2017-06-01

記事を書きました。 ヤマハ音遊人『ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない』

—————–

記事を書きました。 BARKSのグラハム・ボネットへのインタビュー第4回
第1回第2回第3回もよろしくです。
6月23日発売の『FRONTIERS ROCK FESTIVAL 2016 – LIVE… HERE COMES THE NIGHT』にタイミングを合わせたインタビューです。

ところで伝記本『The Story Behind The Shades』は2015年に注文したのですがいつ出るのでしょうか。 ずいぶん前に書影も発表されているのに。

—————–

●PRETTY MAIDS @渋谷クラブクアトロ

2017-05-31

ライナーノーツを書きました。 NORTH MISSISSIPPI ALLSTARS『PRAYER FOR PEACE』。 良い!

——————–

記事を書きました。 Yahoo!ニュースで、そのNORTH MISSISSIPPI ALLSTARSのルーサー・ディッキンソンへのインタビュー
アルバムの世界観を知るのにぜひ。

2017-05-30

パナマのノリエガ将軍が亡くなったそうです。

——————-

記事を書きました。 BARKSのグラハム・ボネットへのインタビュー第3回
第1回第2回もよろしくです。
6月23日発売の『FRONTIERS ROCK FESTIVAL 2016 – LIVE… HERE COMES THE NIGHT』にタイミングを合わせたインタビューです。

2017-05-29

うちで仕事していました。

——————

最近、中途半端に聴きたいアルバムはApple Musicで聴いて、そのまま納得してしまって買わないことがけっこうあるのですが、やっぱりCDやレコードで所有しておきたいのとか、そもそもApple Musicになかったり、ボーナスDVDが欲しかったりするので、それなりに増えていきます。
KING CRIMSONは『RADICAL ACTION』や『LIVE IN TORONTO』がすごく良かったし、『THE ELEMENTS OF KING CRIMSON』シリーズはベスト盤感覚で楽しめるので、毎年買って聴いています。
コレクターズ・クラブものは全部まともに買ったらおこづかいが吹っ飛ぶので、少しずつ押さえていきます。
『HEROES』はヴォーカルがキャラ不足の気もしますが、カップリング曲が美味しそうだし、やはり押さえると思います。

2017-05-28

グレッグ・オールマンが亡くなったそうです…

—————–

記事を書きました。 BARKSのグラハム・ボネットへのインタビュー第2回
第1回もよろしくです。
6月23日発売の『FRONTIERS ROCK FESTIVAL 2016 – LIVE… HERE COMES THE NIGHT』にタイミングを合わせたインタビューです。
詳しい人、『マンスターズ』と『妖怪人間ベム』の関係について教えて欲しいです。

2017-05-27

翻訳をやっています。 FLEETWOOD MAC『TANGO IN THE NIGHT』エクスパンデッド・エディション

—————-

今年は単行本を出したいなあとかバクゼンと考えていたらもう前半が終わろうとしていて月日だけが経っていきます。
本のインディーズレーベルを作りたいのに

—————-

昨日だかおとといだか忘れたけど、テレビの前を通ったら妖怪ウォッチの孤独のグルメ回をやっていました。 あーこれがそうか、と。

2016-05-26

ライナーノーツを書きました。 SOLSTAFIR『BEYDREYMINN』
アイスランド語ゆえにかき立てられるイマジネーションと、メタルもプログレもモリコーネも呑み込む懐の深さ。1日10回ぐらい聴いても毎回異なって聞こえるのでコストパフォーマンスが高いです。

————-

記事を書きました。 BARKSのグラハム・ボネットへのインタビュー第1回(全4回)
6月23日発売の『FRONTIERS ROCK FESTIVAL 2016 – LIVE… HERE COMES THE NIGHT』にタイミングを合わせたインタビューです。

————-

午前0時からSkypeインタビュー。

————-

そして午後3時からもSkypeインタビュー。
Skype同士は通話がタダだし、相手が電話でも1時間数百円で通話できるので格安です。
こりゃNTTの国際電話とか誰も使わなくなりますよねえ。

2017-05-25

電車の中で別冊宝島『プロレス暗黒回廊』を読んでいました。
今年1月に亡くなった泉田純選手がいかに面倒臭い人だったかというのを記した、死者にムチ打つ本。

ところで泉田選手とは一度だけ電話で話したことがあります。
2016年4月2日、泉田選手のfacebookに友達申請したのですが、メッセージで
「自営業の方になってましたが、マスコミ関係の方ですか?」
「よろしければ、電話で、真実をお話したいのですが、お時間はありますか?」
「空いてるお時間は有りますか?」
と、電話番号を教えてくれました。
こちらがワン切りすると先方から電話があり、現状について早口でいろいろ話してくれました。
宝島社も神奈川県警もグルで自分を陥れようとしていると主張していましたが、残念ながら僕では力になれることがなく、とにかく頑張って下さい、としか言えませんでした。
懺悔しますが、実際に面倒臭そうな人で、あまり関わりたくなかったことも事実です。
泉田選手のご冥福をお祈りします。

あと超世代軍の飲み会というのに連れていかれたとき、泉田選手がトイレットペーパーをふんどしにして、それに三沢光晴選手が水をかけていたのを覚えています。

——————

昼間、Stefan Mossbergとお茶。 ゲイリー・ムーアのドキュメンタリー映像作品『White Knuckles And Blue Moods』の共同制作者さんです。
この作品はすごく面白くて、知らなかったネタも出てくるので、また改めて感想など書きたいです。

——————

午後7時からSkypeインタビュー。

2017-05-24

ロジャー・ムーアが亡くなったそうです…

ロジャー・ムーアは三代目ジェームズ・ボンドとして有名ですが、それ以外にもたくさん素晴らしい映画に出演しています。
ロジャー・ムーアその1
ロジャー・ムーアその2
ロジャー・ムーアその3
ロジャー・ムーアその4
ロジャー・ムーアその5
(2004年に書いたので、DVD発売状況など現在とは異なると思います)

僕が初めて見た007映画は『私を愛したスパイ』でした。
ロジャー・ムーア期のボンドはギャグやパロディを入れたり、やり過ぎな部分があったり(ジョーズとか宇宙に行くとか)批判もありましたが、そういうものだと思って育ってきたし、今でも好きです。
自分が英語を習得するにあたって発音の手本にした1人でもあります。
悲しいですが、その素晴らしい作品の数々、そして彼が与えてくれた影響に感謝したいと思います。

そういえば子供の頃から“映画のポスターと中身は異なる”のがデフォルトでしたが、その最たるものが『007ムーンレイカー』でした。 ポスターではかっこいい銀色の宇宙服だったのに、本編では黄色のジャージ上下みたいなやつだし。
あと『キングコング』(1976)で世界貿易センターのツインタワーを跨いで戦闘機を鷲掴みにしているポスターや、『スター・ウォーズ』のレイア姫の胸元が開いたドレスとか。
(銀色宇宙服や胸元開きドレスはフォトセッション用に着ていたようですが)

2017-05-23

アリアナ・グランデのマンチェスター・アリーナ公演でテロ事件、19人が死亡というニュースに怒りと悲しみを感じています。
『美女と野獣』主題歌で子供人気も高い彼女ゆえ、観客には低年齢層も多かったそうで、それを狙ったなら最悪ですね。
もちろん大人を狙うのも論外ですが。

—————-

FATSO JETSONとDEL-TOROSのスプリット7″、海外通販すると送料が高くてイヤだなーと思っていたら、ディスクユニオンで普通に売られていました
新品在庫なしとなっているけど、未開封中古が何枚も在庫されています。
(いちおうアマゾンにもあるけど高い)
内容は両バンドとも決して代表曲になる感じではなく、1曲ずつということで腹八分目ですが、どちらも良いです。
FATSO JETSONの「Dream Homes」はアルバム『IDLE HANDS』収録曲の別ヴァージョンです。 まずはアルバムで聴いてみて、それから手を出すか決めればいいかも。

—————-

●パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を見ました。 原題は『Pirates Of The Caribbean: Dead Men Tell No Tales』7月1日(土)公開。
以前キース・リチャーズがジャック・スパロウのお父さん役で出ましたが、今回はポール・マッカートニーがおじさん役で出演しています。
関係ないけどMOTORHEADが「Dead Men Tell No Tales」をライヴでやるとき、レミーは「次の曲は『Dead Men Smell Toe Nails』だ」と紹介していました。

