2015-06-30

突然ドアベルが鳴らされて、「朝日新聞社会部の者ですが、近所のハヤシザキさんという方に関して…」と言われました。 よく知らないので「そんな人知りません」と言いました。 そしたら数時間後、東海道新幹線で焼身自殺した人が林崎春生(71)だと報じられました。 でも近所のハヤシザキさんは71歳ではないっぽいので、たぶん別人だと思います。

————-

近所に出来た中華屋にヒルごはんで行きました。 女給が無愛想でしたが、料理はおいしかったです。

2015-06-28

『Gスピリッツ』Vol.36が格闘技世界一決定戦特集で、むちゃくちゃ面白かったです。 モンスターマンとランバージャックのインタビューが!!
貴重な証言や写真の数々に加えて、猪木がアリを挑発して“勝った方がファイトマネー総取り”にした同意書コピー(大塚直樹所有)も超レア。
モンスターマンの息子さんが3月31日に何者かに殺害されたそうで、記事になっていましたが、“モンスターマン”とは書かれていませんでした。

2015-06-26

●PALLBEARER / NEPENTHES / COFFINS / ZENOCIDE @新大久保アースダム

大満足。 PALLBEARERは22:00ちょっと前に始まって 23:40過ぎに終演。
ヴォーカルがデス声ではなくて甲高いときもあるので大音量の高音がツン!と鼓膜から後頭部に抜けて、鼻血が出そうになりました。 よってライヴ後に会話した方々が何を言っているのかまったく判らず、頑張って読唇術を。 たぶんコミュニケーションが成り立っていなかったと思いますが、ご容赦下さい。
お客さんもかなり入っていたし、充実したイベントでした。

————

BSMF2459-SpinDoctors

記事を書きました。 ヤマハサイト『スピン・ドクターズが「トゥー・プリンセス」から22年、『ソングス・フロム・ザ・ロード』でブルース・ロック・バンドとして復活』
そのSPIN DOCTORS『SONGS FROM THE ROAD』日本盤CDは本日発売です。 SPIN DOCTORSというバンドに対するイメージがかなり変わる筈です。 ライナーノーツを書きました。

————

朝9時からSkypeでインタビュー。 とても話が筋道立っていて判りやすかったですが、思えばこの人は先生だったのだと。

2015-06-25

●【軽いネタバレ】ターミネーター:新起動/ジェニシス

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を見ました。 7月10日(金)日本公開。
戦士カイルが救世主の母となるサラ・コナーを守るため、未来から1984年に戻ります。 そこまでは1作目と同じだけど、サラ・コナーがゴリラではなくなっていた! そして液体金属ターミネーターがロバート・パトリックではなくイ・ビョンホンになっていた!

面白かったですが、この話が『ターミネーター』正史に組み込まれるのかと思うとウーン…と考えてしまいます。
そういう意味で、考えさせる『ターミネーター』としてはアリなのかも知れません。
これが新三部作の1作目なのだそうです。

まったく予備知識を仕入れずに試写会に行ったからいいけど、○○○○が××××であることをポスターで盛大にネタバレしているのは酷すぎまいか。

—————

●BLIND GUARDIAN @渋谷O-EAST

2015-06-19

SUPERSUCKERSのエディ・スパゲッティが喉頭癌の手術をするそうです。 支援しましょう。

———————-

ライナーノーツを書きました。 BLACK OAK ARKANSAS『THE COMPLETE RAUNCH’N’ROLL LIVE』。 以前Rhino Handmadeから限定盤で出たやつの再発。 極上のサザン・ロックです。 ドラマーのトミー・アルドリッジの乱打ソロもあり。

最初の5枚が入った『ORIGINAL ALBUM SERIES』も尻を蹴り上げます。

ところでハルク・ホーガンがBLACK OAK ARKANSASのベーシストのオーディションを受けたという噂がありましたが、ホーガン本人に訊いたところ、それはデマだそうです。

———————-

2200から電話インタビュー。
去年の6月からパソコンでSkype経由で電話インタビューをするようになったけど、それまでNTTとかだと1時間で3,500円とかだった通話料が150円とかになりました。
もちろんSkype同士だとタダです。 今までのは何だったんだろうかと思います。

2015-06-18

記事を書きました。 ヤマハサイト『“帰れない夏フェス”「サマーソニック2015」。マニックスとFFSは絶対に見なければならない』

————

英Classic Rock誌の新しい号(ボン・スコット表紙)のニュースレターで懐かしい名前が。 マシュー・トリップって偽ニッキー・シックスですよね。 ここによると昨年12月1日に亡くなったそうです。 雑誌も読んでみるつもりです。

2015-06-15

IMG_0380

昨日の戦利品。 まだ聴けていないので早く聴きたいです。

borisの『urban dance』『warpath』『asia』、5月2日のライヴのときおこづかいが足りなくて買えなくて、その後どこで買えるのかな?と思っていたら、現時点ではInoxia Recordsのウェブショップのみのようです。
次回、手にとって買えるのは9月のLeave Them All Behindになってしまうそうなので、Inoxiaで買っておいた方が良いと思います。
Inoxiaはどうやっているのか、日本から海外への送料がよそのウェブショップより安いらしく(伝聞)、海外ユーザーがけっこういるので、9月まで在庫があるかも判らないです。
ところでジャケットの人が昨日アースダムにいました。

AUMAのCD『FROM SHADOWS』を買い逃した人はバンドのウェブサイトにメールするのがベストと思います。 ウェブサイトは英語ですが、たぶん日本語でメールしても大丈夫でしょう。

nibsは会場無料配布CD-R。 ライヴも良かったし、現在STUDIO ZENで制作中というファースト・アルバムが楽しみです。

2015-06-14

ロリー・ギャラガーが亡くなって20年が経ちました。

RoryGallagher_19950616asahi

●ETERNAL ELYSIUM / AUMA / NEPENTHES / nibs @新大久保アースダム

4バンドとも良かった! 大満足です。

AUMAは最後にNEPENTHES根岸さんを呼び込んでMOTORHEADの「Love Me Like A Reptile」をやっていました。

Borisアツオさんから「ニンジャスレイヤーはちゃんと2話以降も見れ」とお叱りを。

2015-06-12

ダスティ・ローデスが亡くなったそうです…
I’ve wined and dined with kings and queens, and I’ve slept in alleys and ate pork and beans. アメリカン・ドリームを生きたレスラーでした。

スクリーンショット 2015-06-12 9.13.52

—————

ELECTRIC WIZARDの『TIME TO DIE』が廃盤になってしまう可能性があるそうです。 日本のアマゾンにはまだあるので、今のうちに押さえておいた方が良いかも知れません。

—————

●THE IRON MAIDENS / HATTALICA / MARY’S BLOOD @渋谷duo MUSIC EXCHANGE

2015-06-11

クリストファー・リーが亡くなったそうです…

——————

オーネット・コールマンが亡くなったそうです…

——————
記事を書きました。 ヤマハサイト『ドゥーム・メタルの伝説アンアースリー・トランスがふたたび現実となった日』。 UNEARTHLY TRANCE、ぜひ再来日してもらいたいですね。
そういえば『OUROBOROS』、現在Throne Recordsにまだ若干在庫があるそうです。 欲しい人は直接メールしてみて下さい。
あと『V』日本盤CDにはWINTERのカヴァー「Servants Of TheWarsmen」が収録されています。 たぶん1回プレスして終わりなので、お早めに。

——————

●ETERNAL ELYSIUM / AUMA全国ツアー後半戦

2015EE-AUMA-flyer1

ETERNAL ELYSIUM / AUMA全国ツアー、前半戦は盛況で、名古屋公演はソールドアウトとなったそうです。 そしていよいよ後半戦。

– 6月12日(金 )四日市 Vortex   w/Of the Spacistor
– 6月13日(土 )横浜 El Puente   w/Inside Charmer, Veritas Conc.75
– 6月14日(日 )東京・新大久保 Earthdom   w/Nepenthes, nibs

みんなで行きましょう!

2015-06-10

 ●マッドマックス 怒りのデス・ロード 【ネタバレ注意】

5月19日に続いて試写で2回目を見ました。3D。 前回は怒濤のラストのディテールが何だか凄すぎて付いていけないほどだったので、冷静に見ようと思いましたが、冷静に見れるわけもありません。 おそらく6月20日の公開後も何回か見なければならないと思います。
やはり火噴きギター男ドゥーフ・ウォリアーは最高すぎます。 こんな映画なのに違和感なくエロいお姉さんや裸女を出すことを可能にしているのも最高すぎ。 というか全部最高すぎ。

ところで社会が崩壊した後の暴力が支配する世界ということで『バイオレンスジャック』と『マッドマックス』はもう30年以上前から比較され尽くしてきたと思いますが、今回もインモータン・ジョーが『新バイオレンスジャック』のスカルキングに似ていたり、関東地獄地震前にモデルだった女性たちが荒くれ男に犯されまくるというのも共通していますよね。
あとスラムクイーンが死んだときスラムキングが意外にシュンと落ち込むのも、インモータン・ジョーに踏襲されています。

2015-06-09

●ワイルド・スピード スカイ・ミッション 【軽いネタバレ】

映画『ワイルド・スピード スカイ・ミッション』を見ました。第7作目。 原題は『Furious 7』。1作目の原題が『The Fast And The Furious』で4作目が『Fast & Furious』だったり、なんだかタイトルの統一が取れていませんが、そんなことより内容は最高です。
ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、トニー・ジャー、ロンダ・ラウジーが初登場。 いずれ『ワイルド・スピードvsエクスペンダブルズ』とかやって欲しいです。 そうしたらジェイソン・ステイサムがどっちサイドになるのかとか、ロックvsオースティンがそのままWWEだとか、さまざまなハードルはあると思いますが。
ロックは最初の方で大活躍して、骨折して入院して中盤はお休みですが(病室でテレビに映っているのが自分のアメフト時代の試合とか『超人ハルク』とか)、後半になって「入院などしていられるか!」と腕のギプスを筋肉の膨張でバリバリと破り、救急車に乗って悪者のドローン機に突入して爆発、でも生きていて機銃を乱射するなど、オイシイところを持って行きます。 そのあいだ主役の筈のヴィン・ディーゼルは駐車場でボコボコ殴り合いをしています。
これが最後となるポール・ウォーカーとの別れのシーンは泣きます。
CGや弟を使ったり、ほとんど違和感がないので、このまま続投もアリな気がしますが、これでシリーズからさよなら、というのがベストなのでしょうね。
次回はカート・ラッセルがもっと活躍しそうで、ジェイソン・ステイサムもこのまま黙っていないだろうし、昏睡状態だった弟が復活して『9』か『10』あたりで脱獄させるのでは…?と期待です。
シリーズの最初の方は路上で車が走るだけでしたが、今回は車が飛行機からパラシュート落下したり高層ビルから高層ビルにダイブしたり、どんどんエスカレートしています。 ヴィン・ディーゼルは全10作になると言っているそうですが、最後はどこまで行くのかドキドキです。 月面まで行くかも知れませんね。

2015-06-08

●FU MANCHU: KEPT BETWEEN TREES再発

A1RwQSL2HfL._SX425_

FU MANCHUのデビュー・シングル「Kept Between Trees」が10インチ・アナログ盤として再発されました。
初期シングル・トラック集『RETURN TO EARTH 91-93』にも収録されていなかったので、聴いていないファンもけっこういると思いますが、後の彼らとは雰囲気が異なり、スピードも抑えめです。
オリジナル盤7″(Slap A Hamから出た)の3曲に加えて未発表曲「Blowtorch」、そしてさらに未発表曲「Flashin’」のダウンロード・コードが付いています。

2015-06-07

スマホゲームのWWE IMMORTALS、電車待ちとかの時にやっているのですが、ブロック・レスナーに馬乗りパンチされると3発目で顔面が潰れて血がブシャーとか、ジョン・シナの必殺技コンボがブルドッギングヘッドロック→アティテュードアジャストメント→突然走ってきたジープに轢かれて死亡とか、これはさすがに幼児にはやらせられないな、という気がします。
あとジョン・シナEvolvedを入手してしまうと、ある程度のレベルの相手には無双になって、ただのいじめに近くなってしまいます。 まあ、わざと弱いチームを編成し直してやれば楽しいのですが。

チームのスタミナは満タンだ。 Go fight!