2021-01-09

●Grace Jones: Bloodlights And Bamis

グレース・ジョーンズのドキュメンタリー映画『Grace Jones: Bloodlights And Bamis』を見ました。
監督のソフィ・ファインズは俳優のラルフ・ファインズ、それからゲイリー・ムーアと『DARK DAYS IN PARADISE』で共演したマグナス・ファインズの妹。
伝記映画ではなく、ライヴ映像とオフショット、そしてジャマイカへの里帰りを軸とした内容です。
2017年公開の作品ですが、素材を撮影したのはそれよりかなり前のようです。でも彼女の外見がまったく変わらないのでタイムレス感があります。
ジャマイカの教会の垂れ幕に“2005”と書いてあるので里帰りはたぶん2005年。あとスライ・ダンバーと「This Is」、ロビー・シェイクスピアと「Well Well Well」という『HURRICANE』(2008/現時点での最新アルバム)の曲をレコーディングするフッテージも収録されています。
ライヴ映像がすごくカッコ良いです。「Warm Leatherette」「Nipple To The Bottom」「Pull Up The Bumper」「Love Is The Drug」などを熱唱しています。コスチュームは石岡瑛子。
あとフランスだかのテレビで「La Vie En Rose」を歌うシーンも良いです。
世界的なスーパーモデルだった彼女ですが、ジャマイカに里帰りするとヤーマンとか言っていて、田舎娘っぽい側面を垣間見ることが出来ます。
あとジャマイカの人はガチで屋台でジャークチキンを食べてることが判ります。
エロ目的の人向けには、風呂上がりで全裸でコーヒー牛乳を飲んだりスキンケアしたり、エステで全裸であちこちからシャワーを当てられたりするシーンもあります。
なお寿司と生ガキを中西俊夫と山口小夜子と食べる映像が収録されていますが、これは日本のTV番組とかでしょうか?

トヨタセリカ広告ポスター(1985年)。キャッチが“Heか、Sheか。セリカよ、どこまで過激になるのか。” あまりに失礼極まりないせいか、短期間で別のキャッチに変えられた記憶があります。

2016年にサンフランシスコに行ったとき、Museum Of African Diasporaでグレース・ジョーンズ展というのをやっていて、Contemporary Jewish Museumのスタンリー・キューブリック展とどっちに行こうかと悩んでキューブリック展の方に行ってしまいました。ごめんなさい

——–

翻訳をしていました。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください