来るべき世界

映画『来るべき世界』をDVDで見ました。

1936年に作られたSF映画の古典で、H.G.ウェルズが原作です。

1940年に世界大戦が始まって、その後に疫病が流行って、独裁者が倒されて、新政権が樹立されて、2036年に月面に向かって飛び立っていくという年代記ものです。

なにぶん昔の映画だし、しかも90分で100年ぶんの歴史をすっ飛ばすので、ストーリーやキャラ描写は掘り下げていないきらいはありますが、単に資料的な価値だけではない面白さがありました。

最近のSF映画にありそうなエコロマンセー傾向(やだやだ)はまったくなく、とにかく科学マンセーなのが好感度が高いです。

さらに、いかにも未来未来した未来都市やとんがった未来コスチュームも輝しい21世紀に夢を馳せさせてくれます。

かっこいいなあ。

しかし1936年には、わずか32年後に人類が月面に到達するなんて夢物語だったのですね。

『来るべき世界』を初めて見たのはもう25年ぐらい前、アムステルダムに住んでいる頃でした。

当時ドイツのTVチャンネルで毎週土曜深夜にSF映画をやっていて、吹き替えが全然判らないながら見ていたのですが、そのうちの1本だったのです。

もちろん当時はその映画が『来るべき世界』だとは知らず(子供だったし、ドイツ語だったし)、後になって『スター・ウォーズ』本か『フェイマス・モンスターズ』誌で読んで、この映画が古典中の古典だと知ったわけですね。

今になって再見して、よくドイツ語吹き替えでずっと最後まで見たものだと、自分に感心しました。

なお、我が家にあるのはアメリカ製の3作入り廉価盤ですが、日本盤は5,040円と高い!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00065UB6W/stonersunshin-22

でもたぶん廉価盤よりは画質も音質も良くなっているはずなので、クラシックSF映画の古色蒼然たる世界に酔い痴れてみたい方はぜひ。

デアデビル(さらにウェスト・メンフィス3ねた)

2005年2月、『デアデビル』で

“保守的な田舎町で幼児が殺害されて、黒衣のメタルファンの若者が悪魔崇拝儀式で殺した容疑で逮捕される”

というストーリーのコミックが刊行されました。

http://www.marvel.com/catalog/showcomic.htm?id=1644&format=comic.?index=1&news_Id=88

買わねば。

PARADISE LOST

『SOME KIND OF MONSTER』DVDのおまけディスクにニューヨークでのプレミアの模様が収録されていたのですが、それによると、『PARADISE LOST 3』を作る予定があるそうです。

『PARADISE LOST』はロビン・フッド・ヒルズ殺人事件とウェスト・メンフィス3を描いたドキュメンタリーで、現在『~2』まで作られています。

1作目は未DVD化で、ビデオも絶版状態なので、プレミアも付いているようですが、『~2』に概要は再収録されているし、一作目以降の後日談も入っているので、『~2』だけ見ても問題ないでしょう。

というかロック史に残る魔女狩り事件についてのドキュメンタリーなので、何が何でもぜひ見ておきましょう。

参考

http://www.wm3.org

METALLICA: SOME KIND OF MONSTER

DVDを見ました。まだ本編だけ。

メタリカが『セント・アンガー』を完成させるまでの苦難の道を描いた物語で、『A YEAR AND A HALF IN THE LIFE OF METALLICA』と較べるとはるかにダークな作品です。

ジェイムズ・ヘットフィールドはアル中になってリハビリ施設に入ってしまうし、退院後も「家族が大事だ」とか言ってスタジオに来ないし、たまに顔を出せばラーズ・ウルリッヒと「ファック!」と怒鳴りあい。

さらにナプスターを告訴したせいで守銭奴呼ばわり。

しかもジェイソン・ニューステッドは脱退、エコーブレインを結成して楽しそう。

バンドの危機に、月40,000ドルのギャラを払ってセラピストを雇うも、”セラピーの一環”としてやったのはバンドが大昔にクビにしたメガデスのデイヴ・ムステインを連れてくること。

ムステインは涙ながらに「お前らにクビにされたせいで、今でも路上でガキどもから”メタリカRULES!”とかバカにされるんだ!お前らが20年前にアルコール・リハビリしろって言ってくれたら、こんなことにはならなかったんだ!」とラーズに愚痴って、いっそう気分をロウにしてくれます。

カーク・ハメットの額に深く刻み込まれた苦悩のシワが涙を誘います。

でもまあ、紆余曲折を経て『セント・アンガー』は完成して、新メンバーとしてロバート・トルヒヨが加入して、メタリカは復活を果たすのでした。めでたしめでたし。という話でした。

その復活の証が不愉快という以外何も言うことのない糞イベント『MTV ICONS』だったりするのには首を傾げてしまいますが。

あとサン・クエンティン刑務所でライヴをやることが「どうだい、俺たちゃタフでラフだろ?」みたいな雰囲気で語られていますが、そんなの爺さんのB.B.キングですらやっているので、大した自慢にはなりません。

でも『セント・アンガー』はすごく良いアルバムだと思うし、ライヴも最高に良かったので、終わりよければすべてよし。

復活したジェイムズがセラピストをクビにすることを決意、高給目当てにいつまでも「君たちの精神状態を考えるとだねえ、私がいたほうが…」と食い下がるセラピストを無視して「さあ、ジャムろうぜ」とメンバー達に言うシーンにはパチパチ拍手してしまいます。

この映画の監督を務めたのはジョー・バーリンジャーとブルース・シノフスキー。

ウェスト・メンフィス・スリー事件を題材にした『Paradise Lost』で一躍有名になった二人ですが、思えばあのTV映画が面白かったのは題材が面白かったからであって、バーリンジャーは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト2』で見事に馬脚を表しています。

幸いメタリカのレコーディング中には面白い出来事がたくさん起きたので、『Some Kind Of Monster』も面白い内容になっています。

思わず おおっ!となったのは、新ベーシストのオーディション風景。

ジョディ・ホワイト(=ツイギー・ラミレス)、C.O.C.のペッパー・キーナン、ジェインズ・アディクションのエリック・エイヴリー、ナイン・インチ・ネイルズのダニー・ローナー、再結成ザ・カルトのクリス・ワイズ、そして!元KYUSSのスコット・リーダーがプレイするシーンも見ることが出来ます。

そんな中でロバート・トルヒヨはひときわ凄いプレイを聴かせていて、彼が選ばれたのは非常に納得がいきます。

ジョディ・ホワイトはア・パーフェクト・サークル来日ライヴで「マスター・オブ・パペッツ」の歌詞を知らなかったし、落ちても仕方ないと思います。

ではこれからボーナス映像を見たり、コメンタリー付きで見直したりすることにします。

本DVDはアメリカでは2月に出ましたが、なんと日本では10月まで出ないらしいので、輸入盤をゲットしたい人はこちらから。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006IIKS0/stonersunshin-22

DEATH FROM ABOVE 1979

デス・フロム・アバヴ1979のライヴを見ました@渋谷クアトロ

早くも再来日が決まったそうです。

5月13日 大阪・心斎橋クアトロ

5月14日 東京・リキッドルーム

『CANADA WET』というイベント形式のライヴだそうです。

http://www.bongoheads.com/

FOETUSのニュー・シングルが出た

STEROID MAXIMUSとかDJ OTEFUとしての活動はありましたが、FOETUS名義としては4年ぶりの新曲がシングル・リリースされたので嬉しくて日記に書くことにしました。

5月発売予定のアルバム『LOVE』からの先行シングル「(not adam)」です。

常に聴く者にショックを与えてきたフィータスですが、いきなりのキャッチーなメロディに戸惑います。

でもフィータスのことだから、きっと悪意を込めた確信犯的なキャッチー路線なのだと思います。

そういう風に思ってしまうあたり、既にフィータスの手のひらに乗せられてしまっているのでしょうが。

全4曲中、2曲はジェイ・ワスコとエンドがアルバム収録曲をリミックスしていますが、原曲をまだ聴いていないので、どう壊しているか判りません。

「Time Machines On」(End Remix)はエレクトロクラッシュ風だったりして、4曲四様。

このシングルのみでは全体像が見えてきませんが、そんな足元の不安定感をコマーシャルな芸風にまで昇華させてしまうのがフィータスの凄いところだと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006GMHAE/stonersunshin-22

