似ているジャケ

f:id:yamazaki666:20091115120100j:image

左はペルーのヘヴィ・サイケ・バンドTARKUSの『TARKUS』(1972)。中はイギリスのワンマン白黒サイケ・バンドLUCIFERの『BIG GUN』(1972)。右はドイツの米軍基地で結成、僧衣を着て頭の真ん中を剃っていた坊主サイケ・ビート・バンドTHE MONKSの『BLACK MONK TIME』(1966)。

いずれもジャケはてきとうながら中身は極濃です。今や3作とも普通にCDで聴けるとは、良い時代になったものです。でも廃盤だそうなので、早いうちに押さえておきましょう。

TARKUSは重いSABBATH系ギター・リフになんだか気持ち悪いヴォーカルが絡みついて、倒錯した快感がゾクリときます。ところでEMERSON LAKE & PALMERとはカケラも似ていないです。

THE MONKSの皆さん(床屋はメンバーに非ず)↓

f:id:yamazaki666:20091116131004j:image

後でもうちょい詳しく書きます。と思ったけど、元々そんな詳しいわけでもないので、書かなくてもいいですよね。

LUCIFERに関し役立つ資料サイト

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください