2021-03-25

●古賀稔彦さんの思い出(というようなものでもない)

古賀稔彦さんが亡くなったそうです。
もちろん直接の面識はありませんでしたが1990年4月、僕が右鎖骨を折って勝田台病院に入院したとき(怪我自体は大したことないけど患部が頭に近いので全身麻酔で、頭に変な後遺症が残らないように手術後1週間ぐらい入院しました)、29日の全日本柔道選手権を病院のテレビで見ました。決勝で太っていた頃の小川直也と堂々渡り合って、惜敗はしたものの、これが柔よく剛を制すか!と感銘を受けました。
それから5日後の5月4日、まだ入院中なのに第2次UWFの日本武道館大会を見に行って、終わって病院に戻ったら看護士さんにこっぴどく叱られました。「あなたの身体だから結局は自分で判断するしかないけどねえ」とか説教されてシュンとしたけど、前田日明vs船木誠勝、高田延彦vs鈴木実、藤原喜明vsフレッド・ハマカーという対戦カードだから仕方ないよなあ、と心で思っていました。
あと鎖骨を折っただけで足腰は元気だったので、近所の本屋に週刊プロレスを買いにいったら(病院の売店に置いてなかった)、天龍源一郎が全日本プロレス離脱!の報にショックを受けました。
古賀稔彦さんのご冥福をお祈りします。

————–

21:00から電話インタビュー。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください