JOURNEY: REVELATION

以前「コンピュータで解析したモナリザの声」とかやっていましたが、あれは骨格から声質を推測しているんですよね。それと同じで、スティーヴ・ペリー声を出すには、鼻が尖ったフクロウ顔の骨格が前提で、しかも泣き笑いしながら歌わねばならないようです。一時在籍していたスティーヴ・オウジェリーも同系列の顔だし、ANGRAのアンドレ・マトス、ゼロコーポレーションから出ていたHUGOもフクロウでした。そして新シンガー、アーネル・ピネダ(ニール・ショーンがyoutubeを見ていて発見した元JOURNEYフィリピンコピバンの人)もまたフクロウ顔で泣き笑いしながら歌っています。この人、声がスティーヴ・ペリーと同一人物です。

日本盤が10月8日に出るニュー・アルバム『REVELATION』は2枚組で、1枚目は純然たる新作なのですが、80年代の作品群にこのアルバムが紛れ込んでいても誰も気づかないと思います。2枚目は過去のヒット曲のリメイク集。普通にスティーヴ・ペリーが歌っているとしか聞こえません。たぶん今のスティーヴ・ペリーはこんなに歌えないです。もちろん単なるマネっ子と斬ってしまうのは簡単ですが、このなりきりぶりは尋常ではありませんよ。

既にアメリカでは6月に出ていてビルボードチャートの5位にランクイン。ネタではなく本気で売れまくりなのだそうです。日本盤のオマケは伊藤秀世氏によるピート・フレイムそっくりファミリー・ツリー。今年って2008年でしたっけ?

ところでJOURNEY公式サイトに載っていた記念写真。左からSLIPKNOTのジョーイ、ニール・ショーン、ディーン・カストロノヴォ。なんか縮尺がおかしいです。

f:id:yamazaki666:20080729203039j:image

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください