読書の秋

”日本SFの父”海野十三の『赤外線男 他6編』を読みました。

昭和2年から8年までに書かれた初期短編集で、名探偵・帆村荘六*1が登場。

21世紀に読むとややアレな箇所もある空想科学探偵小説集ですが、中でも出色なのが「盗まれた脳髄」。

悪の科学者が他人の脳内の知識を盗んでしまう機械を発明し、よその科学者たちの知識を盗みまくります。

で、盗んだ知識をストレージしておく媒体が必要であると。

日本人だと脳に知識が詰まりすぎているのでストレージ出来ないけれど、頭がからっぽのアフリカ黒人なら空きがたくさんある。

それで悪の科学者の邸宅ではアフリカ黒人が数多く雇われている…というストーリーでした。

その黒人に話しかると、

「アナタ、タレ、アリマシュカ」

「ヨージ、ナニ、アリマシュカ」

とか答えます。

しかも最後に爆発して、「あとには一片の肉塊も残らなかった」。

*1:言うまでもないけどシャーロック・ホームズをもじった名前

投稿者:

yamazaki666

凸(--)凸(--)凸(--)凸(--) 玄関:http://yamazaki666.com twitter:http://twitter.com/yamazaki666 facebook : http://www.facebook.com/yamazaki666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください