ボム・ス・ファ『我が父チェ・ペダル~息子が語る大山倍達の真実』

極真会館の大山倍達総裁といえば智弥子夫人(藤巻潤のお姉さん。本名は照子だけど、ある日「今日から君は智弥子だよ!」と宣言された)とのあいだに娘が二人ぐらいいたことはよく知られていますが、韓国にも家庭があって、三人の息子がいたそうです。

その息子クァンボム、クァンス、クァンファが共同ペンネームボム・ス・ファを名乗って書いたのが『我が父チェ・ペダル~息子が語る大山倍達の真実』

前書きには

「本書に記されている内容は、すべて真実である」

と書かれています。

前半は普段日本に住む父が韓国に戻るときはりんご箱ほどの箱で30個ものお土産を買ってきてくれたとか、サウナが大好きだったとか、好みの俳優がチャールズ・ブロンソンやクリント・イーストウッドだったとか、『ロッキー』とか『ランボー』が好きだったとか、韓国での家庭人・大山倍達という新しい側面を描写しているのですが、後半になると『倍達がゆく』と題して、マス大山のバイオグラフィーとなります。

当然ながら息子たちはその場にいたわけではないので伝聞に基づいて書いているのですが、プロレスの試合中タム・ライスにガチを仕掛けられて、やられる!と思ったマス大山が本能的に三角蹴りで逆襲したとか、酒場で力道山がマイクスタンドを持って襲いかかろうとしたとかいう描写が次々と描かれます。

ムエタイのチャンピオン・ブラックコブラやサバットの達人ボーモン、しまいには有明省吾まで登場します。

どうやら『空手バカ一代』をそのまんまネタ本にしているようなのです。

パリの地下プロレスのチャンピオンの名前がロゴスキーではなくムイシュキンとなっているので、もしかしたら『空手バカ一代』の韓国版『大野望(テーヤワン)』あるいは『風のファイター』をネタにしているのかも知れません。

でも実の息子が「すべて真実である」と断言しているのだから、一面識もない僕がとやかく言えることではありません!

ところで本書の序文は三兄弟と親交のある現・極真会館館長のムン・チャンギュ(松井章圭)が書いています。

本文には死の枕で話すこともままならない大山倍達が「後継者はムン・チャンギュに決めた…」と語ったという一節がありますが、やはり実の息子が「すべて真実である」と断言しているのだから、一面識もない僕がとやかく言えることではありません。

なおWORLD KARATE誌に著者インタビューがあるそうなので、そのへんについての質問があるか読んでみたいのですが、普通の本屋には置いてないので、今度書泉ブックマートに行ったときにでも読んでみます。

普通の日記

イライラで頭が重く感じたので床屋に行きました。

コーヒー豆屋で「苦みの走る漢のコーヒーをくれや」と見繕ってもらったらスーパーマンデリンを薦められました。

本当はもっと知られざる秘豆を薦めて欲しかったのですが、よくわからんし、薦めに従いました。

RAWK

数年前からナッシュヴィル・プッシーとか初期ヘラコプターズみたいな爆走系ロックンロールのことを英語ではRAWKと呼んでいるようです。

モーターヘッドとガレージ・パンクを同じタンクにぶち込んでハイオク注入爆裂YEAH!といえば大体ニュアンスは掴めますでしょうか。

従来のROCKよりもRAWKの方がラフで品のない雰囲気を出していて、いつ誰が言い出したのか知りませんが、なかなかナイスな表現だと思います。

(語源をご存じの方、教えて下さい)

メールの最後に必ずRAWK!!と書いてくる人もいます。

もっとも、日本語ではまだあまりロォクとは言わないようです。

で、最近のRAWK系レーベルで注目なのがスウェーデンのBootleg Booze Recordsです。

SUPERSUCKERS、ZEKE、ELECTRIC FRANKENSTEIN、MARKY RAMONE & THE SPEEDKINGS、ADAM WEST、RICKSHAW、THE HYMANS、MENSENなど、列記しているだけで身体が熱くなってくる顔ぶれの作品を次々とリリースしているレーベルですが、最近オッと思ったのがBAD MACHINE / V8 WANKERSのスプリット7″「Sounds Of The Drags!」。

それぞれフィンランドとドイツのバンドで、中身は爆走バリバリロックンロール、ジャケもコレという、何のヒネリもないベタ過ぎの1枚ですが、理屈抜きに頭から湯気が出ます。かっちょいい!ロォク!

