2010-02-28

寿司を食べに塩竃に行きました。

塩竃神社で商売繁盛の祈願をして、さあごはんだごはんだと駅前に戻ったら、どの寿司屋も開いていません。

駅前がゴーストタウン化していて、日曜なのにずいぶんと閑散としているんだな、と思ったら、チリ地震の影響で大津波警報が出ていて、住民に避難指示が出ていたのでした。

セブンイレブンだけが開いていて、バイト君にキグチコヘイと名付けてあげたかったですが、その後すぐ臨時休業になりました。

f:id:yamazaki666:20100228141900j:image

本塩竃駅も閉鎖するというので、ギリギリ最後の電車で脱出。仙台に戻りました。

そして一番町四丁目買物公園の入り口のところの福寿司でお昼ごはんを食べました。

それから同じく一番町四丁目買物公園の中古レコード屋、サウンド・ユーとJ&Bをチェック。サウンド・ユーでCOWS『ORPHAN’S TRAGEDY』を購入。持っていなかったし安かったので。東京でも買えそうなもんですが。「Taxi」というインスト曲がASCENDをちょっぴり思わせます。

f:id:yamazaki666:20100301141216j:image

で、同じく一番町のパラダイスレコードに行こうとしたら見つからず、楽器屋の店員に訊いてみたら「ずいぶん前に撤退しました」。あれー。サイトはあるけど、通販オンリーになっちゃったのでしょうか。

仕方ないので伊達の牛たんで芯たん定食を食べて、東京に戻ってきました。

2010-02-27

BLACK GANION『LIVE at HUCK FINN ”Rest In Peace, Ai…”』。鼓膜を破られても、そのぶん強くなって再生することを実感。

————-

宮城県移住に向けての下見を兼ねて、仙台~松島に行ってきました。

新幹線で仙台に到着して、とりあえず中古レコード屋『ボリュームワン』に行きました。アヴァンとかブルースとか昭和レトロサブカル物がいっぱいあったのですが、ジョン・ゾーンの『SPILLANE』がディスプレイされていました。アヴァンもブルースも昭和レトロサブカルも全部入っているアルバムです。ジャケの人は『口笛が流れる港町』(1960)の宍戸錠で、アルバート・コリンズがギターで参加しています。ジョン・ゾーン自らが書いたライナーノーツが彼の音楽観や日本観を知ることが出来てとても興味深いです。ルーニー・チューンズとかの音楽をやっていたカール・スターリングをジョン・ケイジと並べて評価したりしているのも面白いです。

f:id:yamazaki666:20100301004711j:image

しかしこのCDは持っていたので、代わりにNINE_POUND_HAMMERの7″「TeenageHead」を押さえたのでした。

それから松島に行って、かき小屋で殻付きカキ焼きを致死量まで食べました。ここは凄いですよ。

そして夕食は新料理・都留野で牛たん焼き。倒れそうなほどにおいしかったです。

ところで元ネタの町にも行きました。仙台駅のすぐ近く。

f:id:yamazaki666:20100228113200j:image

2010-02-26

ジェフ・ベックに電話取材しました。3月24日に7年ぶりの新作スタジオ・アルバム『EMOTION & COMMOTION』がリリースされます。

———–

CHURCH OF MISERY『LIVE AT ROADBURN』は殺戮だ。

————

またもやパソコンが不安定になって、最悪の事態を迎える前にとタイムマシン用の外部ハードディスクを購入。本当にこれで、1年に何度も味わってきた鬱な気分から解放されるのでしょうか。ちょっと怪しいです。

たまに自分の書いてきた文章はバックアップをとっていますが、過去16年の文章がDVD-R1枚に楽勝で入ってしまうので、俺の人生はこれ1枚にも満たないのかと、それはそれでブルーになります。

里親募集の件

f:id:yamazaki666:20100219121456j:image

ゲイリー・ムーアがジャパン・ツアーの後、韓国ソウルでライヴを行うことが発表されました。常々ドゥーム・コリア探訪を画策していたため、これを機会に行きたいと考えています。必ずや深く暗い闇の奥底ネタを掴んでくる所存ですが、やはり資金が足りません。つきましては以下レコードを放出しますので、欲しい方はmail@yamazaki666.comまでメール下さい。何枚かまとめて買って下さる方にはオマケを付けます。

しばらくここで告知して、引き取ってもらえなかったものは中古盤屋に売ります。ネームバリュー的に二束三文で買い叩かれて、でもやっぱり高値で店頭に並びそうなので、出来たら直接買って下さい (´;ω;`)

  • Various Artists: Bad Bonn: Does Your Cat Know My Dog? (SUNN O))), SONIC YOUTH etc) Euro LP black vinyl 3,300yen ←最新リリース
  • SUNN O))): Domkirke US 2LP black 2,500yen
  • SUNN O))): BLACK ONE US 2LP black 2,200yen
  • Earth: The Bees Made Honey US 2LP black 2,800yen
  • Earth : Living In The Gleam US LP red silkscreen diff sleeve ltd 100 (no t shirt) 8,000yen
  • Earth: Living In The Gleam US LP black vinyl diff sleeve 2,500 yen
  • Earth: Hex US 2LP pic disc diff sleeve 4,000yen
  • Queens Of The Stone Age: Lullabies To Paralyze US 2LP red orange vinyl diff sleeve 3,000yen
  • Various Artists: Alpha Motherfuckers – A Tribute To Turbonegro euro 2LP black vinyl 2,500yen
  • Various Artists: Alpha Motherfuckers – A Tribute To Turbonegro euro 2LP clear vinyl 2,700yen (Queens Of The Stone Age, Nashville Pussy, Satyricon etc)
  • Unida / Dozer: split euro LP black marble vinyl 3,000yen
  • Nebula / Lowrider: split euro LP red yellow marble vinyl 3,000yen

WE: TENSION & RELEASE

f:id:yamazaki666:20100225160419j:image

ノルウェー本国ではメインストリーム人気を誇るハード系ロック・バンドWEの現時点での最新アルバム『TENSION & RELEASE』、2008年1月に出たのに今まで押さえていないままになっていたのですが、これは良いです!ハードで、メロディがあって、ちょびっとプログレッシヴ調もあったりして、こりゃ人気が出ない方がおかしいです。限定盤にはDVDが付いていて、ツアー・ドキュメンタリーが収録されています。MOTORHEADの前座でドイツをサーキットしたので、レミーもばっちり出てきます。例によってですが忙しいので、詳細は後ほど!

なお本作からは「That’s Why (You’re So Fine)」(秀曲!)が先行シングルとして7″のみで発表され(限定300枚)、第2弾シングルとして「Hurdy Gurdy」が予定されましたが発売には至っていないそうです。サイトにジャケ写は載っているし、アマゾンに記載されているのですが。

MOSS: ETERNAL RETURN 12”

片面12″。「Eternal Return」自体は『TOMBS OF THE BLIND DRUGGED』CDヴァージョンで聴くことが出来ますが、とにかくパッケージが最強に凄い。500枚が黒盤、350枚が白盤、150枚がクリアー盤。感想は後ほど。

↓うんこに似たウロボロスへび封印(ゴム製)。切らなくてもレコードを出せます。偉い。

f:id:yamazaki666:20100226150131j:image

———–

ノルウェーの業者(昨日のとは別)にPaypal送金をしたら、間違ってスウェーデンクローナで送金してしまい、それをキャンセルしてノルウェークローネで送金しなおしました。

ISIS / BARONESSジャパン・ツアー来週いよいよ開幕

f:id:yamazaki666:20100127191024j:image

おそらくこのブログを読んでいる方は全員行くと思いますが、念のため。

– ISIS tour in Japan 2010 (with special guest BARONESS)

3/3 (水) 心斎橋Club Quattro open 18:00 / start 19:00

3/4 (木) 名古屋Club Quattro open 18:00 / start 19:00

3/6 (土) 渋谷O-East open 18:00 / start 19:00

問合せ: SMASH WEST 06-6535-5569

– HOUSE OF LOW CULTURE (Aaron Turner from ISIS) + MERZBOW / MAMIFFER (Faith Coloccia, Aaron Turner) w/ Atsuo (Boris) / Melt-Banana Lite

3/7 (日) 新大久保Earthdom open 18:00 / start 19:00

問合せ: SMASH 03-3444-6751

2010-02-24

午前零時ぐらいに、またもや里親募集のレコード放出を行います。4月のゲイリー・ムーア来日公演おっかけに向けて、本気でやばくなりそうなのです。なにとぞご協力お願いします。

