推理作家ポー 最期の5日間 【ちょっとネタバレ】

映画『推理作家ポー 最期の5日間』を見ました。原題『The Raven』といえば『忍者と悪女』(名作)もそうでしたが、中身はそちらの映画とも詩「大鴉」とも全然違います。エドガー・アラン・ポーが生きていた1849年を舞台に、「モルグ街の殺人」「陥穽と振り子」「赤死病の仮面」「早すぎた埋葬」などをモチーフにした模倣殺人が起きます。「ヴァルドマアル氏の病症の真相」もちょっと話題に出ます。「黄金虫」は出てきません。壁に穴を開けると死体が出てくるというのは「黒猫」モチーフなのかな?ジョン・キューザックがポーを演じます。

主役の筈のポーが何の活躍もしないとか、”何故”ポーの作品を模倣するかの動機が適当すぎとか、いろいろありますが、まあ面白かったです。

ネタバレですが、最後に犯人がポーに向かって、次はパリに行ってジュール・ヴェルヌの作品をモチーフにした模倣殺人をやることをほのめかします。しかし、これはいわゆるgoofというやつで、ヴェルヌは1849年にはまだデビューしていません。100万歩譲ってデビューしていたことにするとしても、模倣殺人をするとしたら、被害者を月面に打ち上げたり80日間世界一周させたり海底二万里まで沈めたりして殺すのでしょうか。もっと簡単に模倣殺人できる作家を探せばいいのに…。

ナチス映画電撃読本

f:id:yamazaki666:20120929191822j:image

『ナチス映画電撃読本』が面白いです。どのページから開いてもナチナチナチナチとナチのことばかり書いてあります。女看守とか拷問とか人体実験とかナチスゾンビとかナチ神秘主義とかナチプラモとか、とても勉強になります。

山崎はロックのナチねたについてのちょっとしたオマケ記事で末席を汚させていただきました。なお、本文テキストを書いただけなので、見出しは一切関係ありません。British Invasionが”ブリティッシュ・インベンション”になってしまっているとか、Guy Peellaertが描いたナチストーンズ&全裸少女のイラストが”ストーンズのアートワーク”とされてしまっているのは何だそりゃと、ちょっとガッカリしましたが、それ以外は面白くてためになる本です。

ところでカルチャーとしてのナチでは、新日本プロレス2009年Dominion大会ポスターや、サマーソニック08オフィシャルTシャツも外せないところですね。

2012-09-29

今日は午前中に区民健診だったのですが、午前中てきとうに行けば良いのかと思っていたら、午前9時ぴったりに検便を持って行かねばならなかったらしく、別途再予約せねばならなくなりました。

EARTH / MAMIFFER / Boris @新代田FEVER

f:id:yamazaki666:20121002132844j:image

うっかり代官山UNITに行ってしまうのはお約束ですね!どっちも”だい”が付いて後半アルファベットだから似てるし!でも早めに家を出たので、ちゃんと間に合いました。

今回特にインタビューとかはなかったのですが、タバコを吸いに出てきたディラン・カールソンに「去年電話インタビューして、日本盤CD解説原稿とか書いている者です」と自己紹介して、少しだけ立ち話しました。ディランはPOSSESSED『SEVEN CHURCHES』Tシャツを着ていました。

今日のEARTHのセットリストは Badger / Multiplicity Of Doors / The Bees Made Honey In The Lion’s Skull / Old Black / Ouroboros Is Broken / New Song – His Teeth Did Brightly Shine – The Corascene Dog / Tallahassee // New Song – Angels Of Darkness Demons Of Light だったかな?記憶で書いているので、間違っていたら訂正して下さい。

Borisのセットリストは Feedbacker / Invada Recordsから出るJoe Volkとのスプリット12″の曲(タイトル不明)。

最近のヒットチューン

1人でガシガシ歩くとき、ドライブの最中、もくしくは

着替えたりお化粧したり、出掛ける準備をしている時に

聞く音楽をすごく大切に思っています。寝る時間までずっと

ほぼ一日中音楽を聴いています。

今日はそういった「出掛ける」シチュエーションで、最近よく聴く

音楽を紹介します。明日の朝、音楽をかけながら出掛ける

準備をしてみて下さい。一日の良いスタートをきるために

…だそうだが、1曲も知らないので、僕なりに「出掛ける」シチュエーションの曲を考えてみました。

他に思いついたら続く。かも。ていうか原稿書きます。すみません。

2012-09-21

EARTH / MAMIFFER来日公演、僕はお仕事のため、残念ながら大阪・名古屋までおっかけは出来ません。今日は名古屋公演です。皆さん、楽しんできて下さい。

———-

HydraHead Recordsが近日活動停止というニュースに続いて、スペインのThrone Recordsが2012年いっぱいで閉鎖するそうです。MONARCHやMOHO、SUMA、UNEARTHLY TRANCEやGRIEF再発など、リリース枚数は少なかったけど、良いアルバムを出してきたレーベルでした。作品のパッケージもこだわりを感じさせ、ディストロとしても他所で売り切れの物があったりする穴場で、問い合わせにもフレンドリーでした。本当におつかれさまです。

2012-09-20

読んでいただけたらとても嬉しいです。ヤマハサイトコラム記事「ピッグ・デストロイヤーのギタリスト、スコット・ハルが語る“豚殺しの道”」先日のPIG DESTROYERインタビューです。

ニュー・アルバム『BOOK BURNER』、超楽しみです。

—————

f:id:yamazaki666:20120920205449j:image

THE ROLLING STONESの50周年ベスト盤『GRRR!』のジャケット・アート、初めて見たときはずっこけましたが、時間が経つにつれ、そんなずっこけ具合も何だかかっこよく思わせてしまうのがストーンズ・マジックでしょうか。で、さっき知ったのですが、ベロゴリラを描いたのは何とウォルトン・フォード。博物図鑑みたいな絵柄が素敵な画家さんです。ゴリラ系も多く描いていることから起用されたのだと思いますが、こういう面白系は(僕の知る限り)珍しいですね。

EARTH / MAMIFFER @新大久保アースダム 【一部ネタバレ】

ジャパン・ツアー初日。音のエーテル体に包まれました。今でも暗いところで自分の手のひらを見ると、少し燐光を放っているのが判ります。ディラン・カールソンとアーロン・ターナーを1枚のチケットで見れてしまうという奇蹟。20日(木)は大阪、21日(金)は名古屋、22日(土)は再び東京。絶対見なければいけません。

備忘録。

  • MAMIFFERはLOCRIANとのスプリット『BLESS THEM THAT CURSE YOU』から「Metis/Amaranthine/The Emperor」をプレイ!
  • EARTHは演奏を始める前に「写真は撮っていいけど、medical conditionのことがあるからフラッシュは焚かないでね」と言っていました。
  • EARTHは1曲目が「Multiplicity Of Doors」で、2曲目が「The Bees Made Honey In The Lion’s Skull」。
  • 新曲「Badger」は今年前半(3月?)から演り始めた曲。
  • ディラン・カールソンは左目尻に”RK”と刺青を入れていました。後ろ首にも”Rosie Knight”と刺青を。今度コラボレーション7”を出すスポークン・ワード・アーティストの人だそうですが、刺青まで入れてしまう思い入れは一体…?
  • ディランはギターをHagstrom Viking一本しか持ってきていなかったので、途中で弦が切れて、張り替えるので時間がかかりました。
  • 「Old Black」をプレイする前、MCで「猫についての曲」と言っていました。
  • 「Ouroboros Is Broken」をプレイ! 途中でちょっと失敗しましたが、リカバリーしました。
  • 「Tallahassee」もプレイ!MCで「アメリカで悪いことがすべて起こる場所」と言っていました。

ディランの足元。

f:id:yamazaki666:20120919221915j:image

———

アンパンマンテラス汐留に行ってみました。しかしアンパンマンワールドにも不況の波が!

f:id:yamazaki666:20120920003227j:image

いよいよEARTH / MAMIFFER来日公演スタート

明日から歴史的ジャパン・ツアーが開始します。 会場を訪れる人は、崇高なる経験をすることになるでしょう。

f:id:yamazaki666:20120718175956j:image

9/19(水)東京:新大久保Earthdom

open 18:30 / start 19:30

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

9/20(木)大阪:心斎橋Pangea

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: Pangea 06-4708-0061

9/21(金)愛知:名古屋池下Club Upset w/ ETERNAL ELYSIUM

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: Upset 052-763-5439

9/22(土)東京:新代田Fever w/ Boris

open 18:00 / start 19:00

前売 \5,000 / 当日 \5,500 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Fever 03-6304-7899

来日公演の前にもう一度おさらいしておきましょう!

2012-09-13

読んでいただけたらたいへん嬉しいです!よろしくお願いします! 【“沼地殺人鬼”の呪縛を歌い継いだザ・スミス】音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

ところでGBHの『MIDNIGHT MADNESS AND BEYOND』のバップ盤の邦題は”ミッドナイト”がない『マッドネス・アンド・ビヨンド』なのですね。こっちは『ミッドナイト・マッドネス・アンド・ビヨンド』となっていますが。

f:id:yamazaki666:20120913163555j:image

2012-09-12

HydraHead Recordsが年内で閉鎖するそうです。素晴らしい作品を多くリリースしてきたレーベルなので、とても残念です。でも、それを嘆き悲しむよりも、HydraHeadがたくさんの名盤をリリースしてくれたことに感謝し、今いちど聴き痴れたいと思います。

【追記】新譜リリース活動を停止して、過去作品はしばらく生かしていくようです。

———

元副編集長Tさんのうちのお子様、以前メールで「うちのりおたんが~」と書いてあったので、しばらくの間、”のりおたん”という息子さんだと勘違いしていました。

———

接骨院。