2015-05-28

記事を書きました。 ヤマハサイト『イエスが1972年ライヴ集大成ボックス14枚組CD『プロジェニー:1972ライヴ』を発表』
『PROGENY』、通して聴くのが大変ですが、たいへん素晴らしい内容でした。これから公演ごとにちびちび聴き直そうと思います。

●IMPELLITERI @渋谷O-EAST

– クリス・インペリテリが首までの長さの黒髪でした。
– 「Stand In Line」をやっていました。
– レスポールでシュレッドな人ってあまり見かけない気がしますが(僕が知らないだけかも)、大物シュレッダーが1980年代中盤の、レスポールが流行っていなかった時期にたくさん出てきたからですよね? なおインペリテリは何曲かで弾いたレスポールでも超絶速弾きをしていました。

すごく速くギターを弾くとかすごく高い音で歌えるとかは“味”では済まされない測定可能な世界なので、30年近くやっていてこれだけお客さんを集められるIMPELLITERIは本当に凄いと思います。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「2015-05-28」への1件のフィードバック

  1. シュレッドはギターを高い位置で構えた方が弾きやすいのですが
    レスポールはお股が隠れる位の低い位置で構えないと見た目がダサいというのが一番大きい気がします。
    ザックワイルドやスラッシュはソロになると咄嗟に曲げた膝の上にギター置いたりなんかして格闘してますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください