NINE INCH NAILS @新木場スタジオコースト

夏フェスの豪雨と雷鳴の中もいいけど、密閉された空間でのNINE INCH NAILSも良いですね。 …と、最終日に行ってきたわけですが、「25・26・28日ぜんぶ行くのがデフォ」とか言われても、こっちだって仕事があるわけで、25日は普通に忙しくて、26日にはストーンズを見に行っちゃったし、その帰りの電車でipodで聴いていたCRIPPLE BASTARDSの新しいやつ『NERO IN METASTASI』がすごく良くて、Obscene Extremeにも行きたいなとか考えながら、あと「クラプトン武道館最終日、キース・リチャーズが飛び入りするみたいよ」というのも事前に聞いていて、心が動かなくもなかったのですが、でも結局NINE INCH NAILSだよなというわけで行くことにしたわけです。 

で、最新アルバム『HESITATION MARKS』去年のパーソナルベスト2位だったぐらい好きなのですが、昔の曲もあれもこれも聴きたいわけで、贅沢は言わないからせめて「Wish」と「Closer」ぐらいは…と思ったら、初日と2日目は「Wish」をやって、今日だけやらなかったそうです。 「All Time Low」の最後にyou get me closer to god~♪と歌っていたけど、あれで「Closer」をやったわけにはならないのであって、しかも2日目には「Burn」をやったと聞いて、とりあえず死んでみました。

でも終わってみれば満足度は非常に高かったです。トレント・レズナーは今日も固太りマッチョでした。

2014-02-26

パコ・デ・ルシアが亡くなったそうです。

———–

朝ローソンに行くときドゥームのおじちゃんがいました。

———–

記事を書きました。 ジョニー・ウィンター『TRUE TO THE BLUES – THE JOHNNY WINTER STORY』ライナーノーツ。全58トラック、ジョニー・ウィンター浸けです。幸せです。 収録曲についてちょっとしたエピソードを交えながら解説を書いたら、1万字を超えてしまいました。

———–

記事を書きました。 ブルース&ソウル・レコーズNo.116でブルース・ロック・コーナー。 特集はエリック・クラプトン。僕は特に何も書いていません。クラプトンは来日公演もパスです。興味ないわけでもないというかもちろん興味はあるのですが、まあ要するに仕事がいっぱいあってお金がないということです。 クラプトンのオールタイム・ベスト・プレイはBLUESBREAKERS時代の「(They Call It) Stormy Monday」だと思います。

———–

記事を書きました。 ギターマガジン3月号でTHE ROLLING STONES映像作品について。

———–

記事を書きました。 Gwyn Ashton『RADIOGRAM』ライナーノーツ。 ロリー・ギャラガー大好きッ子のギター・スリンガー親父の日本デビュー盤CDです。 ロバート・プラントの「Big Log」が気に入っているとのことで、ロビー・ブラントがゲスト参加。さらにドン・エイリー、そしてMAGNUMのマーク・スタンウェイがゲスト参加。

———–

記事を書きました。 CTHONICのBarksインタビュー記事。実は2月8日に掲載されていました。 HMVサイトのインタビュー記事とあわせてご覧下さい。 ライヴDVD『演武』ライナーノーツも書いています。 CHTHONICは今日、渋谷O-EASTでのライヴがありますね。

2014-02-25

JR千駄ヶ谷駅からホープ軒やビクター幽霊スタジオなどに向かうとき、東京体育館の横の真っ暗なゾーンを通りますが、EMPERORのファウストがゲイナンパの人を刺殺したのはこんなロケーションだったのかな?と考えてみたりしました。 リレハンメルオリンピック会場の外だから、もっと田舎なのかな?

2014-02-19

ノア仲田龍が亡くなったそうです。

————

レイ・ケネディが亡くなったそうです。スーパーロック84から今年で30年。

————

ビッグ・ダディV(ヴィセラ)が亡くなったそうです。まだ43歳。心臓発作だったそうで、命を削りながらあの体型を維持してきたのですね…

SEPTICFLESH / EYECONOCLAST / SVART CROWN / 兀突骨 / FENRIR / CLARET ASH @渋谷サイクロン

今日のSEPTICFLESHのセットリストは

The Vampire From Nazareth / Communion / A Great Mass Of Death / Pyramid God / Unbeliever / Lovecraft’s Death / Persepolis / Anubis / Five Pointed Star

かな? 間違っていたら教えて下さい! →【追記】直しました!

公演前の記事ですが、Yahoo!ニュースのこちらもよろしくお願いします。みなさんのアクセスが命です。 ちなみに訪問者属性は男性が81.5%。(´・ω・`)

ところでSEPTICFLESHの現時点での最新作『THE GREAT MASS』(2011)ではライナーノーツを書いています。こちらもよろしく。

神戸2日目

ブルーベルレコード → フリークアウトレコーズ → ワイルドハニーパイ → ダイナマイト → 立ち食いラーメン屋 → 新長田

三宮高架下といえば生前の仲田龍が愛人といわれる女性にあてがった飲み屋『NOAH Z』があった場所ですが(閉店済)、なんか汚いごちゃごちゃした所でした。あんまり愛人にあてがうようなロケーションではない気がしました。

ブルーベルレコードにUNBURIED『SLUT DECAPITATOR』があって、”ギターはMatt Pikeでっせ!”とポストイットで貼っていたのでCDブックレットを見せてもらったら、明らかに別人でした。同姓同名の人のようです。

新長田は横山光輝先生の生誕の地だそうで、鉄人28号と三国志で町おこしをしています。身長18メートルの鉄人28号はけっこう燃えますが、横山先生自身についての記念館とかがあったらいいのにと思いました。 あと三国志キャラが横山先生版に準拠しているので、歴女にはウケない気がします。 バビル二世とかマーズとか時の行者とかあばれ天童とか闇の土鬼とかも商店街でフィーチュアしてくれたら、また行きます。

神戸初日

神戸に行ってきました。

横尾忠則現代美術館 → 八坐和の神戸牛 → 老祥記の豚まん → ハックルベリー → ロックンロールエイズ → GAPON → ちんき堂 → りずむぼっくす元町店

八坐和は知らずに入ったのですが、入り口を入るとドドーンとE.YAWAZAタオルが張られていて、店内BGMは全部永ちゃんでした。

SHIRLEY BASSEY: BASSEY SINGS BOND

f:id:yamazaki666:20140213210348j:image

THE ROLLING STONESがデビュー50周年というのも凄いですが、シャーリー・バッシーは1953年デビューなので60周年です。ひえー

彼女はイギリスの国民的演歌歌手で、『ゴールドフィンガー』『ダイヤモンドは永遠に』『ムーンレイカー』と3回も007映画の主題歌を歌っていますが、2002年に『BASSEY SINGS BOND』というアルバムを出していたのを今更知りました。他の人が歌った007映画主題歌を自分で歌ったCDです。 007ファンなら彼女のコブシの効いた歌い方をご存じと思いますが、あのまんまで『死ぬのは奴らだ』『私を愛したスパイ』『ユア・アイズ・オンリー』『オクトパシー』『美しき獲物たち』などを熱唱しています。ドスが効いていて、DURAN DURANやシーナ・イーストンがパンツ一丁で逃げ出しそうです。

『ゴールドフィンガー』『ダイヤモンドは永遠に』『ムーンレイカー』もニュー・アレンジで再録しています。

『女王陛下の007』の「We Have All The Time In The World」をレゲエ調で歌っているのも面白いです。

そういえば『モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン』のオープニング曲「Brian Song」もシャーリー・バッシーのパロディですね。

2014-02-07

f:id:yamazaki666:20140207073341j:image

SUNN O))) & ULVER『TERRESTRIALS』ライナーノーツを書きました。日本盤は2枚組で宗教的恍惚がより長く続くのでおすすめです。

ノルウェー語で「狼」はulvが最も使用されるけど、地方によってvarg、gråbein、skrubbと呼び名が異なるそうです。サメとフカの違いみたいなものかな?

f:id:yamazaki666:20140207073342j:image

CHTHONIC『演武 IAN BU』ライナーノーツを書きました。 フレディ・リムはこのライヴが収録されたフォルモズ・フェスティバルのオーガナイザーの一人でもあるそうで、しかもアムネスティ・インターナショナル台湾支部長だったり、どんだけ忙しい人なのだと驚かされます。インタビューでアムネスティでの活動についても話してくれましたが、台湾先住民のことや死刑廃止のことなど、頭の悪いジャーナリストに噛んで含めるようにとても判りやすく説明してくれました。

———–

記事を書きました。 『テデスキ・トラックス・バンドが渋谷公会堂で凄腕ライヴ披露!盟友ドイル・ブラムホールⅡも共演!』

where are you now?

記事を書きました。 ヤマハサイト『ホークウィンド・インタビュー【前編】/デイヴ・ブロックが語る、幻の来日公演とアルバム『スペースホークス』』

今週と来週の前後編、トータル1万字インタビューです。

前編はHAWKWINDの最新アルバム『SPACEHAWKS』ネタ中心です。13日(木)掲載の後編はドラッグとかジンジャー・ベイカーについての話題も。

毎度のことだけどせっかく書いたのだから拡散希望。