときは、なんだか冷めている自分がいましたが、映画は見ていて辛かったです。

とは言っても、オリジナル・キャストと声が違うとか文句を言うのは年寄りのファンであって、『ザ・マペッツ』を見る多くの子供たちは、そんなことは気にしないと思うのです。ストーリーもディズニーが真面目に作っただけあって、涙あり笑いあり友情ありハッピーエンドのちゃんとしたものでした。未来は子供たちのためにあるのであって、『ザ・マペッツ』は子供たちのための映画です。「フォジーの声が違う」とか文句を言う年寄りのために作ったのではないのです。

もちろんオールド・ファンへのサービスも随所にあって、最後の「マナマナ」は恥ずかしながら懐かしすぎてポロポロ涙が出てしまいましたが、おそらく僕が”自分のために”マペッツ物の映画を見るのはこれが本当に最後になると思います。僕は年をとってしまったので、もう空を飛べなくなってしまいました。

ところで『マペット・ショー』のマーク・ハミルがゲストの回、『スター・ウォーズ帝国の逆襲』プロモーションを兼ねてなので1980年だと思いますが、ルークとフォジーが話しているのが、ヨーダとの会話を連想させて可笑しいです。あと最後にルーク、C-3PO、R2-D2、チューバッカ(何故か全裸)がシンデレラ城?みたいなのをバックに「星に願いを」を歌うのが、後にマペット・スタジオが ディズニー帝国に乗っ取られることを予見しているかのようでした。あと花火が『ジェダイの復讐』ラストをちょっと予見しているような気もしました。さらに言えば、「星に願いを」といえば『スター・ウォーズ』よりも『未知との遭遇』ですよね。

そういえばMOTORHEADのフィルシー”アニマル”テイラーのニックネームは、『マペット・ショー』のハウス・バンドのドラマー、アニマルから取ったものです。『ザ・マペッツ』にももちろんアニマルは出演しており、さらにデイヴ・グロールが”偽アニマル”を演じていました。

プチ余談ですが、クリス・ジェリコのバンドFOZZYはフォジー・ベアーとオジー・オズボーンを合体させたもので、当初FOZZY FOSBOURNEと名乗っていましたが、短くしてFOZZYにしたそうです。

去年だか『マペット・ショー』でプレイされた楽曲をカヴァーした『Muppets: The Green Album』というトリビュート・アルバムが出て、WEEZERとかALKALINE TRIOとかEVANASCENCEのエイミー・リーとかATREYUのブランドン・サーラーとかレイチェル・ヤマガタが参加していますが、あまり良くありません。それよりも『マペット・ショー』本編のDVDを買いましょう。

投稿者:

yamazaki666

凸(–)凸(–)凸(–)凸(–)
玄関:http://yamazaki666.com
twitter:http://twitter.com/yamazaki666
facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です