2013年パーソナルベスト10アルバム

Yahoo!ニュースで先行公開した2013年の総括とパーソナルベスト10アルバム選ですが、こちらでも発表しておきます。

f:id:yamazaki666:20130507162120j:image

1. QUEENS OF THE STONE AGE: …LIKE CLOCKWORK

2. NINE INCH NAILS: HESITATION MARKS

3. RED FANG: WHALES AND LEECHES

4. THE OCEAN: PELAGIAL

5. DAVID BOWIE: THE NEXT DAY

6, BLACK SABBATH: 13

7. CLUTCH: EARTH ROCKER

8. ARCADE FIRE: REFLECTOR

9. LOCRIAN: RETURN TO ANNIHILATION

10. FIVE FINGER DEATH PUNCH: THE WRONG SIDE OF HEAVEN & THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL Vols. 1 & 2

曲単位で一番たくさん聴いたのは、QUEENS OF THE STONE AGE「Fairweather Friends」とBLACK STAR RIDERS「Bound For Glory」でした。

———-

よそのあちこちのウェブサイトで年間ベストを見ていたのですが、どこのサイトも似たようなアルバムを選んでいるのが少々気になりました。 もちろんDEAFHEAVENやSUBROSAのアルバムは良かったのですが、DEAFHEAVENの『SUNBATHER』を大プッシュしている人たちは、前作『ROADS TO JUDAH』の時はどこにいたのかな?…と首を傾げたくなる気も。 去年はあちこちの年間ベストでPALLBEARER『SORROW & EXTINCTION』がマンセーされましたが、それと同じで、誰かが高評価したからそれに付和雷同コピペしたような感じもします。

———-

ところで、CHURCH OF MISERY『THY KINGDOM SCUM』が米ローリング・ストーンの20 Best Metal Albums of 2013の13位にランクインしたのは凄いことだと思います。 ただ、ローリング・ストーン誌といえばけっこうな影響力がある筈なのですが、ベスト20入りしているバンドが全部プール付きの家に住むほどCDセールスや興行収入があるわけではないのは、マスコミ人気と一般人気の乖離、あるいは音楽市場の規模がそれほど小さくなっているということでしょうか。

———-

それはそうと、CHURCH OF MISERYは僕が見た数十の年間ベストで、日本人アーティストとしては最も高く評価されていた1枚でした(たまにMELT BANANAもランクインしていた)。

———-

昨日Terrorizer誌1月号を読んでいたらELECTRIC WIZARDが11月にニュー・アルバムのレコーディングを終えて、1月にミックスすると書いてありました。そうすると出るのは春~夏ぐらいでしょうか。 ELECTRIC WIZARDといえばRise Above Recordsとなんかモメているっぽい噂がありましたが、記事ではどのレーベルから出すとも書いてありませんでした。 噂どおりELECTRIC WIZARDとMOSSがいなくなると、Rise AboveのエースはCHURCH OF MISERYになるわけですが(UNCLE ACID & THE DEADBEATSは格下だと思います)、はたしてどうなることでしょうか。

———-

2014年はしょっぱなからポール・ロジャース『THE ROYAL SESSIONS』SUNN O))) & ULVER『TERRESTRIALS』などが出ます。素晴らしい音楽とたくさん出会えそうな1年なので、楽しみです。

———-

2013年パーソナルベスト10映画は、1月21日発売の映画秘宝3月号で参加させていただきました。

2013-12-28

映画『プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』が1月25日から公開されます。HDニューマスター5.1chで25年ぶりの劇場公開だそうですが、今回の公開にあたって字幕を山崎がやっています。

また、劇場で販売されるパンフレットで、荒木飛呂彦先生と安齋肇先生へのインタビュー記事を書かせていただきました。

ところで『ジョジョ』第三部でダービー兄が賭けに勝ってメダル化したスティーヴン・ムーアの父親で、同じくメダル化されたのがGARIE MOORという人でした。さらにその下にはCHRISTIAN VANDERという人のメダルがあります(23巻33ページ)。これは単行本描き下ろしかも知れません。当時、雑誌の端っこにペン習字とか通信教育空手とかの広告が載っていた部分かな?

アルバムの方の『SIGN OF THE TIMES』も素晴らしいので、未聴の方はぜひこれを機会に聴きましょう。

2013-12-27

記事を書きました。 Yahoo!ニュース『2013年のロック・ミュージックを振り返る』。2013年のパーソナル・ベスト・アルバムもYahoo!ニュースで先行発表です。大晦日に拙ブログでさらに2013年を振り返るかも知れません。

————

記事を書きました。 ヤマハサイト『ポール・ロジャース、ソウルを歌う。『ザ・ロイヤル・セッションズ』』。  ニュー・アルバム『THE ROYAL SESSIONS』、素晴らしいです。オーティス・レディングの「I’ve Been Loving You Too Long」を筆頭に、本当に涙が出ます。

————

ライナーノーツを書きました。『アムネスティ・インターナショナル・プレゼンツ/ザ・ヒューマン・ライツ・コンサート1986-1998 アルティメット・エディション』。  DVD6枚組ボックスで、トータル17時間近く!の超巨編。ライヴ出演アーティストがU2、THE POLICE、ブルース・スプリングスティーン、ピーター・ゲイブリエル、ジミー・ペイジ&ロバート・プラント、RADIOHEAD、ルー・リードなどなど豪華きわまりないのに加えて、ジェフ・ベック&シール「Like A Rolling Stone」やオジー・オズボーン「How?」(ジョン・レノンのカヴァーね)ミュージック・ビデオなど、密度が濃すぎます。  年末年始はこれさえあれば他に何もいらないです。

————

SUNN O)))名義での作品としては久々の、ULVERとのコラボレーション・アルバム『TERRESTRIALS』が2月5日に発売となりますが(日本盤CDはボーナス・ディスク付き!)、さらにSUNN O)))の2012年のライヴを収めたアナログ・オンリーの『LA REH 012』も出ますね。 まだプリオーダー状態だし直販ストックも700枚ぐらいあるみたいなので、日本アマゾンとかで買えないか少し様子を見てみようと思います。 3月にはスティーヴン・オマリー/灰野敬二/オーレン・アンバーチとのNAZORANAIでの日本でのライヴもあるし、いろいろ楽しみです。

2013-12-21

WWE NXTのJ SPORTSでの放送が今年いっぱいで終わりだそうです。最近はRAWとSMACKDOWNのマクマホン家&娘婿のパワハラ路線がイマイチで、NXTの方が面白かったぐらいなので残念でなりません。

現在のチャンピオンはマイク・ロトンド(IRS)の息子ボー・ダラスなのですが、感じの悪い笑顔が洗脳時代の貴乃花にも通じるインパクトを放っています。このキャラの強さは、ボブ・オートンJrの息子ランディ・オートンに匹敵するのではないかと思います。

ボー・ダラスの兄のブレイ・ワイアットもWWE本隊でカルト教団おやじキャラで活躍中です。必殺技はシスター・アビゲイルで、得意ムーブはブリッジしたまま歩くスパイダー・ウォーク。

その他も試合中に携帯で自分撮りするナルキャラのタイラー・ブリーズとか、変なおどりを踊るエマとか、ブルガリア力士のアレクサンダー・ルセフとか、フレディ・マーキュリーキャラのエイダン・イングリッシュとか、若い頃のリック・フレアーそっくりの娘シャーロットとか、素敵な若手スーパースターズが群雄割拠しています。

まあネットで見ればいいんだけど、せっかく盛り上がっていたのに。ちぇっ

WWE NXT放送再開希望メールはこちらまで

————–

そしてMORTALIZEDが解散

2013-12-20

咳き込むほど仕事中。

——-

『あぶさん』があと3回で終わりだそうで、そうなるとやはりドリームトーナメント決勝でドカベンvsあぶさんが実現するのだと思いますが、それ以前のどの試合で最終回になってもいいように毎試合山田がホームランを打って勝利するのではないでしょうか。 トーナメント優勝後アメリカ代表チームと対戦!マウンド上で待っていたのは小林真司!…というところまで水島先生には頑張って欲しいです。

ところで拙ブログでドカベンねたを書いたときのアフィクリック数の少なさは尋常ではなく、『ドカベン』31巻とかやっても、クリック数ゼロだったりします。

——-

そしてVLCがクリスマス仕様に。

2013-12-18

SEX PISTOLSとの共演でも知られる大列車強盗ロナルド・ビッグスが亡くなったそうです。84歳。

———-

続々・アフィ乞食受難の時代。アマゾンのCDアフィリエイト代が2%、書籍が3%に下げられたわけですが、2014年元旦からフィギュアのアフィ代が0.5%に下げられるそうです。拙ブログからフィギュアを買う人はほぼ皆無なので関係ないといえばないのですが、いきなり4%→0.5%というあたり、フィギュアとかを買う人に対するアマゾンの姿勢が透けて見えるような気がします。

2013-12-17

自分が向かう先が代々木八幡なのか代々木上原なのか判らなくなって、代々木上原に行ったら駅の風景がやっぱり違うので代々木八幡に向かおうとして、思えば地下鉄も通っていたなと思って千代田線の代々木公園でいいんだっけ?…と、徘徊しました。

———-

札幌のThird Earって年内で店舗は閉店なのですね。通販は続けるそうですが、一度はお店に行ってみたかったので残念です。

Sharknado

f:id:yamazaki666:20131218184143j:image

映画『Sharknado』を見ました。志の低さで知られるThe Asylumの作品です。タイトルがシャークとトルネードを合体させた造語で、竜巻が起こって大量のサメが巻き込まれて人間を襲うという、タイトルですべてが判る映画。いくらなんでもこんなに大量のサメが竜巻に巻き込まれないだろとか、家庭用ガスボンベみたいなのを爆発させたら相殺されて巨大竜巻が消えるとか、ストーリーはテキトウだし映画作家としてのプライドのかけらも感じられませんが、面白い映画を作ろうという気合いだけは伝わってくるし、実際面白いです。『Sharknado 2』制作も決定、なんだかカレンダーとかも売っています。

ヘリコプターで竜巻の中にガスボンベ爆弾を投げ込むのですが、巨大竜巻に接近してのセリフが「We’re gonna need a bigger chopper」。感動的なまでの志の低さです。

なおThe Asylumの『ダブルヘッド・ジョーズ』も双頭のサメが襲ってきて、主演がカーメン・エレクトラ(トミー・リー、フレッド・ダースト、デニス・ロッドマン、デイヴ・ナヴァロとヤリ友)とブルック・ホーガンという、とても志の低い作品でした。

ちなみにサメ+タコの合体怪獣が襲ってくる『シャークトパス』はThe Asylumではなく、志の低い映画を作り続けて50年!のロジャー・コーマンがプロデュースしています。

ブルック・ホーガンは『ビーチ・シャーク』にも出ています。水陸両用ザメが襲ってきます。昔インタビューした際には、こういう映画に出たいとは語ってなかった気がします。これはまだ見ていないです。原題は『Sand Sharks』。制作会社とかは知りません。

2013-12-12

記事を書きました! ヤマハサイト『2014年1月、Y&T・ウィンガー・ファイアーハウスが来日 / デイヴ・メニケッティ(Y&T)インタビュー』。 インタビュー前に2010年の『FACEMELTER』を久々に聴いたけど、とても良かったですよ。

————

アイカツ!のオープニングとプリティーリズム/ディアマイフューチャーのエンディングでダブステップが使われてちょっと驚いたというか、昨今のジャリ向けアニメ主題歌事情は何ひとつ知らないので、驚くべきものなのかすらも判りません。

2013-12-11

取扱い厳重注意のニュー・アルバムを聴きました。 そうとう期待が膨れあがっていたのに期待どおりの素晴らしい作品です。発売日を考えると今年でなく来年のベスト10には入ると思います。

…と書いたところでふと、2012年のパーソナルベストを発表していなかったことにこの期に及んで気付きました。 パソコンの「MISC」フォルダーを開けてみたら今年5月初旬に選出したベスト10がありましたが、もう今更発表しなくてもいいよね!(^д^)ハハハ

2013-12-10

とある映画の字幕翻訳というのをやっていたのですが、ゲットダウンヨーとかブリングダットシットとかフーとかホーとか、日本語に出来ねえよヲラ。

さりげなく訳しづらいのはmiss youで、「会えなくて寂しい」とか訳すると長くてうざいです。場合によっては「恋しい」でいいんだけど、場合によってはダメです。

あと訳しづらいのはmeanでしょうか。「イジワル」ではなく、褒めている場合でも使うので、「エグい」「ヤバい」とかでしょうか。

ところで先日、翻訳雑誌というのを立ち読みしてみましたが、何故か暴力衝動をかき立てますよね。

2013-12-09

うちで仕事。 BLACK SABBATHの『GATHERED IN THEIR MASSES』デラックス・ボックスだけ「Under The Sun」「Dirty Women」「Electric Funeral」とインタビューと裏風景映像が収録されているそうで、値段もさほど高くないのでアマゾンで注文しましたが、予約から即「一時的に在庫切れ」になって、本当は一度も入荷してないだろテメエと思いながらも、よそより安いのでもう少し待ってみます。 ずっと家にいるのに何故かお金だけが消えていきます。

2013-12-08

うちで仕事。 NIGHTSTICKが1年前(2012年10月)に新作『ROCK’N’ROLL WEYMOUTH』を出していたことを今更知りました。Bandcamp直販で買えます。 1999年の『DEATH TO MUSIC』以来の新作で、録音されたのもずいぶん前の筈。 500枚限定だそうですが、Bandcamp直販で「残り48枚」となっています。もしかしたら直販で2枚しか売れてないのかも知れません。全曲試聴できるけど内容は素晴らしいです。もちろん即購入。

Forever Doomed掲示板に道化師パドインカさんが書き込みしていました。