2020-06-17

ライナーノーツを書きました。 COVET『TECHNICOLOR』
Yahoo!ニュースのインタビュー記事もよろしくです。

————–

ライナーノーツを書きました。 KATATONIA『CITY BURIALS』

————–

ライナーノーツを書きました。 BPMD『AMERICAN MADE』

————–

ライナーノーツを書きました。Aoife O’Donovan『BULL FROGS CROON (AND OTHER SONGS)』

————–

記事を書きました。プレイヤー7月号でVANDENBERGのエイドリアン・ヴァンデンバーグへのインタビュー。
アルバム『VANDENBERG 2020』のライナーノーツも書きました。

————–

記事を書きました。 ヤングギター7月号でFIREWINDのガスGへのインタビュー。

————–

記事を書きました。 ヤマハWeb音遊人『没後25年、アイルランドのギター・ヒーロー、ロリー・ギャラガーの魂の炎は燃え続ける』

————–

記事を書きました。 ヤマハWeb音遊人『イタリアン・シネマチック・ファンク・バンド、カリブロ35が新作アルバム『モーメンタム』を発表』

2020-06-11

●羅小黒戦記 @川崎チネチッタ

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』を見ました。 中国のアニメ。
“妖精”が長い眠りについていたら人間が地球を自分のものにしていて、自然破壊をしたりして、目覚めた“妖精”が「地球を汚した人間ども許さん!」と立ち上がって、それに対して“妖精”の力を身につけた人間たちが軍団を形成して戦う…と書くと、別の漫画に似ていますね。ハルマゲドンが亀戸のショッピングモール(みたいなところ)だし。
とはいっても特に影響とかではなく、神話のひとつのフォーマット的なものなのでしょうか。
主人公のシャオヘイというのが正平と聞こえて、母親が「正平、りっぱになってくれたのう」と言うのが聞こえてきます。もしかしてシャオヘイのママは人間に殺されたのかも?…と思うと、なんだか泣けてきます。
(妖精には親はいない、という説も)
僕は中国語はまったく話せないのですが、“肉”を“ロー”と言っているのは判りました。
とても面白かったのでもっと中国アニメを見てみたい!と思って『ドラゴン水滸伝』を検索してみたら、YouTubeにありました。おおっ。あとヤフオクにポスターが大量に。

2020-06-05

記事を書きました。 Yahoo!ニュース『【インタビュー】ギター・タッピング女王イヴェット・ヤングが語るコヴェット『テクニカラー』』

————

フジ・ロック・フェスティバル20は開催延期だそうです。2021年8月にまた会いましょう!

2020-05-24

パソコンの外部ブルーレイ/DVDドライヴ、買ったときはUSBのパワーだけで動いたのに最近動かなくなったので、ACアダプタを買ってみたら動きました。
一時はドライヴそのものを買い換えなければならないかと思いましたが、アダプタだけで済んでよかったです。