ドライヴ

映画『ドライヴ』を見ました。3月31日公開。

つまんなくないけど面白くもないです。全編低温です。シリアスなクライム・ムービーを狙っているのかも知れないけど、シリアスなのと辛気くさいのは違うと思います。バイオレンスもカーチェースもおっぱいも出てくるのにこの温度の低さは何なのかと。主演のライアン・ゴズリングは寡黙というより不景気でした。サソリスタジャンとか爪楊枝とか、細かいネタがさらに温度を下げます。サントラもフニャチン。

米ローリング・ストーン誌は2001年のベスト1位とかにしていますが、これだったら同じdriveでも『ドリヴン』とか『ドライヴ・アングリー』の方がずっと面白かったです。

最後にアレハンドロ・ホドロフスキーに感謝が捧げられていますが、何か関係あるのでしょうか。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です