BURNING WITCH: BOX SET

f:id:yamazaki666:20120601215321j:image

BURNING WITCH『BOX SET』は今年2月に出たLP4枚組+DVDのボックス・セットを遂に入手しました。

LP4枚組の中身は『CRIPPLED LUCIFER』日本盤CD3枚組で全部聴けるし、『TOWERS』『RIFT CANYON DREAMS』はオリジナル盤LPを持っているし、お金がないし、他に欲しいものはいっぱいあるし、これはパスしようかなーと思っていたのですが、やっぱり欲しいし、在庫があるみたいだったので、遅ればせながら押さえました。箱も重いけど、中身も重いです。レコードに針を下ろすと地獄が噴き出します。お金は払ってしまえば最初からなかったのと同じなので、後悔はなしです。強いて言えばプリオーダーオンリーのTシャツが付いてこないのが残念といえば残念ですが、Tシャツはあまりコレクト対象にしていないし、入手するのが後手に回ったので仕方ないです。

LPは180g重量盤で、オリジナル盤LPよりもズッシリして嬉しいです。音質はまだ較べていないですが、こういう”殺し”のある音楽っていいですね。

このボックスにしか入っていないDVDには1996年5月シアトルPioneer Theaterでの初ライヴ(28分、カメラ撮り)と、1997年2月6日『29 Live』というテレビ番組のライヴ映像(25分、プロショット)が収録されています。この映像はtorrentとかに上がっているのを見たことがなかったし、かなり貴重です。

そういえば1996年デモは『CRIPPLED LUCIFER』日本盤3CDにしか入っていないのですね。このボックスには収録されていません。

大枚はたいて買う価値があるか否かは異論があるでしょうが、BURNING WITCHのボックスを買うということ自体が既に自傷行為の領域に入っているので、とにかく押さえてみるのも人生です。さすがに手が出ないという人は、『CRIPPLED LUCIFER』日本盤CD3枚組を押さえておきましょう。そして死にましょう。

MASTER MUSICIANS OF BUKKAKE: TOTEM BOX

MASTER MUSICIANS OF BUKKAKE『TOTEM BOX』、”孤高”という表現で逃げを打たねばならないほど何だかよく判らないハードでサイケでアヴァンでトリップな世界が繰り広げられる4枚組CDで、1年中これだけ聴いていてもけっこう幸せな気がしますが、解説で平野和祥さんがBUKKAKEについて”顔射などなどの陵辱行為”と書いているのが気になりました。わざわざ”などなど“というからには、顔射以外にも色々なものをBUKKAKEることをイメージしているのだと思いますが、平野さんがどんなことを思い浮かべながらそう書かれたのか、他人様の性癖ながら恐ろしいです。ところで先日『眼射』というAVがあることを知り、女優さんが結膜炎とかにならないか心配になるのと同時に、これで抜いている人の将来も心配です。この女優さんはみづなれいさんという方で、トミー・リーのファンなのだそうです。ちんこがでかいからでしょうか。

【メモ】良かったCD

———

肩痛の治療。通っている接骨院の名前がちょっと変わっているので「大麻解放運動とかやってるんですか?」と訊いたら、「やってません」と言われました。

GIRLSCHOOL: 女極悪ロックンロール:ライヴ・フロム・ロンドン1984

今日も”ライヴ・フロム・ロンドン”シリーズねた。GIRLSCHOOLのDVD『女極悪ロックンロール:ライヴ・フロム・ロンドン1984』が出ました。

ヴォーカルがジャッキー・ボディミード、ギターがクリス・ボナッシという、レアの一言では済まされない時期のライヴ。一番人気のケリー・ジョンソン姐さんはいませんが、ジャッキー姐さんもさりげなくポイントが高いです。この時期のGIRLSCHOOLのライヴDVDが国内発売されるという事実もポイントが高いです。

ところでジャッキーとクリスとトレイシー・ラムがいたSHEって、リリースはあったのでしょうか?

WRATHCHILD: ロンドン・ブーツ総攻撃!ライヴ1984

WRATHCHILDのDVD『ロンドン・ブーツ総攻撃!ライヴ1984』について一言言わせていただきたいと思ったのですが、眠いし他の仕事があるので後にします。ピャウ

【追記】…と思ったけど、上の映像を見たら一言も何も必要ないですね!

ところで”ロンドン・ブーツ総攻撃”というのは”STAKK ATTAKK”の直訳です。各曲の邦題は1985年に出た『STAKK ATTAKK』日本盤LP(邦題『復讐のキッズ』)を踏襲していて、「Trash Queen」が「ツッパリの女王」、「Wreckless」が「レックス」となっています。

THOR 筋肉ライヴ1984

8月に公開が迫ってきた映画『アベンジャーズ』ですが、まだ2ヶ月以上先。待ちきれない人は『THOR 筋肉ライヴ1984』でソーと宿敵ロキの対決を見ることが出来ます。

1分過ぎのところでロキとの決戦が始まります。『アベンジャーズ』とはちょっと異なりますが、気にしてはいけません。

DVD特典はフォト・ギャラリー。THORの雄姿をスチル写真でも堪能できます!

ライナーノーツは山崎が書かせていただきました。THORはボディビル時代にルー・フェリグノとライバル関係にあったとか主演映画『エッジ・オブ・ヘル/地獄のヘビメタ』のネタにも触れています。

そういえばKerrang!にTHOR対VENOMクロノスというフォト漫画が載っていたことがありましたね。

MOTORHEAD『極悪ライヴ』!AC/DC『流血ライヴ』!SAXON『暴走ライヴ』! そしてライヴ名盤の歴史に『筋肉ライヴ』が刻まれた!かも知れない!

Johnny Winter / Sonny Landreth @ Zepp Diver City

ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル。ジョニー・ウィンターは去年4月の奇跡の初来日と較べて、さらに体調が良くなったようで、ギターを丁寧に弾きこんでいました。「It’s All Over Now」では立って歌い演奏、会場は喝采。アンコール「Dust My Broom」ではジョニーとサニー・ランドレスのスライド共演も実現。ラストは必殺「Highway 61 Revisited」。明日は日比谷野音でライヴがあるので、みんなで行きましょう。

ところでDiver Cityには初めて行きました。ずいぶんと混雑していましたが、みんなユニクロとかH&Mとかフォーエバー21とかスタバを見たくて、わざわざお台場まで行くのでしょうか。CDショップはありませんでした。

2012-05-26

肩痛の治療に行きました。電気&痛いマッサージ。

以前注文したTHE OBSESSEDのケルンとアムステルダムのライヴLPがこないだ到着したのですが、ケルンのおまけ7″『SATURDAY NIGHT SPECIAL』が欠品になっていたので文句を言ったら今日、無事到着しました。300枚限定の#159。当初はRoadburn会場オンリーの予定だったのが、Burning World Recordsサイトでも買えるようになっています。

EARTH Japan tour 2012 with special guest: MAMIFFER 決定

歴史的来日、遂に実現。

==shows==

9/19(水)東京:新大久保Earthdom

open 18:30 / start 19:30

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

9/20(木)大阪:心斎橋Pangea

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: Pangea 06-4708-0061

9/21(金)愛知:名古屋池下Club Upset w/ ETERNAL ELYSIUM

open 18:00 / start 19:00

前売 \4,500 / 当日 \5,000 (ドリンク代別)

問い合わせ: Upset 052-763-5439

9/22(土)東京:新代田Fever w/ Boris

open 18:00 / start 19:00

前売 \5,000 / 当日 \5,500 (ドリンク代別)

問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Fever 03-6304-7899

==ticket==

6/9(土)より下記にて発売開始

東京/新大久保: ぴあ(P:172-224)、ローソン(L:79870)、e+、会場

大阪: ぴあ(P:172-190)、ローソン(L:57674)、e+、会場

名古屋: ぴあ(P:171-989)、ローソン(L:40558)、e+、会場

東京/新代田: ぴあ(P:172-354)、ローソン(L:近日確定)、e+、会場

2012-05-23

6月30日からマウリッツハイス美術館展が開催となりますが、それを記念して、『とらや』が青いようかん”蒼ノ調ベ”を発売するそうです。

f:id:yamazaki666:20120523091357j:image

「メシアガル(召し上がる)フェルメール」をテーマに、「もしフェルメールがとらやで羊羹を注文したら」というユニークな発想から、「フェルメール・ブルーを想わせる美しい羊羹」を生み出したとのことで、さすが創業480年を超える老舗でありながらチャレンジを続ける『とらや』ですね!

スタローン話のつづき

1995年の話。THE ROLLING STONESの『STRIPPED』が出る頃、「Like A Rolling Stone」が超大作映画のエンディングテーマとして使われる大型タイアップが実現!という話が持ち上がりました。レコード会社の人が「詳細はまだ言えませんけど、これが実現したら大変なことになりますよ」みたいに勿体ぶって言っていたのですが、いざフタを開けてみたらスタローン&バンデラスの『暗殺者』。思い切りズッコケました。いやまあ、超大作なのは本当ですが…。 いちおう後になって見たけど、あまり英語が得意でない濃ゆい顔のおっさん2人が撃ち合いしていたこと以外、何ひとつ覚えていません。

ディスコの灯りが消えるとき

THE BEE GEESのロビン・ギブが亡くなったそうです。

金環日食。もちろん肉眼。

肩痛の治療に行きました。電気を流されました。里中…

注文したLP2枚が到着したのですが、欠品があったので、先方にメールを送りました。

7月からWWE RAWが毎週3時間番組になるとのこと。世界一面白いテレビ番組ですが、これから毎週どうやって消化していけばいいのか。

V.A.: OVER THE TOP ORIGINAL SOUNDTRACK

ドナ・サマー繋がりでジョルジオ・モロダー公式サイトを覗いたら、プロデュース作品リストというのがあって、40ちょいというのは意外に少ない?という気が。100以上やっていると思っていました。

で、ASIAなんてプロデュースしてたっけ?と、首をひひねったのですが、ちょっと調べてみたら、映画『オーバー・ザ・トップ』サントラの「Gypsy Soul」という曲をプロデュースしたそうです。聴いた筈ですが、まったく記憶にありません。まあ映画そのものもスタローンが腕相撲する以外まるで記憶にないのですが。あとテリー・ファンクが出てきたのは覚えています。スコット・ノートンは覚えていません。

ところで『オーバー・ザ・トップ』のポスター、スタローンが左でハゲ(当然名前は忘れた)が右というのがワールドワイド共通ですが、ハゲが右でスタが左というバージョンもあるようです。

f:id:yamazaki666:20120520174006j:image f:id:yamazaki666:20120520174007j:image

スタローン映画、内容を全然覚えていないものがかなりあるので、いずれまとめて見直そうと思います。

イギリスのトイレットペーパーの話

僕が生まれて初めてロンドンに行ったのは1977年でしたが、大英博物館のトイレットペーパーがツルツルで、一切れごとにGovernment Propertyと印字してあったのを覚えています。1970年代末はどうだったか覚えていません。1993年には、もう普通の無地のトイレットペーパーを使っていました。

それと関係あるようなないような話ですが、THE BEATLESが初めてEMIオフィスを訪れたとき、トイレットペーパーの一切れごとにProperty Of EMIと印字してあったそうです。今では普通のトイレットペーパーを使っているため、当時の印字されているものはそうとうレアだそうで、一切れに1,000ポンド出す!という日本人コレクターもいるのだとか。参考:こことかここ

IGGY POP: APRES

f:id:yamazaki666:20120519221910j:image

糞ジジイのワンマンのど自慢大会など聴きたくないのが当然と思いますが、その糞ジジイがイギー・ポップだったりすると話が違うのであって、新作『APRES』がけっこう面白いのです。イギーがジョー・ダッサンとかセルジュ・ゲンズブールとかアンリ・サルヴァドールとかジョルジュ・ブラッサンとかを気持ち良さそうに歌っています。あとTHE BEATLESの「Michelle」とかオノ・ヨーコの「I’m Going Away Smiling」も。

このフランセ路線は前作『PRELIMINAIRES』でも「枯葉」(高木ブーでおなじみ)カヴァーを筆頭にやっていたし、レコード会社に対する嫌がらせではないと思うのですが、さすがに『EMI』も怒って「こんなアルバムは出せない」と却下したそうです。よって現在はiTunesとかでのダウンロードオンリーなのですが、いずれCDも出るとのこと。

EARTH Japan tour September 2012 with special guest MAMIFFER

遂に決定!日程は近日発表だそうです。

———–

ドナ・サマーといえば「I Feel Love」「Hot Stuff」「She Works Hard For The Money」などで黒い人たちがディスコで踊り狂っていたそうですが、僕はディスコとか行ったことがないので残念ながらよく判りません。それはそうと、Dave Thompsonのインダストリアル・ガイド本『Industrial Revolution』で「I Feel Love」がインダストリアルのルーツのひとつとして紹介されていて、へーと目からウロコが落ちたものでした。

f:id:yamazaki666:20050103154113j:image

で、この『Industrial Revolution』、20周年記念再発本が出たそうです。オリジナル版と内容が異なるかは知りません。日本のアマゾンには入っていませんが、海外アマゾンでは売っていました。

MANIC STREET PREACHERS @新木場スタジオコースト

グレイテスト・ヒッツ・ライヴ2連戦、2日目。

「いちおうシングル両A面だから」と言って「PCP」をやってくれたのがとてつもなく嬉しかったです。

「Rock’n’Roll Genius」も『NATIONAL TREASURES』収録曲だよな? と水を差すニッキー・ワイヤーに困った顔をする中年おじさんが可愛かったです。

というわけでBoris / ASOBI SEKSUは行きませんでした。

MANIC STREET PREACHERS @新木場スタジオコースト

ベスト盤『NATIONAL TREASURES』の全曲を2晩に分けて演奏するグレイテスト・ヒッツ・ライヴ2連戦初日。

来日あおりインタビュー映像では「Further Away」とか「New Age Riot」を演るとか、『NATIONAL TREASURES』に入っていない曲ばかり挙げていたので、最近作をさらっとしか聴いていない僕としては、知らない曲ばっか演られたら悲しいなぁと思っていました。

で、ライヴ1曲目でなんだか知らないシンセのイントロが始まって、早速知らない曲かよ!と暗くなりかけましたが、次の瞬間「Motorcycle Emptiness」に突入!あとは天国でした。

明日やる曲:You Love Us、Faster、A Design For Life、Everything Must Go など