2017-07-13

Borisは作品ごとに違ったことをやっていて、新作が出るたびに今回はどんなだろう? とドキドキさせられますが、最新アルバム『DEAR』はズズズンと激重ヘヴィで“僕が一番好きなBoris”をやっていて大満足です。
僕の中ではBorisの最高傑作として位置しています。
真夏にエアコンを切って聴くと、CDを聴く作業そのものが艱難辛苦となってマゾ気持ちいいです。
唯一文句があるとしたら、アルバムが終わってしまうことです。 「Dystopia -Vanishing Point / 何処へ-」とかボーナスCDの「D.O.W.N -Domination of Waiting Noise-」フルヴァージョンみたいに、全曲10分オーバーで責め狂って欲しいです。
バンドに死ぬまで演奏を続けて欲しいという、リスナーにサド気質を目覚めさせるアルバムでもあります。
7月15日(土)代官山UNITでのライヴも超楽しみです。 代官山UNITはドリンクチケットでシードルを飲めるのですが、重低音がお腹に来て、胃の中のシードルが発泡して口から噴出してきます。

【訂正】シードルを飲めるのは代官山UNITではなく新代田FEVERでした。 すみません。

投稿者:

yamazaki666

凸(–)凸(–)凸(–)凸(–)
玄関:http://yamazaki666.com
twitter:http://twitter.com/yamazaki666
facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です