来るべき世界

映画『来るべき世界』をDVDで見ました。

1936年に作られたSF映画の古典で、H.G.ウェルズが原作です。

1940年に世界大戦が始まって、その後に疫病が流行って、独裁者が倒されて、新政権が樹立されて、2036年に月面に向かって飛び立っていくという年代記ものです。

なにぶん昔の映画だし、しかも90分で100年ぶんの歴史をすっ飛ばすので、ストーリーやキャラ描写は掘り下げていないきらいはありますが、単に資料的な価値だけではない面白さがありました。

最近のSF映画にありそうなエコロマンセー傾向(やだやだ)はまったくなく、とにかく科学マンセーなのが好感度が高いです。

さらに、いかにも未来未来した未来都市やとんがった未来コスチュームも輝しい21世紀に夢を馳せさせてくれます。

かっこいいなあ。

しかし1936年には、わずか32年後に人類が月面に到達するなんて夢物語だったのですね。

『来るべき世界』を初めて見たのはもう25年ぐらい前、アムステルダムに住んでいる頃でした。

当時ドイツのTVチャンネルで毎週土曜深夜にSF映画をやっていて、吹き替えが全然判らないながら見ていたのですが、そのうちの1本だったのです。

もちろん当時はその映画が『来るべき世界』だとは知らず(子供だったし、ドイツ語だったし)、後になって『スター・ウォーズ』本か『フェイマス・モンスターズ』誌で読んで、この映画が古典中の古典だと知ったわけですね。

今になって再見して、よくドイツ語吹き替えでずっと最後まで見たものだと、自分に感心しました。

なお、我が家にあるのはアメリカ製の3作入り廉価盤ですが、日本盤は5,040円と高い!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00065UB6W/stonersunshin-22

でもたぶん廉価盤よりは画質も音質も良くなっているはずなので、クラシックSF映画の古色蒼然たる世界に酔い痴れてみたい方はぜひ。

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください