2019-08-19

昼過ぎまでうちで仕事。

———–

午後から草加の病院。

———–

●セックスドキュメント エロスの女王 @阿佐ヶ谷ラピュタ

映画『セックスドキュメント エロスの女王』を見ました。
阿佐ヶ谷ラピュタの企画上映“驚異のドキュメント 中島貞夫ニッポンをえぐる! 1968-1973”の最終上映作品。
過去3作と較べると65分とコンパクトな作りで、

– セックスショウを演出し続ける男・稲倉清純
– 出産を経て、再びSMショウの舞台に戻っていくローズ秋山夫妻
– ヌードモデル百人を統率し、大撮影会を成功させるプロダクション社長・火石利男

の3組に焦点を絞っています。あとは学生運動の後に下宿みたいなところで乱交する大学生(カメラがあちこち動くのでたぶんヤラセ)とか。
ローズ秋山さんはあまりタイプではありませんでしたが、全体的な女優のレベルは4作で一番高かったと思いました。
ちなみにタイトルの“エロスの女王”とは誰を指すのでしょうか?

———–

ところでこの映画には出てこないけど、愛染恭子は火石プロダクション(ネットで調べたら高円寺にあったらしい)に所属していたのですね。
離れてずっと後だとは思いますが、1994年か1995年、渋谷の東急ハンズに近いルノワール地下の会議室で見かけたことがあります。
ルーク・ヘインズだかベン・ハーパーの通訳で行ったのですが、彼女と水谷ケイが会議室の前にいました。
取材時に面識のない人と顔を合わせることは珍しくないので、ひとまず「ちわッス」と挨拶しましたが、隣の会議室で何かアダルト系の打ち合わせがあったらしく、こっちの取材とは関係ありませんでした。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください