阿佐ヶ谷アニメストリートがオープン

阿佐ヶ谷アニメストリートが今日オープンしたので、ちょっと覗いてみました。

JRの子会社がやっているので、子宮に直接注ぎ込む断面図とか毛ズネがこすれあうBLとか触手3ッ穴同時挿入とか(想像力が貧困ですみません)、そういうのはナシです。現時点ではつまらないという以外の感想はありませんでした。

ただ、これで見切ってしまうのは早計というもので、今後発展していく可能性はあると思います。メインストリートはイマイチでも、裏通りにアンピュティラブドール屋とかメイド風俗とか昭和エロ劇画専門古書店が増えて、裏阿佐ヶ谷文化が発展すれば、メインストリートにも人が増えて、ひいては町全体が盛り上がるのではないでしょうか。 そういう盛り上がり方の是非についてはいろいろな意見があるとは思いますが。

ところで阿佐ヶ谷のご当地アイドル“阿佐ヶ谷家”をいつか見に行こうと思ったら、去年9月に解散していました。 でもメンバーの1人がBISに加入したそうで、しかもRINGO DEATHSTARRのファンなのだそうです。 ただ、このコショージという方、写真を見るかぎりあまり可愛く見えないのですが…

2014-03-29

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』で学んだ英語。frog eye = 股間のモッコリのこと。ちなみに股間のクイコミはcamel toeですね。

ところでクロエさんが体育会系の馬鹿に「ヘイ!そこのroid rage!」と声をかけるシーンがありました。ステロイドをやると怒りっぽくなる現象のことで、クリス・ベノワが無理心中をしたのもroid rageによるものではないかと言われていますが、アメリカのハイスクールでは日常会話で使うのですね。

2014-03-28

ジェフ・ベックのニュー・アルバムは来日に間に合いそうもありませんが、直前にEPを発売!タイトルは『YOSOGAI』

————–

BLOOD FARMERS『HEADLESS EYES』、ディスクユニオンで早くも初回入荷分が売り切れだそうです。来週ぐらいに再注文分が入荷するという噂ですが、レーベル直販だと送料込みで$19.49なのでちょっと安いです。海外通販のリスク料を200円と見て高いか安いか、いろいろな考え方があると思いますが、本作を聴かないという選択肢はありません。

ところでレーベル直販では『BLOOD FARMERS』リーフハウンド日本盤デッドストックCDも$13.99+送料で売られていて、これはそうとうなお買い得ではありますまいか。

————–

朝10時から電話インタビューをしました。

2014-03-26

記事を書きました。KAWADE夢ムック『文藝別冊ディープ・パープル』で、イアン・ギランへのインタビューと歌詞についての記事とアルバム紹介何枚か。 アナルについても。

そういえば1999年にリッチー・ブラックモアに電話インタビューしたとき、何故か“女装の魅力”についての話題になりましたが、行数の関係で未発表となっています。

EARTH Japan tour 2014

2012年9月の奇跡の来日公演から1年9ヶ月、2度目の来日が実現! EARTHを見ることは現代を生きることの証です。

shows**

6/4(水)大阪:東心斎橋Conpass w/ 山本精一ユニット

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,800 / 当日 \5,300 (ドリンク代別)

問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

6/5(木)東京:新大久保Earthdom w/ NEPENTHES

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,800 / 当日 \5,300 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

6/6(金)東京:新代田Fever w/ ジム・オルークと7秒ビジネス、ROLLO

open 18:00 / start 19:00

前売 \5,300 / 当日 \5,800 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Fever 03-6304-7899

ticket**

4/5(土)より下記にて発売開始

大阪: ぴあ(P:228-221)、ローソン(L:57844)、e+、会場

東京/新大久保: ぴあ(P:227-537)、ローソン(L:74268)、e+、会場

東京/新代田: ぴあ(P:227-537)、ローソン(L:74668)、e+、会場

—————

MONOがTHE OCEANのレーベルPelagic Recordsから今秋、新作を出すそうですね。日本で一緒にライヴとかやって欲しいです。

BLOOD FARMERS: HEADLESS EYES

f:id:yamazaki666:20140324061319p:image

子供の頃『ヴェニスの商人』のガキ向けのやつを読んで、モロッコの王子が金の小箱を開けたらドクロの絵があって「ああ、地獄だ!」と叫んでいたのを覚えていますが、原文では「O hell!」でした。大人向け日本語版は手元にないので、どうなっているか判りませんが、もう少し意訳しているのではないかと思います。 BLOOD FARMERSのニュー・アルバム『HEADLESS EYES』を聴いて最初に抱いた感想は、「ああ、地獄だ!」というものでした。19年ぶりのセカンド・アルバム、遂に完成です(デモ集を入れると3枚目)。

2008年3月に奇跡の来日、そのとき既に新作アルバムの話をしており、2010年1月にはデモが公開されたりしましたが、宿命の瞬間が到来したのであります。

古き良き、黒みがかった血まみれドゥーム・メタルが全6曲45分。まだ1度しか聴いていませんが、前作『BLOOD FARMERS』同様、長く聴き続けることになるであろうアルバムです。アラビアの香水をいくら使っても、血の臭いは落ちません。

現時点ではCDのみリリース。ディスクユニオンにまとまった数が入荷するのに加えて、バンド公式サイトから通販も出来ます。自主制作盤ですぐに入手困難になると思うので、お早めに。

VISAGE @高円寺HIGH

w/前座:THE SODOM PROJECT / RIS / BLITZAGE

Never Enough / Pleasure Boys / Hidden Sign / Mind Of A Toy / Dreamer I Know / The Damned Don’t Cry / Diaries Of A Madman / Whispers / Shameless Fashion / The Anvil / Night Train / Fade To Grey // Visage

ギターはロビン・サイモン。キーボードはLogan Skyという人でした。

MCで「Whispers」のとき「TDKのコマーシャルを覚えているかい」、「Anvil」のとき「ニューヨークのクラブについて。昔gayはハッピーという意味だったんだよ」「Night Train」のとき「好きじゃない曲。帰りたい」と言っていました。どこまで本気なんだかは判りません。

2014-03-21

記事を書きました。 CDジャーナルのアンディ・サマーズ・インタビュー

————–

記事を書きました。 ヤマハサイト『渦中のギタリスト、ウォーレン・ヘインズ率いるガヴァメント・ミュールが2014年4月に来日。サザン・ロックの過去・現在と向かい合うライヴの行方は』

————–

記事を書きました。 ASIA『GRAVITAS』日本盤CDについているジョン・ウェットンとジェフ・ダウンズ・インタビュー。

このアルバムに「Joe DiMaggio’s Glove」という曲があって、邦題は「ジョー・ディマジオズ・グローブ」ですが、最近では野球で使うやつはグローブよりグラブと呼ぶのが主流みたいですね。僕が若い頃はグローブ表記がメインだった気がしますが、ミズノローリングスも現在はグラブ表記になっていました。 でもASIAのファンはグローブ世代のおじさまが多いと思われるので、グローブで正解でしょう。

ちなみにボクシングの場合はグローブのままみたいです。ウィニングはグローブと表記しています。同じ企業で野球グラブとボクシンググローブが混在するのか?と思って調べてみたら、ミズノはボクシングシューズしか作っていなくて、グローブは作っていませんでした。

おっ、ナイキはグローブ表記だ! ということは世代うんぬんではなく、単に企業の方針でグラブとかグローブにしているのでしょうか?謎が深まります。

ところで実はRoger Gloverはロジャー・グラヴァーです。

2014-03-20

CALIFORNIA BREED『CALIFORNIA BREED』からの「Sweet Tea」ビデオ。グレン・ヒューズ凄すぎ。

グレン・ヒューズは問答無用で最高です。“KLF withグレン・ヒューズ”とか“ダン・エイクロイド&トム・ハンクスwithグレン・ヒューズ”とかも。 “Boris withグレン・ヒューズ”は凄そうなので、ぜひ実現させて欲しいです。

僕がどうしてもMY BLOODY VALENTINEにはまり切れないのはヴォーカルのせいが大きいので、やはりグレン・ヒューズを加入させて欲しいです。

—————

フィル・ハリスという人、現在ゲイリー・ムーアのグリーニー・レスポールの管理人となっていて、『STILL GOT THE BLUES』レスポールをゲイリーに売った人としても知られていますが、「1970年代にやっていたバンドでゲイリーと何度か関わりがあった」と言っています。ぐぐってみたら、先日クラプトンと一緒に日本に来たポール・キャラックとACEというバンドをやっていたみたいですね。

2014-03-18

The Asylumといえばパクリや便乗など何でもアリの志の低さで知られる映像メーカーですが、今夏公開のザ・ロック主演『ヘラクレス』にぶつけてくるのは、同じく元WWEのジョン・モリソン主演の『ヘラクレス』!

さらにサメ物でも知られるThe Asylumですが、最新作は『メガシャークvsメカシャーク』!やばい!見たい!

ACID MOTHERS TEMPLE & SPACE PARANOID @秋葉原クラブグッドマン

ACID MOTHERS TEMPLEがBLACK SABBATHをプレイする!という夢のライヴ。 アルバム『BLACK MAGIC SATORI』も凄かったですが、ライヴはもっと凄かったです。約2時間半、もちろんスペース・ジャムを入れまくりでした。

曲目は

Iron Man / Sweet Leaf / The Wizard / War Pigs / たぶんSABBATHじゃない曲 / プロフェッサーギルのテーマ / Tomorrow’s Dream / Black Sabbath / Paranoid // NIB (inc. RAINBOWのStill I’m Sad風ジャム)

かな?たぶん間違っているので訂正お願いします。

会場限定ライヴCD-R『LIVE IN KOCHI 2013: MY NAME IS LUCIFER』も販売されました。

f:id:yamazaki666:20140316130851p:image

2014-03-14

記事を書きました。 ヤマハサイト『【ライヴ・レビュー】ナイン・インチ・ネイルズ来日公演 2014年2月28日 東京・新木場スタジオコースト』

————-

記事を書きました。 ヤマハサイト『UKネオ・プログレッシヴ・ロック界の曇り空の下、アナシマの新作への期待と来日祈願』。 すみません。先週掲載のやつです。 この記事を書く前に『UNIVERSAL』を見ていたのでした。

————-

記事を書きました。 プレイヤー誌4月号のゲイリー・ムーア3周忌記事。 まだゲイリーについて書くとき冷静になれないです。今回の記事のツボはゲイリーを知っていたミュージシャン達のコメントで、いろんな人にインタビューするたびにゲイリーのことを訊いていました。マイケル・シェンカーやヴィヴィアン・キャンベル、デイヴ・メニケッティらのコメントが興味深かったです。

————-

ライナーノーツを書きました。 PRETTY MAIDS『LOUDER THAN EVER』。セルフ・カヴァー集で、目立たない時期の曲で「あっこんなに良い曲だったのか」と気付かされたりします。 PRETTY MAIDSとの出会いは1983年頃、新宿キニーで、Bullet Recordsから出たミニアルバムを買いました。同じときにMERCYFUL FATEのミニアルバムも買ったのを覚えています。店の前でバイトに「荷物置いてくださーい」と言われました。

————-

今日はおでかけ。ジェフ・ベック『BLOW BY BLOW』SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションの試聴会。 あまりに歴史的すぎる名盤で、真っ正面からじっくり聴き込むのはいつぶりか判らないほど久しぶりですが、溜息すら出ない素晴らしさを再確認。ジョージ・マーティンのプロデュースで、5.1chで聴きがいのある作品でもあります。 今回は当時出たクアドロフォニック(4ch)盤をマスターにしているので、通常盤とは2箇所?ぐらいギターが異なるところがあります。

将来的には『ORANGE ALBUM』の5.1ch SA-CDも出るかも知れませんが、『ビート・クラブ』ヴァージョンの「Definitely Maybe」も5.1ch化してオマケに付けて欲しいです。

2014-03-10

花粉症とは無縁で、杉並木の真っ只中をカンラカラカラと大笑しながら突っ切れると思っていたのですが、今日はいつもより鼻水がたくさん出た気がします。この歳になって花粉症デビューなのか、それとも単なる風邪なのか。

すべり台に乗りました。