SONICMANIA 2005

SONICMANIA 05を見に行きました@幕張メッセ

出足が遅れて、しかも京葉線の車両に異常な電流が流れて運休だとかで、ジュノ・リアクターとヴェルヴェット・リヴォルヴァーとマリリン・マンソンだけ見ました。

アメリカ海外通販

メルヴィンズの『HOSTILE BIENT TAKEOVER』のコンパニオン・ブック『The Melvins Trick And Riddle Book』を入手しました。

ツアーのみで売られたもので、売れ残りがcinderblock.comで売られています。

CDサイズのアート・ブックで、Burlesque Designsがデザイン、バズの嫁さんマッキー・オズボーンも協力しています。

メンバー写真は2枚ぐらいしかないのですが、変なアート図画がいっぱいあって、バンドのギャグセンスはそこかしこから匂ってきます。

アルバムを聴きながらぺらぺらめくることによって、さらに音楽の地平線が広がってくるでしょう。たぶん。

オーストラリア海外通販

DOZERレビューコーナー

http://www.yamazaki666.com/dozer.html

に載せたGIANTS OF SCIENCEとのスプリット7″ですが、いつも買っている米欧日の業者はどこも入荷していないので、オーストラリアの通販店から購入しました。

DOZERはしばしば500枚オンリーの7″を出すので、毎回振り回されているのですが、プレミアが付かないのが救いでしょうか。

まあ、僕がゲット済のブツはがんがんプレミア付いてもいいのですが。

で、1枚だけだと送料の方が高くなってしまうので、オーストラリア・パンクのコンピレーション盤『TALES FROM THE AUSTRALIAN UNDERGROUND』、それからDKT/MC5の『RECORDED LIVE』を購入しました。

DKT/MC5のほうはシドニーとメルボルンでのライヴ(サマソニで来日するちょっと前)を収めたCDで、ご当地RADIO BIRDMANのデニス・テックもゲスト参加!というものですが、なんとCD-Rでした。

なんだよブートレグかよと思ったら、やたらとMCで「今日はライヴ・レコーディングしてるんだぜ~」とか言っているし、ジャケットの印刷もそれなりにちゃんとしています。

音質ももちろんオフィシャル盤相当に良いです。

いわゆるオフィシャル・ブートレグというやつなのでしょうか?

ウォッチメン

アラン・ムーア&デイヴ・ギボンズの『ウォッチメン』を読了しました。

既に読んだ人からしたら何を今更でしょうが、凄いものを読んでしまいました。

急転直下のラストにガツンとやられて、すぐ日記に書こうとしたのですが、何を書いても陳腐になるので、頭を冷やしてからにします。

あと20回は通して読まねば。

卍ピャウ卍

2005-01-25

●Amy Weber

WWEディーヴァの一員であり、JBLのイメージ・コンサルタントとして活躍するエイミー・ウェバー。

2月の来日公演ではJBLに麻酔銃を撃ち込むなどしていましたが、自分の写真がどこかのストリップ・バーのチラシに勝手に使われて、しかもそれをレスラー達に嘲笑されてキレて職場放棄。契約解除を求めているそうです。

まあそれはいいとして、彼女は元ヴィンス・ニール・バンド~RATTのロビー・クレインの元カノだったそうです。

右の写真、ちょい判りづらいですが乳にヒトデ、股間に貝をつけています。

彼女の公式サイトは

http://www.amyweber.net/

黄金時代

で、ブニュエルvsダリのコラボレーション第二弾が『黄金時代』です。

(実際にはダリはほとんど絡んでないらしい)

実はこの映画、いろんな本で紹介されているのを読んでいたり、展覧会で断片だけは見たことがあったのですが、ちゃんと見るのはこれが初めてだったのです。

日本でLD化されていましたが、画質がウンコだという風評だったので、手が出ませんでした。

シュルレアリズム映画なのでストーリーはあってなきがごとしですが、

サソリの生態を説明して、イタリアの海辺でキリスト教の僧侶が何人もお祈りしていて、しばらくしたら骸骨になっていて、葬式をすることにしたら男が女をレイプしようとしていて、数人がかりで男を連れ去ろうとしたら犬に蹴りを一撃!さらに連行される途中に盲人めがけてキック!で、男の昔話と現在が交錯して、付き合っていた女は部屋で牛を飼っていて、二人でお互いの指先をしゃぶりあって、そしたらオーケストラの指揮者が死んじゃって、キリストみたいなのが出てきて終わり。

