シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム【軽度のネタバレ】

映画『シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム』を見ました。ホームズとモリアーティ教授のライヘンバッハの滝でのラスト・バトルに向かってお話が進んでいきます。モラン大佐が出てきたりワトソンのミドル・ネームがヘミッシュだったり、(僕のようなド素人レベルでも判る)シャーロッキアーナをまぶしながら、旧態依然としたホームズ像をブチ壊してアクション&爆発満載のイマドキの映画にしているのは見事です。もちろん「こんなのホームズじゃない」と怒る人がいそうなのは判った上です。ところでライヘンバッハの滝が実在するというのも知らなかったのですが、もっと驚きだったのはバリツが実在するということでした。

かつて「”バリツ”は”ヴァーリ・トゥード”と関係あるのか?」という論議が成されたことがありますが、もうひとつ気になるのは、モンティ・パイソンでおなじみのウェールズの護身術LLAP-Gochはゴッチと関係あるのか?…ということです。

そういえばマイクロフトが自宅ではフルチンという描写、原作にありましたでしょうか?

投稿者:

yamazaki666

凸(–)凸(–)凸(–)凸(–)
玄関:http://yamazaki666.com
twitter:http://twitter.com/yamazaki666
facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です