2017-05-20

記事を書きました。 BARKSでジョン・コラビへのインタビュー
ジョン・コラビが歌うDEEP PURPLE、ちょっと見たかったです。

記事を書きました。 BARKSでマルコ・メンドーサへのインタビュー
ピーナッツを「食べなよ!」と勧めてくれて、ボリボリしながら話しました。

THE DEAD DAISIESインタビューは4部作でした。
第1回がバンド第2回がダグ・アルドリッチ

2017-05-19

うちで仕事していました。
5月19日(金)〜25日(火)までポケモンGO!がアドベンチャーウィークだそうで、持っていないポケモンがいろいろ出てきそうですが、ずっとうちにいるのであまり関係ないという説もあります。

2017-05-18

クリス・コーネルがSOUNDGARDENのツアー中、デトロイトで亡くなったそうです…

●MEGADETH / ANTHRAX @Zepp Diver City

重い気持ちを引き摺ったままライヴに。
第0試合のTHE冠はパス。 溜まった仕事もあったし、気分的に面白おかしいコメディバンドはちょっとキツかったので。

2017-05-16

『ツイン・ピークス』新シリーズが21日(日)アメリカ時間で始まりますね。
ブルーレイで見返しながら、今からドキドキしています。
『ツイン・ピークス』のブルーレイは世界共通リージョンフリーで日本語字幕とかも付いているので(たぶん。国によって付いてなかったらゴメンなさい)、どこか安い国の盤を買えばいいと良いです。
うちにあるのはドイツ盤で、外装にTwin Peaks: Das Ganze Geheimnisと書いてあります。
なおブルーレイBOXは10枚組だけど、どうやら9枚組仕様も出回っているそうなので、買うときにはよく仕様をチェックしましょう。
あと劇場版『ローラ・パーマー最後の7日間』が入ってないブルーレイ8枚組も出るそうです。

2017-05-15

PENTAGRAMのボビー・リーブリング63歳が母親(86歳か87歳)に暴行を振るって逮捕という記事
ボビーの苦難の人生についてはDVD『Last Days Here』でも描かれていますが、本当に辛いですね。
昨年ラスヴェガスでライヴを見たときは声も出ていたしステージ・アクションもちゃんとしていたのですが… 残念です。
ところでボビーはインド系/アラブ系なのですね。

2017-05-13

●ハードコア

映画『ハードコア』を見ました。
映画祭公開時のタイトルがHardcoreで本格公開時にHardcore Henryになったけど邦題は『ハードコア』ということだそうです。
全編主観映像で、半分機械人間になったヘンリーが超能力人間AKANとサイボーグ兵士軍団と戦います。
監督のイリヤ・ナイシュラーがやっているバンドBITING ELBOWSはGUNS N’ROSESやPLACEBOのモスクワ公演の前座とかもしているそうですね。
あとQUEEN「Don’t Stop Me」の使い方が素晴らしいです。

「Bad Motherfucker」ビデオ、やっていることが映画とまるで同じで潔いです。

デリカシーとかそういうのはなくバイオレンスとおっぱいとドラッグでイエー!と、『アドレナリン』を初めて見たときの興奮が蘇ってたいへん良い映画でした。
ストーリーがないとかずっと主観映像だから飽きるとか、普通の批判は通用しないです。

2017-05-11

●【軽度ネタバレ】ワイルドスピード ICE BREAK

映画『ワイルドスピード ICE BREAK』を見ました。 仕事です。仕事です!
車がたくさん走って爆発とかしてハゲの人たちが殴り合いしていました。
このシリーズって案外過去作のキャラが再登場して、「誰だっけこいつ?」と戸惑ったりします。 今回もエレナという人の存在を完全に忘れていました。 まあ忘れていても「過去作にそんな人が出ていた」というので納得できます。
最近の自動車は壁にぶつかりそうになると勝手にブレーキがかかったりするそうですが、あんな遠隔操作とか出来るのでしょうか?
テイラー・スウィフトのことをテイテイと呼ぶそうですね。 ロックが「お前のテイテイをひねり潰すぞ!」と言っていました(testesが睾丸なので)。

——————

●水晶の舟 @吉祥寺シルバーエレファント

ワンマン。 1時間45分ぐらいでしょうか。 音楽と満月に誘われて、脳の数割があっちに行っていました。

2017-05-10

ライナーノーツを書きました。 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』サウンドトラックCD

ライナーノーツを書きました。 THE DEAD DAISIES『THE DEAD DAISIES』。 日本初発売。

ライナーノーツを書きました。 THE DEAD DAISIES『REVOUCION!』。 日本初発売。

————–

●Devendra Banhart @ビルボードライブ

2ndショー。