しかしボブ・ディラン来日公演に全部行くことを考えればまだマシなのですが。ジャニーズJrさんは金持ちだなあ

UNEARTHLY TRANCE / VOLITION split 7”

f:id:yamazaki666:20100223124031j:image

2バンドでWINTERをカヴァーする7″。UNEARTHLY TRANCEは「Servants Of The Warsmen」、VOLITIONは「Eternal Frost」をカヴァーしています。WINTERというと死んだ魚の目をしながら破壊するサウンドが魅力で、こちらは目に命が宿っていますが、やはり控えめに言って最高です。

限定500枚のうち200枚がクリアビニールで、折りたたみインサート付きです。レーベルでもクリア盤はもうないそうです。

あとWINTERのCDは一家に1枚必携なのでよろしく。

2010-02-22

インタビューmp3データベースを更新しました。カセットテープも少しずつ減ってきて、段ボール箱でなく紙手提げ袋1つに。

————–

ebayで出品されていたMELVINSの胎児の漬け物。1999年大晦日、サンフランシスコのライヴ会場でのみ売られたそうですが、$639で落札されました。まったく手も足も出ないので、写真だけダウンロードしておきました。

f:id:yamazaki666:20100222204932j:image

世界らん展 日本大賞2010 @東京ドーム

f:id:yamazaki666:20100223044620j:image

『世界らん展 日本大賞2010』最終日に行ってきました。

東京ドームは年数回行くのですが、ライヴやプロレスとはずいぶんと客層が異なっていました。どこかの蘭友会の人がおっさんなのに髪型だけエモだったり、記念撮影をするときのかけ声が「らん、らん、らん♪」だったのがツボでした。

蘭というとネロ・ウルフが育てているというのと、高そうというイメージしかなかったのですが、これを機会にいろんな蘭を見てみたいです。

とてもどうでもいい話

Gというバンドの数年前に出たベスト&レア2CDが日本のアマゾンとかでは売られていなくて、ebayでノルウェーの業者が売っていて送料込みでhotstuff.seとかより大幅に安かったので、同じバンドの解散ライヴのDVD(その業者のebay出品リストにはない)も売ることは可能か?とメールで訊いたら、「そのDVDは廃盤だけど、特別なルートがあるから5,000円で売ってあげるよ!」と吹っかけてきました。てめー、ちょっとググれば北欧だと普通に2,000円ぐらいで売ってるの判るんだよアホ! …と、交渉打ち切り。

音楽ライターは毎日こういうやりとりをするのが仕事のひとつです。まあ日本のレコード会社から送られてくるサンプル盤しか聴かない人もいますが。

ところでクイズです。上のGというバンドは誰でしょう? ヒント:ゲイリー・ムーアではありません。

DOUG BOYLE: THE THIRD RAIL

f:id:yamazaki666:20100220010731j:image

ダグ・ボイルはロバート・プラントのバックでやっていたギタリスト。一時CARAVANにもいて、2006年10月のHATFIELD & THE NORTH来日公演にも同行しました。初のソロ・アルバムが3月発売だそうです。自主制作。ジミー・ヘイスティングスとデイヴ・シンクレアがゲスト参加しているのだとか。公式サイトでちょっと音を聴けますが、けっこうハードめで期待できそうです。この人はギター・ヒーローとして大成すると思っていたんだけどなあ。

The Haunted World Of El Superbeasto

f:id:yamazaki666:20100220012232j:image

ロブ・ゾンビ監督のアニメ。DVDで見ました。ルチャドールでAV男優でスーパーヒーローのエル・スーパービーストーが悪のドクター・サタンと戦います。どっかで見たキャラとどっかで聞いたセリフとおっぱいがわんさか。特典収録されている絵コンテのおっぱいの輪郭が異常に描き込んであります。感想は後ほど。とか言いながら結局書かなかったやつがどれほどあることやら。

面白いけど、STYXとかLOVERBOYとかパット・ベネターとかの80年代産業ロックいじりは驚くほどつまらないです。

印象に残ったセリフ:

  • SATANボンバイエ!SATANボンバイエ!
  • アニメで抜いてもいいんだよ♪日本人はいつもやってるんだし~♪

MASSIVE ATTACK 2009.11.7 Milan Palasharp

dimeadozenにミラノ公演のFM音源が上がっていますが、音質も演奏も最高です。最新アルバム『HELIGOLAND』からの曲は、インストゥルメンタル・パートがよりパワフルで、スタジオ・ヴァージョンより凄いです。

ただ、欠点なのは曲間のラジオDJのイタリア語ナレーションがうざいのと、おそらくこの日演奏されたであろう最初の3曲「Flat Of The Blade」「Heartcliffe Star」「Babel」が収録されていないことです。残念。

2010-02-19

きのうインタビューしてうちに帰ってきてちょっと寝て起きたら38.5度になっていました。知恵熱かも。ポンカンを食べました。そしてまた寝たら、36.2度に下がっていました。というわけでベストでゴーだ。と思って家でデスクワークやってから渋谷で打ち合わせして戻ってきたら熱っぽいです。

2010-02-18

雪が降って、なんだか嬉しいです。でも寒いので、靴下の上から貼り付けるタイプのカイロを足に貼っています。

でも午後出かける頃にはすっかり跡形もありませんでした。

そしてダニエル・レイとブラント・ビョークに個別取材しました。歴史の証人にあれこれ訊けて興奮しました。でも最後はC.J.ラモーンも交えて何故かAFとBUKKAKEの話になりました。

SUPERSISTER: PRESENT FROM NANCY

f:id:yamazaki666:20100217140517j:image

仕事をしながらカケハシ・レコードのサイトをちらっと覗いたらベルギーのジャズ・ロック・グループKANDAHARの『LONG LIVE THE SLICED HAM』(1974)のCDが欧ソニーから出ていて、変にメジャーから出てしまうとベルアンティークとかが紙ジャケCD化しにくくなるじゃん!と思いました。いや、興味あるんだかどうか知りませんが。

「Outside Of Reality」という曲ではインチキ東洋アレンジを聴けます。ネットでこのアルバムについての論評をいくつか覗いたら、「あまり良くない。SUPERSISTERの『PRESENT FROM NANCY』(1970)の方が良いよ!」というのがあって、未聴だったので聴いてみたら、大雑把にジャズ・ロックだという以外共通点はないものの、かなり良かったです。初期の方のSOFT MACHINEっぽい箇所もあって、好き嫌いでいったら僕もSUPERSISTERに軍配を挙げます。オランダ出身。

「Metamorphosis」の疾走ジャムからTHE BYRDSの「Eight Miles High」で終わる流れも良いです。あと「Memories Are New」中盤ソロがPINK FLOYDの「On The Run」みたいです。

現行の英Esoteric盤CDにはシングル・トラック4曲がボーナス収録されています。「She Was Naked」というシングル曲は特にエロくないですが、終盤のスピード・パートはかっこいいです。ピャウ

C.J. RAMONE / 早朝ピストンズ / HEY HO LET’S GO! @高円寺HIGH

f:id:yamazaki666:20100213211932j:image

1989年にRAMONESに加入、1996年の解散まで在籍したベーシスト、C.J.ラモーンがRAMONESの曲を演り倒すロックンロール・ショー。ギターはダニエル・レイ、ドラムスはブラント・ビョークでした。アンコールでマーティ・フリードマンが飛び入りしました。この人、去年6月のRAVENでも飛び入りしていましたが、畔柳さんが召喚したのでしょうか。(←追記:本当にそうでした)

早朝ピストンズは広島のバンド。RAMONESが日本語になったようなロックンロールをプレイ。ラストはMOTORHEADの「R.A.M.O.N.E.S.」でした。

HI HO LET’S GO!はシーナ&ザ・ロケッツのベーシスト、渡邊信之がギター&ヴォーカルを務めるRAMONESコピバン。

C.J.はバンドの後期にいたメンバーが自分が加入する前の名曲の数々をプレイする…というあたりが、ジョン・サイクスがやっていたTHIN LIZZYを思い出したりもしました。BGMがずっとTHIN LIZZYのベスト盤『DEDICATION』だったし。そうすると、早朝ピストンズはGLYDERあたりに相当するのでしょうか。

ところで最近ロックのexpanded universeについてあれこれ考えるようになったのですが、この日のショーでもあれこれ考えてみました。そのへんは今週末にでも書いてみたいです。

何はともあれ理屈抜きで楽しめたので、明日・明後日に時間のある方はぜひ。明日は少年ナイフも出ますよ。