パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

2時間40分ぐらいあって目まぐるしくストーリーが展開して戦いも視覚効果もふんだんにあってキース・リチャーズも出てくるのに物足りなさを感じるのは、swashbuckler(剣戟冒険活劇)な要素が希薄だからではないかと。

ないものねだりしてもしょうがないけど、海賊映画である以上やっぱりそういう要素を求めたくなるのが人情というものではありますまいか。

ぃゃまぁけっこう面白かったですけどね。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください