METALLICA: SOME KIND OF MONSTER

DVDを見ました。まだ本編だけ。

メタリカが『セント・アンガー』を完成させるまでの苦難の道を描いた物語で、『A YEAR AND A HALF IN THE LIFE OF METALLICA』と較べるとはるかにダークな作品です。

ジェイムズ・ヘットフィールドはアル中になってリハビリ施設に入ってしまうし、退院後も「家族が大事だ」とか言ってスタジオに来ないし、たまに顔を出せばラーズ・ウルリッヒと「ファック!」と怒鳴りあい。

さらにナプスターを告訴したせいで守銭奴呼ばわり。

しかもジェイソン・ニューステッドは脱退、エコーブレインを結成して楽しそう。

バンドの危機に、月40,000ドルのギャラを払ってセラピストを雇うも、”セラピーの一環”としてやったのはバンドが大昔にクビにしたメガデスのデイヴ・ムステインを連れてくること。

ムステインは涙ながらに「お前らにクビにされたせいで、今でも路上でガキどもから”メタリカRULES!”とかバカにされるんだ!お前らが20年前にアルコール・リハビリしろって言ってくれたら、こんなことにはならなかったんだ!」とラーズに愚痴って、いっそう気分をロウにしてくれます。

カーク・ハメットの額に深く刻み込まれた苦悩のシワが涙を誘います。

でもまあ、紆余曲折を経て『セント・アンガー』は完成して、新メンバーとしてロバート・トルヒヨが加入して、メタリカは復活を果たすのでした。めでたしめでたし。という話でした。

その復活の証が不愉快という以外何も言うことのない糞イベント『MTV ICONS』だったりするのには首を傾げてしまいますが。

あとサン・クエンティン刑務所でライヴをやることが「どうだい、俺たちゃタフでラフだろ?」みたいな雰囲気で語られていますが、そんなの爺さんのB.B.キングですらやっているので、大した自慢にはなりません。

でも『セント・アンガー』はすごく良いアルバムだと思うし、ライヴも最高に良かったので、終わりよければすべてよし。

復活したジェイムズがセラピストをクビにすることを決意、高給目当てにいつまでも「君たちの精神状態を考えるとだねえ、私がいたほうが…」と食い下がるセラピストを無視して「さあ、ジャムろうぜ」とメンバー達に言うシーンにはパチパチ拍手してしまいます。

この映画の監督を務めたのはジョー・バーリンジャーとブルース・シノフスキー。

ウェスト・メンフィス・スリー事件を題材にした『Paradise Lost』で一躍有名になった二人ですが、思えばあのTV映画が面白かったのは題材が面白かったからであって、バーリンジャーは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト2』で見事に馬脚を表しています。

幸いメタリカのレコーディング中には面白い出来事がたくさん起きたので、『Some Kind Of Monster』も面白い内容になっています。

思わず おおっ!となったのは、新ベーシストのオーディション風景。

ジョディ・ホワイト(=ツイギー・ラミレス)、C.O.C.のペッパー・キーナン、ジェインズ・アディクションのエリック・エイヴリー、ナイン・インチ・ネイルズのダニー・ローナー、再結成ザ・カルトのクリス・ワイズ、そして!元KYUSSのスコット・リーダーがプレイするシーンも見ることが出来ます。

そんな中でロバート・トルヒヨはひときわ凄いプレイを聴かせていて、彼が選ばれたのは非常に納得がいきます。

ジョディ・ホワイトはア・パーフェクト・サークル来日ライヴで「マスター・オブ・パペッツ」の歌詞を知らなかったし、落ちても仕方ないと思います。

ではこれからボーナス映像を見たり、コメンタリー付きで見直したりすることにします。

本DVDはアメリカでは2月に出ましたが、なんと日本では10月まで出ないらしいので、輸入盤をゲットしたい人はこちらから。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006IIKS0/stonersunshin-22

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

「METALLICA: SOME KIND OF MONSTER」への4件のフィードバック

  1. エリック・エイヴァリーってもう音楽止めたから何度も機会があったジェーンズ再結成にも全然絡んでこないんだ、と思ってましたが、全然そんなことはないんですね!これから「メカニックス」を聴きながらムステインの涙に思いを馳せたいと思います。

  2. うわぁー何かドエライ企業のヘッドハンティングみたいですね。参加したのに知らん振り!実際そのぐらいの高級は貰えるんだろうけど。トルヒヨさん参加後のライヴをまだ観たことがないのですが、やはりジェイソンのように頭をグルングルン回してはくれないのでしょうか?

  3. バンド加入が発表された直後、トルヒヨにスコット・リーダーがオーディションに参加したって本当?と訊いたら、「そういう噂は聞いたけど、知らないんだ」と答えていました。

  4. きっと知っているけど口を閉じているんだろうと思っていたのですが、DVDコメンタリーで「エリックもオーディションに参加してたの?」と驚いていたので、自分以外に誰がオーディションを受けたか本当に知らなかった可能性もあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください