2009-12-13

地獄な気分に浸りたくて、買ったけど聴いてなかったTASHI QUARTETによるオリヴィエ・メシアン『世の終わりのための四重奏曲』を聴いたら、あんまり地獄していませんでした。第二次大戦中ドイツ軍の捕虜になったメシアンが強制収容所仲間のヴァイオリン・チェロ・クラリネット奏者と演奏するために書いた曲で(メシアン自身はピアノを担当)、初演も収容所の新年会だったそうなので、あんまり絶望するような音楽はそぐなわなかったのかも知れません。

————–

そういえばローリング・ストーン日本版1月号でジョニー・デップ原稿をちょびっと書いています。半ば強引にMASTERS OF REALITY『HOW HIGH THE MOON』ジャケ写も掲載していただきました。他の人が書いた記事はまだ読んでいません。これから読みます

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「2009-12-13」への8件のフィードバック

  1. MASTERS OF REALITYの最新作『Pine Cross Dover』はどんなかんじなのでしょうか?9月に出ていたものの、うっかりチェックするのを忘れたまま年末に……。

  2. >えどさん  MASTERS OF REALITY新作、ブログでは紹介していませんでしたが、すごく良いですよ。"普通のロック"のフォーマットに則りながら逸脱していくマジックが見事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください