WWE RAW @横浜アリーナ 初日

JUCIFER『THRONED IN BLOOD』CDが到着しました。去年の春ぐらいに出たアルバムで、LPはアマゾンでも売られているのですが、バンドの自主レーベルNomadic Fortressから出たCDはなかなか見かけなかったのでした(僕はJUCIFERはCDで揃えているのです)。バンドから直接買おうと思ったら3ヶ月に1回しか返事がないし、米Relapseではずっとout of stockで、どこでも売ってなかったのですが、ebayで見つけました。特に競争もなく、普通の中古盤価格で入手。これから聴きます。

そういえばNomadic Fortressからの第2弾として1994年のEP『NADIR』を再発するのだそうです。リマスターはPIG DESTROYERのスコット・ハル。去年出すと言われて、未だに出ていませんが。

TALBOT / BIRUSHANAH / ABIGAIL / BUTCHER ABC / GRIEVED (ex-ZOMBIE BLASPHEMY) @小岩bushbash

エストニアのドゥーム・バンドTALBOT来日公演。東京7回公演では今日が最も強力なメンツで、中途半端なバンドだったら日本勢に食われてしまいそうですが、力負けしていないのはさすが。

b/key/voとds/voのデュオで、ドラマーの人が短髪+メガネ+カイゼルひげ+犬飼現八みたいに右頬に花模様の刺青、とキャラが立っていました。

明日はETERNAL ELYSIUM、BLACK GANION、STONE BANQUETとの名古屋公演だそうです。しかし東京7回+名古屋1回というのも、面白いツアー日程ですね。

その後、東京公演が5回あります。行く価値は十分以上にありですよ。チケットも安いし。

——-

前田日明が「ウィレム・ルスカは3年前に死亡」と発言するも、ガセと判明。前田…

ETERNAL ELYSIUM @新大久保アースダム

ETERNAL ELYSIUMワンマン。二部構成で2時間半。最高でした。

思えば僕が彼らのライヴを見るのは去年の3月20日以来。去年11月20日と今年8月7日にも東京に来たのですが、見れませんでした。久々に見るライヴがワンマンというのは刺激が強すぎな気もしますが、刺激は強ければ強いほど良いです。

数々のETERNAL ELYSIUMクラシックスに加えて、隠し球のカヴァー曲はフラワー・トラベリン・バンドの「Hiroshima」と「MAP」。後者は当時シングルのみでリリースされた曲で、僕はオムニバス『ニュー・ロックの夜明けWEA編』で聴きました。今では他のCDで聴けるかも知れませんが、よく判りません。

———-

米アマゾンの11月10日限定”One-Day Sale”で$62.99だった『Stanley Kubrick Limited Edition Collection』が到着。送料が$4.28で、トータル$67.27(5,429円)。ブルーレイ10枚でこの値段は安い!パッケージはしょぼいけど、場所をとらないのでまあ良いです。日本盤ブルーレイも8,800円と、十分安いのですが、日本盤は『シャイニング』が短い方(コンチネンタル・バージョン)なんですよね? まだ忙しいので、とりあえず『シャイニング』の蜘蛛の巣ガイコツ部屋シーンを高画質で見れることを確認して、仕事に戻りました。

行った方がいいライヴ

  • 25日(金)ETERNAL ELYSIUM @新大久保アースダム ワンマン!  20日には四日市、23日には大阪でもライヴがあります。
  • 25日(金)~ TALBOT JAPAN TOUR TALBOTはエストニアのバンドですが、対バンも良いです。僕はBIRUSHANAHが好きなので26日(土)に行って、TALBOTが良かったらどれか他の日も行くかも。

2011-11-20

ここ数日、熱が出て、原稿を書こうとするたびに頭に電撃が走るという状態でしたが、ずいぶん良くなりました。原稿を書けるときは書いて、書けないときは『魔法少女まどか☆マギカ』を見ていました。ただでさえアニメに免疫がなくて、しかも事前に何も知らずに見たので、3話後半からの展開にひっくり返って、最後までまんまと作った人の術中にはまりっぱなしでした。ところでオープニングで全裸のまどかがレズるのは何かの伏線かと思っていましたが、結局判りませんでした。

——–

NOOTHGRUSH『LIVE FOR NOTHING』CD、もうアマゾンは取り扱わないのかと思ったら、今日到着しました。よかったよかった。

次はChoking Hazard RecordsからのCHR017 – Rare & unreleased stuffですが、来年に持ち越すかも知れないですね。

あと来年、NOOTHGRUSH / CORRUPTEDのスプリットが再発されるんだとか。CDなのかLPなのか両方なのか、いつ誰が出すのか、知りません。僕的にはCDとLP両方持っているので、新たなボーナス曲を付けて欲しいです。

大悪魔祭2 @目黒鹿鳴館

その足で目黒に移動して、 大悪魔祭2を見ました。最初から全編見ることが出来ました。 DRAID → 切株トークショー → HAIR STYLISTICS → SOUND WITCH → SIGH → GENOCIDE NIPPON

最近の『モータルコンバット』でフレディ・クルーガーがキャラになっていることを初めて知りました。

———

MOTORBAG。日本までの送料を加算すると190ポンド。高い。お金ない。買えない。

KAIKO POP FESTIVAL ’11 @渋谷各地

KAIKO POP FESTIVAL ’11に行きました。Boris、BLACK GANION、COCOBAT、ABNORMALS、山塚EYEなどが出ましたが、昼過ぎに起きて出かけたので、純粋にBorisだけ見て移動しました。

誰かのエッセイで女性器の新しい名称を考えようというのがあって、甲殻類みたいに”カイコウ”は?と案が出て、「でもカイコウ・ケンがいるからなあ」と却下されるネタがありましたが、誰の何てエッセイでしたでしょうか。全然思い出せません。

SUNN O))) meets NURSE WITH WOUND: THE IRON SOUL OF NOTHING

f:id:yamazaki666:20111119040343j:image

SUNN O))) meets NURSE WITH WOUND『THE IRON SOUL OF NOTHING』がフランスから到着しました。『OO VOID』日本盤CDボーナス・ディスクの音源をLP化したもの。Editions Megoから直販しましたが、音源的には既に持っているし、レーベル直販だからといってカラー盤とかでもないので、アマゾンで買っても良かったかも。たぶんCDとLPで音源は同じだと思いますが、念のために後で較べてみます。アートワークが美麗です。

NOOTHGRUSH: NOOTHGRUSH

f:id:yamazaki666:20111003211906j:image

NOOTHGRUSH『NOOTHGRUSH』がマケドニアから到着しました。

1994年10月の初期音源で、これが初発売。ギターは元ASBESTOSDEATH(SLEEPの前身バンド)のトム・チョイです。拷問スラッジしながらサイケな要素もあり、ヴォーカルも普通声で、22分のラスト「8D8」ではサウンド・コラージュもやっていて地面すれすれに飛びます。地面すれすれなので時に顔面がこすりつけられて血が出ます。

LPは全部で500枚。そのうち50枚が特大パッチ付きクリアー盤でジャケットのロゴ部分が銀色、100枚がパッチ無しクリアー盤、350枚がパッチ無し黒盤。CDは全部で500枚で、50枚が小さめのパッチ付き。日本に何枚入ってくるか判ったもんじゃないので、Fuck Yogaレーベルに直接問い合わせしてみるのも良いと思います。Ivanはとても親切に応対してくれます。英語も「メールオーダープリーズ!」で通じます。

2011-11-14

ゴードン・ベックが11月6日に亡くなったそうです。

——-

初代ドイル・ブラムホールとキラー・カール・コックスが亡くなったそうです。

——-

THIN LIZZY『AT THE BBC』到着。6CD+DVDのボックス・セット。これは凄い。でも本格的に聴けるのは4日後ぐらいです。日本盤は出ません。

取り急ぎゲイリー・ムーアとフィル・ライノットとコージー・パウエルが「Back On The Streets」「Don’t Believe A Word」をプレイする『Old Grey Whistle Test』のパートだけ見て、涙しました。

——-

MOTORHEADの『THE WORLD IS OURS – EVERYTHING FURTHER THAN EVERYPLACE ELSE』、彼らにとって初のブルーレイ作品となります(『極悪レミー』を除く)。楽しみです。

2011-11-13

yamazaki666.comがなんだか繋がりません。すぐ復旧させろヲラてめウンコとプロバイダーにメールを出しましたが、復旧時期、そもそも復旧できるのかもまだ明らかでありません。何か動きがありましたらブログでお伝えします。

【追記20:00】復旧したっぽいです。

2011-11-12

ヤマハ公式サイトのコラム、回を追うごとに微妙な方向に踏み込みつつあるのを自分でも感じます。でも仕方ないのです!今回はロリー・ギャラガーの輸入盤のボーナスにしか付いていない限定mp3ねたです!読んでいただけたらとってもとっても嬉しいです!アクセス数が多いと微妙なネタをやっても(あと〆切遅れても)叱られなくなるので、ぜひ読んで下さい!

2011-11-11

MASTODONの『THE HUNTER』といえば2011年ベスト・アルバムのひとつの呼び声も高い作品ですが、今年11月5日、オレゴン州ポートランドのライヴをオーディエンス撮影したDVDも良いです。2階の脇の方から固定カメラで撮った感じで、映像的にはあまり注目すべきところはありませんが、1時間半のフル・ライヴを良好な音質で楽しめます。今日現在だと比較的速く落ちてきます。

———–

というかジョン・ウィルソンがTASTE名義で活動していることを初めて知りましたよ。大胆だなあ。

———–

たくやおじちゃんがあそびにきたよ

たまたまついていたTOKYO MXのハーフのキャスター?の男の子に目ざとくロックオン、「誰?このかわいい子」と言っていました。