ダブリン五日目

●朝食をとって、グラフトン・ストリートのフィル銅像に。

●それから歩いてアイルランド国立美術館に。

フェルメールが1枚ありました。

●それから国立博物館に行ったら、月曜日は閉館でした。ちぇっ。

●仕方ないので隣の国立図書館に行きました。

ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』展覧会というのをやっていて、初版本から現在に至るまでのビブリオフィリアックなコレクションが展示されていました。

『ユリシーズ』初版本はタイトルが書いてあるだけなので、あまりかっこよくなかったです。

●さらに歩いて聖パトリック・カテドラルに。

ジョナサン・スウィフトの墓を見ました。

この人は発狂して死んだのに、ちゃんと大聖堂に埋葬してもらったのですね。

●さらに歩いてジョージ・バーナード・ショーの家に。

ただの民家の玄関に記念プレートがあるだけで、中に入れませんでした。

●さらに歩いてセント・スティーヴンズ・グリーンに。

1845年の飢饉モニュメントとかを見ました。

イモが不作になったら100万人が餓死して100万人が国外に移住して、人口が激減してしまったそうで、シン・リジィの「フールズ・ゴールド」とかワン・ミニット・サイレンスの「1845」でも歌われています。

●さらに歩いておみやげショッピング。

●そうしてグラフトン・ストリートのフィル銅像に戻りました。

The Boy Is Back In Town – The Statue Unveiling Tribute To The Life & Music Of Phil Lynott @The Point

Walking By Myself

Jailbreak

Don’t Believe A Word

Emerald (w/Robbo)

Still In Love With You (w/Robbo)

Black Rose (w/Scott)

Cowboy Song (w/Scott)

The Boys Are Back In Town (w/Scott)

—————————————–

Whisky In The Jar (w/Eric)

Old Town (一瞬だけ、弾き語り)

Parisienne Walkways

“ダブリンの最新ロック情報発信地”であるRoad Recordsに行きました。

規模は小さいながら、なかなかツボを突いた品揃えでした。

ここでしか買えないブツがあまりなかったため、特に何も買いませんでしたが。

トリニティ・カレッジにも行きました。

ケルの書を見ました。

フィル・ライノット銅像の除幕式@Grafton Street

路上に人があふれて、結局除幕シーンは見ることが出来ませんでした。

でも翌日の『アイリッシュ・タイムス』紙に書いてあった5,000人というのは大げさだと思います。

フィルのお墓にも行きました。

ダブリン初日

●8月18日から30日まで、ダブリン~ロンドン~レディングに行ってきました。

●もちろん前の晩は徹夜で仕事して、朝「レイダース失われたアーク」のマーチに乗って出発。

飛行機内ではとにかく寝まくりました。

●ダブリンの宿泊ホテルはNorth Star Hotel

チェックインしてすぐにGrafton Streetにさまよい出ました。

前回ダブリンを訪れたのは1996年1月、『Vibe For Philo – King’s Call』の時でしたが、それからスパイア・オブ・ダブリンが建立されたり、市電LUASが出来たりして、街の雰囲気も少し変わっていました。

ヴァージン・メガストアはダブリンから撤退、テンプルコムというDVD屋になってました。

一応タワーレコードはまだありました。

●フィル・ライノットの銅像はGrafton StreetとHenry Streetのあいだ、Bruxellesというパブの斜め前に設置されることになっています。

現場に行ってみたら、フィルはまだビニールに包まれていましたが、前夜祭みたいな感じのイベントが行われていて、フィルのご母堂フィロミナさんもいました。

よかったですねー!と言って少し会話しましたが、この人、何度話しても僕のことを覚えてくれません。

ゴングの棚橋の漫画がとてつもなくつまらない件

「じゃ、あと1分だけね」

本当にひどい人間だと思います。

昔、鈴木健想とタナケンコンビを組んでいて、二人で同じコーナーポストに上ってゲイカップル臭さをかもし出していたタナですが、ゴングの漫画ではもっと事件のことを克明に描いてほしかったものです。

鈴木浩子のコラム『アメリカで異文化コミュニケーションをはかりながら生きるバイリンガルで知的な私と、図体はでかいけど頭は馬鹿なレスラーの夫』もいいかげん不快感をかき立てますが。

ハリウッドに売り込むためにヌード撮影したそうですが、XXXでアナルまで犯されちゃえばいいと思います。

SUMMERSONIC 05 二日目

ジ・オーディナリー・ボーイズを見て、さあHIMでも見るかと思ったら既に終わっていて、仕方ないから木村カエラでも見るかと思ったら入場規制していたので、ロディ・フレイムを最後だけ見ました。

YELLOWCARD(最後だけ)

THE ORDINARY BOYS

RODDY FRAME(最後だけ)

BLOC PARTY(前半)

PUBLIC ENEMY

THE BLACK CROWES

SUMMERSONIC 05 一日目

幕張の駅に着いたら変なキリスト教ヒッピー外人が「神を信じましょう」とかテープで流していて、ガーディアンエンジェルが変な帽子をかぶって徒党を組んで闊歩していました。

帰り道には「サイバーエンジェル」と印刷したサッカーユニフォームを自分のガキに着せているおっさんがいました。

ナイン・インチ・ネイルズの演奏曲目は:

Pinion / Wish / Sin / March Of The Pigs / The Line Begins To Blur / Something I Can Never Have / The Hand That Feeds / Terrible Lie / Burn / Closer / With Teeth / The Frail / The Wretched / Getting Smaller / Gave Up / Suck / Hurt / You Know What You Are? / Starfuckers Inc. / Head Like A Hole

BUCKCHERRY

MONEY MARK(前半)

DEEP PURPLE

SLIPKNOT

NINE INCH NAILS

IRISH ROCKその3

前述の『IRISH ROCK』はとっくに絶版で、しかもアイルランドでしか出なかった本なので、入手が難しいかも知れません。

Alibrisで検索すれば見つかる場合がありますが)

しかも当然英語です。

よって、これからアイリッシュ・ロックの世界に入門しようというリスナーは、DVD『FROM A WHISPER TO A SCREAM』から入っていくことをお薦めします。

『IRISH ROCK』で言及されているアーティストの多くが登場、スキッド・ロウの超絶レアなライヴ映像(もちろんゲイリー・ムーア在籍時)も見ることが出来て、『リヴァーダンス』やボーイゾーンなどについても触れられています。

“目で見るアイリッシュ・ロック”としては本作、それから映画『ザ・コミットメンツ』は押さえておきたいところです。

追記:このDVD、日本盤が『アウト・オブ・アイルランド~ヒストリー・オブ・アイリッシュ・ロック』というタイトルで出ていたんですね。

全然気付かなかったよ!

字幕とかちゃんとしているかは、現物を見てないので知りません。

f:id:yamazaki666:20050903123742j:image

IRISH ROCKその2

アイリッシュ・ロックを研究するにあたって、ぜひひもといておきたい本が『Irish Rock: Roots, Personalities, Directions』(Mark J. Prendergast著/The O’Brien Press刊/1987年)です。

1950年代のショーバンドからベルファスト・ビート、シン・リジィ、スキッド・ロウ、グラニーズ・インテンションズ、ヴァン・モリソン、ホースリップス、U2、クラナド、ヴァージン・プルーンズ、シニード・オコナーまで、アイルランドのロックの歴史を詳しく解説しています。

全編ためになる一冊ですが、特にスキッド・ロウやグラニーズ・インテンションズ、Dr.ストレンジリー・ストレンジらが交流する60年代後半のダブリンのシーンについての記述はすごくためになります。

アイルランドの音楽というとフォークとかトラッドとかに走る人が少なくありませんが、アイリッシュ・ロックについてもぜひ研究を進めていただきたいです。

なお同題の本でTony Clayton-Leaという人が書いたやつ(ボノが表紙)もありますが、こちらは写真メインで、初心者向けです。

IRISH ROCKその1

ゲイリー・ムーアのファンとしてはアイルランドのロック史について知っておかねばならないので、いろいろ調べています。

『AERA in ROCK』のシン・リジィ記事でもちょっと触れたのですが、北アイルランドのベルファストではマリタイム・クラブでヴァン・モリソン率いるゼムを中心としたR&B/ブルース・シーンがあって、数多くのビート・バンドが切磋琢磨していたのでした。

そんな中にはコークでロリー・ギャラガーが結成したテイスト、ベルファスト生まれのゲイリー・ムーアが一時期在籍していたザ・メソッド(後にアンドウェラズ・ドリームに発展する)などもありました。

で、ベルファストのシーンで活動していたビート・グループ達の音源を集めたのが1997年に出た『BELFAST BEAT / MARITIME BLUES』(Ace / Big Beat Records CDWIKD152)です。

このアルバムは60年代に出たコンピレーション『IRELAND’S GREATEST SOUNDS』にザ・ホイールズのシングル4曲+未発表6曲+USヴァージョン1曲を加えた構成で、ゼムの2曲、それからゲイリーが「リヴィン・オン・ドリームズ」で言及していたアリーキャッツの「Chicago Calling」も収録されています。

ちなみにロリーの『ライヴ・イン・アイルランド』に入っている「マリタイム」という小曲は、マリタイム・クラブでの思い出に捧げたものですね。

このクラブは1967年頃にエディ・ケネディという人に買収され、クラブ・ラドと改名。

地元のセミプロ・グループよりイギリスからプロを呼ぶようになって、ベルファスト・ビートは衰退していきました。

なおクラブ・ラドはゲイリーの「ビジネス・アズ・ユージュアル」歌詞にも出てきますね。

あまり治安がよろしくない地域にあったようです。

アイリッシュ・ロック史についてはもっと掘り下げていきたいと思います。

【お仕事】チーム★アメリカ/ワールドポリス・インサイダー

『チーム★アメリカ/ワールドポリス』は単体で見てもとても面白い映画ですが、とにかく細かいネタ満載なので、それら元ネタを知っているとさらに楽しめる作品です。

『チーム★アメリカ/ワールドポリス・インサイダー』(洋泉社MOOK/別冊映画秘宝)はそんな元ネタを細かく紹介してくれる本なので、まず映画本編を見て、それからこの本を熟読して、そしてもう一度映画を見ると、『チーム★アメリカ/ワールドポリス』の世界をさらに楽しめます。

私は映画の音楽についてたらたらと書いています。まさかあの字数で5ページの記事になるとは夢にも思いませんでした。

【お仕事】ビリー・シーン・インタビュー

こういう仕事もやっています。

http://www.yamaha.co.jp/product/guitar/eg/column/col05053101/

あとこれも。

http://www.yamaha.co.jp/product/guitar/eg/column/col04061201/

ドイツはカルト宗教の規制が厳しく、サイエントロジー信者のトム・クルーズやジョン・トラヴォルタは入国できるか難しいそうですが、同じくサイエントロジー信者のビリーは普通にツアーをしており、入国するのに問題があったことは一度もないそうです。

【お仕事】プレイヤー9月号

カヴァー・ストーリーのジェフ・ベック・インタビューをやっています。

AERA in ROCKとはほとんどネタの重複がなく、ギターねたやセッションのことなど話してくれています。

あとリトル・ジョー・ワシントンのインタビュー記事を書きました。

朝9時からのインタビューでキツかったです。

前の晩に寝たら絶対寝過ごすので、徹夜して取材場所に向かいました。

さらにペリカンのライヴ・レビューや、HOLY McGRAILのCD紹介など、趣味性の高い記事も書いています。

http://www.player.jp/

FUJI ROCK FESTIVAL 05三日目

ジュリエット・ルイスはどうしても「ロッカーの演技をしているハリウッド女優」に見えてしまいましたが、”本職の”ロック・ミュージシャンで彼女より大根な人がけっこういるのはどんなものかと。

立ちションしようとしたら、警備員のバイト君に「はいー、お手洗いはトイレでお願いしまーす」と言われました。

なんか日本語がおかしくないか?と思いました。

JULIETTE AND THE LICKS

くるり(5秒ぐらい)

THE FUTUREHEADS(前半)

THE BEACH BOYS

MOBY(最後の方は見逃した)

THE MARS VOLTA

NEW ORDER(最初の方は見逃した)

PRIMAL SCREAM

終わって宿に戻ってテレビをつけたら、ノア東京ドームの小橋vs健介をやっていました。

やっぱり凄すぎる試合でした。

FUJI ROCK FESTIVAL二日目

ギャング・オブ・フォー全員にサインしてもらいました。

アンディ・ギルがサインしているときに、サインペンのインクがブバー。

アンディは「ジャクソン・ポラックの絵みたいだ!」と言っていました。

ギャング・オブ・フォーのセットリストは以下のとおり(たぶん):

Return The Gift / Not Great Men / Ether / Paralysed / What We All Want / Anthrax / At Home He’s A Tourist / Damaged Goods / He’d Send In The Army / I Found That Essense Rare / Natural’s Not In It / To Hell With Poverty

この日見たバンド:

THE DRESDEN DOLLS

THE BLACK VELVETS

PRAXIS(断片)

MAXIMO PARK(10秒ぐらい)

FEEDER(後半)

GANG OF FOUR

BECK(途中から)

FATBOY SLIM

FUJI ROCK FESTIVAL 05初日

2時間半ぐらい寝て、午前中はずっとお仕事をしていました。

でも終わらないので、「フジロックから戻り次第すぐにやります!」とお詫びして出発。

フー・ファイターズ御一行が同じ新幹線でした。

ギリギリでザ・ミュージックがステージに上がる頃にグリーンステージ到着。

本当はスティール・パルスとかポーグスも見たかったのですが、あまりに眠いのと疲れているので、グリーンステージにへばりついていました。

THE MUSIC

COLDPLAY

FOO FIGHTERS

CHRIS BARBER

“ブリティッシュ・ブルースの父”といわれるクリス・バーバー。

ヴァン・モリソンの『スキッフル・セッションズ』やジョン・メイオールの『70th・バースデイ・コンサート』などでもお馴染みの大御所ミュージシャンですが、1950年代から現在に至るまで活動、膨大な数の音源をリリースしていて、しかも本業はジャズだったりするので、日本のブリティッシュ・ブルース・ファンでも食わず嫌いの人が少なくないのではないでしょうか。

僕もちょびちょび買うようにしているのですが、全作品制覇なんて夢の夢です。

てゆうか、その気もないし。

特に最近の作品は全然聴いていません。

で、仕事で我が家にあるCDを何枚か聴きなおしてみたのですが、ホーンをフィーチュアしたジャズ・サウンドにブルースやらR&B、フォークまでを取り込んだミクスチャー感覚、しかもアメリカのジャズと異なるブリティッシュな音触わりが面白かったです。

特にお薦めなのが50年代、『Pye/Nixa』時代の8枚のアルバムを収録した6枚組ボックス『THE NIXA JAZZ TODAY ALBUMS』

6枚組ボックスというと躊躇してしまう人もいるかも知れませんが、それぞれ作品の表情が異なっていて、どのアルバムから聴いても飽きません。

今度オフの日は、一日中クリス・バーバーを聴いていようと思っています。

ERIC CLAPTON『BACK HOME』

をレコード会社さんに行って聴いてきました。

試聴用CDには”EDGAR COLE”と盤面に記されていました。

(思い切り”クラプトン”と書いてしまうと、たまたま見かけた人が「あっクラプトンの新作だ!」と盗んでしまうリスクがあるため)

「子供が生まれて、世話するんで疲れちゃったよ~」というフヌケた「ソー・タイアード」で始まるこのアルバム、全体的に幸せムードが充満しているので、地獄!破壊!流血!といった音楽を普段聴いているリスナーにはタルく聞こえるかも知れません。

でも幸せムードで、いかにも”大人向け”の音が生暖かさいっぱいですが、一方でウェットな感傷はなく、全体的なトーンは乾きめ。

クラプトンはあまりに最高すぎるギターを弾いています。

「ラヴ・ドント・ラヴ・ノーバディ」「ロスト・アンド・ファウンド」「ヘヴン(ピース・オブ・マイ・ハート)」のソロは極上クラプトン節。

ベスト・ソロはけっこう音数多めの「ラン・ホーム・トゥ・ミー」だと思います。

【お仕事】AERA in ROCK II /やっぱり、ロック。

アエラ臨時増刊。

今年2月に出た第1号に続く、第2号です。

  • シン・リジィ『The First Irish Rocker』
  • ジェフ・ベック『一人じゃないもん!』
  • アル・クーパー『英国勢に対抗できた唯一の男』
  • フリートウッド・マック『夢と金、愛と別れの音楽生活』
  • レッド・ツェッペリン『米国制覇4つの鍵』

と、5つの記事を書いています。

シン・リジィ記事は、1950年代からのアイリッシュ・ロックの歴史について言及できたのが嬉しいです。

ジェフ・ベック・インタビューは何かと「家に帰る!」と言い出すジェフが可笑しかったです。

過去のロッド・スチュワートやミック・ジャガーとのセッションについても、自分の口で語ってもらえました。

アル・クーパーはプロレス好きで、ゴールドバーグがお気に入りなのだそうです。

フリートウッド・マックは初期から中期の、人間関係の壊れっぷりを日本できちんと紹介した記事がなかったと思うので、機会を与えてもらって良かったです。

レッド・ツェッペリンは今更新事実の発見などは難しいですが、既知のネタを整理・分析してみました。

既知とはいってもリチャード・コールの暴露本とかピーター・グラントの伝記など、未邦訳の書籍からのネタもあるので、何か役に立つこともあるかも知れません。

【お仕事】スターログ No.25

1999年に竹書房から『スターログ』が復刊されて、No.2からお世話になっており、サントラ盤紹介コーナーを書いています。

なにぶん字数が少なくて、サントラ盤に参加しているアーティストを列記するだけで字数が埋まってしまうことも少なくありませんが、未発表曲/テイクがあるのか、面白いのかつまらないのか、出来る限り書こうとしています。

なにぶん安い雑誌ではないので、見本誌をもらえるだけでもけっこう嬉しいです。

執筆者プロフィールは基本的に何を書いてもオッケーですが、必然性のない下ネタはNGみたいです。

最新号『No.25』では『ハウス・オブ・ワックス』『XXX2:ザ・ネクスト・レベル』などについて。

【お仕事】KEITAI BANDITSスペシャル!Vol.4

女の裸がいっぱい載っている雑誌です。

バックナンバーが大阪府で有害図書になっていましたが、世の中には女の裸が載っている本はたくさんあるし、具体的にどのへんが他所の雑誌より有害なのか正直よく判りません。

援助交際、母娘3P、社内結婚カップルの社内セックスなどに混じって、東アジア反日武装戦線「さそり」のテロリスト宇賀神寿一へのインタビューが載っていました。

私は読む人が右手を休められるような刺身のツマ記事で、マイケル・ジャクソン無罪、エルトン・ジョン結婚、元WCWナイトル・ガールズ女教師の生徒とのセックル事件などについてちょびちょび書いています。’`,、 ( ´∀`) ‘`,、

ところで雑誌名のKEITAIはどういう意味なのでしょうか。持ち運びしやすい、という意味かな?