というものです。

『アンダルシアの犬』は15分だからいいけど、あのノリで65分はキツイなーと思っていたのですが、全編テンションが落ちないし、漠然とストーリーの繋がりがあって面白かったです。

このDVDを出したアメリカのKino Internationalといえば『メトロポリス』のピッカピカ長尺リストア版やダグラス・フェアバンクス活劇などクラシック映画のDVD化でいい仕事をしていますが、本作も画質・音質ともにキレイです。

シュルレアリズムがどうとか鹿爪らしい視点は忘れて、変なおっさんを主役にしたピカレスク物として楽しめます。

オススメ!

http://www.kino.com/

アンダルシアの犬

ルイス・ブニュエルvsサルヴァドール・ダリの『アンダルシアの犬』は超大好きな映画なのですが、日本で出ているDVDは悪名高きIVC社”クラシック・フィルム・コレクション”製で、ディスクユニオンで試聴したら画質・音質共にダメダメだったので、ずっと敬遠していました。

で、ずっとイギリス製のビデオを見ていたのですが、アメリカのTransflux Filmsという会社がDVDリリースするというので、買ってみました。

1960年にブニュエルがアルゼンチンタンゴとかワグナーの曲を加えたバージョンで、なにぶん1929年の映画なので、画面に雨が降っている箇所もありますが、画質・音質ともかなり良いです。

なおボーナス特典としてブニュエルの息子へのインタビュー、シュルレアリズム研究家のスティーヴン・バーバーという人によるコメンタリーが収録されていますが、大したことは言っていません。

それでもamazon.com価格で$14.95なので、かなりお買い得だと思います。

この会社のウェブサイト

http://www.transfluxfilms.com

を見ると、他の作品は出していないっぽいです。

おこづかいは大事に使おう

13の7″「Hollow b/w Bound」を入手しました。

前々から欲しかったけどプレミア価格で手が出なくて、ようやくそれなりの値段で買うことが出来たわけですが。

中身はさすが女EYAHATEGOD、女GRIEFの面目躍如といった感じで、良かったです。

ただ、1曲900円というのは如何なものか?と考えこんでしまいました。

たとえばELOの『シークレット・メッセージズ』は中古盤屋で105円で買うことが出来ます。

あのアルバムには11曲入っているので、1曲あたり10円。

はたして「Hollow」には「ロックンロール・イズ・キング」の90倍の価値があるのか?

もちろんそんなことを考えていても虚無なだけですが、冬の夜長にはふとセンチメンタルな気分になってしまうものなのでした。ピャウ。

書いているのは2月4日

パール・ジャムのファンクラブオンリー・クリスマスシングルが届きました。

まだ聴いてませんが、毎年遅れまくってもあくまでクリスマスシングルだと言い張る姿勢は見習いたいと思います。

僕も今から年賀状を書こうかと思います。

遅れまくりといえば、ついにビリー・アイドルのニュー・アルバム『デヴィルズ・プレイグラウンド』の音が到着しました!!

ビリー・アイドルってこんな声してたっけ?というのが最初の感想でした。

12年ぶりの新作だそうですが、スティーヴ・スティーヴンズが最初に抜けた後の2枚(だっけ?)は真面目に聴いてなくて全然覚えてないので、実質20年ぶりぐらいな気がします。

あ、『スピード』主題歌もあったけど。

頭を使わなくていいハード・ロックンロールは健在でかっこいいけど、いかにも80sなビートはなくなって、普通のロック・バンドっぽいです。

先行シングルとなる「スクリーム」がカッコイイです。

あと「イエリン・アット・ザ・クリスマス・ツリー」もイイ!

今、クリスマスが一番熱い!

にょほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほ

オタになりきれない中途半端感のただようビデオ棚

http://www.yamazaki666.com/videodana.JPG

VISAGE

仕事に煮詰まっているときはやっぱりヴィザージの「ナイト・トレイン」ですね。

というのは嘘です。仕事が煮詰まっているのは本当だけど。

ミッジ・ユーロの自伝『If I Was』が出て、買ってはみたものの、なかなか読めなくて泣いています。

エリック・クラプトンがブルースブレイカーズの『ハード・ロード』でプレイしていたなんて嘘っぴも書いてあるけど、そういう誤りをちゃんと認識しながら読めばすごく面白そうです。

でミッジ・ユーロつながりということもあって、仕事に煮詰まっているときはやっぱりヴィザージの「ナイト・トレイン」なのですが、アルバム『THE ANVIL』に入っているヴァージョンはヌルいです。

ジョン・ルオンゴが手がけたシングル・リミックスはドラムがバシバシ入って、バリー・アダムソンのベースがブンブンうなって、かっこいいです。元気をわけてもらえます。

どうせ聴くなら12″(右上写真)に入っている6分のロング・ヴァージョンでしょう。

中古で100円ぐらいで落ちていることもありますが、その手のバーゲン12″コーナーは目的意識をもって探しても見つからないことが多いので、一期一会を祈りましょう。

で、7″はちょっと短いけど、やっぱりかっこいい方のミックスです。

f:id:yamazaki666:20050201135539:image f:id:yamazaki666:20050201135551:image

左がイギリス盤7″,右が日本盤7″です。

ついでに下がアルバム『THE ANVIL』ジャケです。

「ナイト・トレイン」のミックスはシングルと較べるとイキが良くないけど、いいアルバムです。

邦題のタイトルが『舞(DANCE)』と、勝手に英語題を作ってしまっているのが『ランボー』『ベストキッド』世代なのでしょうか。

f:id:yamazaki666:20050201135622:image

あと、「In The Year 2525」とか「Beat Boy」とかアルバム未収録曲は、下のCDで聴けます。

でも「ナイト・トレイン」は入っていません。

f:id:yamazaki666:20050201135638:image

他にも「ナイト・トレイン」が入っているベスト盤もあるけど、それがシングル・ミックスかどうかは知りません。

ヴィザージのフロントマンだったスティーヴ・ストレンジは後にテレタビーズのぬいぐるみを万引きして捕まりました。

そういえばフー・マンチューのヨーロッパ市場でのPR担当がスティーヴ・ストレンジという人で、まさか?と思ってスコット・ヒルに「その人はお化粧とかしてますか?」と訊いたらププッと笑われました。

テレタビーズ窃盗罪で捕まった後もPR担当をやっていたみたいなので、たぶん別人なのだと思います。

オー

ジャンボ鶴田の初期入場テーマ曲が「チャイニーズ・カンフー」。

1975年秋から1980年までこのテーマ曲を使っていて、その後1983年までが「ローリング・ドリーマー」、1983年8月31日・蔵前国技館のみ「T.T.バックドロップ」、そして1984年以降はおなじみ「J」でした。

「チャイニーズ・カンフー」はバンザイなるフレンチ・ディスコ・グループが1974年に発表したレコードです。

バンザイというグループのことはよく判りませんが、他にも「Viva erica」のヒットがあり、セッションマンの集まりなのではないかと。

f:id:yamazaki666:20050125164403:image

で、フランスではこのシングルは「Banzai avec les Clodettes」名義でリリースされています。

f:id:yamazaki666:20050125164422:image

グループ名よりクロデッツの方が大きく印刷されていますね。

クロデッツというのは、クロード・フランソワ(愛称クロクロ)のバック・ダンサー軍団だったそうです。

ダンサー軍団が参加しているというだけで、クロクロ本人はこのシングルには関わっていませんが、フランスでは切手になるほどの人気歌手で、「マイ・ウェイ」の作曲者でもあります。

彼は1975年に滞在していたロンドンのヒルトン・ホテルがIRAのテロで爆破され、それは生き延びたものの、1978年に風呂場で濡れた手で電球を替えようとして感電死してしまったそうです。

いやぁ、インターネットってちょっと調べるだけでいろんなことが勉強できますね。