ところで最近日本ではDrag Queenのことをドラァグ・クイーンと書くそうですが(Drugと混同しないため)、Drag Racingをドラァグ・レーシングと書いてあるのは見たことがありません。

でも昔『サタデーナイトライヴ』で女装してレースするDrag Racingというギャグがあったそうです。

KHANATE『CAPTURE & RELEASE』ふたたび

1月5日の日記に書いたLP+DVD+パーカー+Tシャツ+スリップマットのセットがようやく到着しました。

パーカーはかっこいいけど、Tシャツはちょっと地味かも。でも転売はしないよ!

と思ったら日本盤CD+DVDがアマゾンで10%引きになっていました。絶対買い。

今日の二人でポコチン露出

子ども安全注意報 06/2/21

本日午前7時50分頃、阿佐谷北5丁目の馬橋公園近くの路上で紺色の乗用車に乗った変質者2人(運転席の男は腰にチェーンを付けた若い男、助手席の男は黒っぽい上下の若い男)が車を徐行して近づき、下半身を露出したという事案が発生しました。すぐに逃げ出したため被害はありませんでした。お子さまには、防犯ブザーを携帯させるとともに、何かあったら大声を出してすぐに逃げるよう指導をお願いします。

杉並区役所危機管理対策課

今日の子供を見ていただけで犯罪者扱いするのもどうかと思うが今のご時勢を考えると仕方ないのかも

子ども安全注意報 06/2/20

本日午後2時頃、下高井戸4丁目の区立下高井戸幼稚園の近くで男(50歳位、170cm位、黒い上下、屈強な体格、短髪の男)が児童の下校をじろじろと見続け、近くの住民の方に「パトロールの方ですか」と声をかけられると、にらみつけた後、立ち去るという事案が発生しました。児童に対する声かけ等はありませんでした。

警察署と区ではパトロールを強化していますが、みなさんも児童の下校時の見守りにご協力をお願いします。

杉並区役所危機管理対策課

普通の日記

資料を探しに西新宿のレコード屋街へ → 資料とまったく関係ないTHRALLDOMの7″を購入 → 『ダークサイド・オブ・ロック』パクリ本が出ているというので確認するために新宿タワーレコードへ(実際には出たのは1年以上前らしいけど、まともな流通もない糞本なので今まで知らなかった) → 新宿タワーレコードは休み → 仕方なく家の近所でウルトラジャンプを購入 → 『スティールボールラン』以外は何がなんだか判らない漫画ばっか → ようこそ『男の世界』へ

今日の滋賀県

子ども安全注意報 06/2/17

本日午前9時過ぎ、滋賀県長浜市の路上と川で、「子ども2人がナイフで刺されたような傷を負って倒れている」と通行人の男性から119番通報があった、刺されたのは幼稚園の男児と女児で、女児はまもなく死亡した、男児には数ヶ所の刺し傷があったとの報道がありました。事件の詳細は不明ですが、犯人は逮捕されました。区では同様事案を防止するため、下校警戒等を強化します。子どもの下校、送り迎えに保護者の皆さんの付き添いを強化されるようお願いします。

杉並区役所危機管理対策課

カード詐欺その1

クレジットカード会社の人と称する人物から電話がありました。

「あなたのカードの情報が盗まれた可能性があるので、一時カードを使えなくして、新しいカードを発送します」

と言われました。

「番号と使用期限を教えて下さい」とか訊かれたら確実に詐欺だと思ったのですが、訊かれなかったので本物みたいです。

今日の中杉通り

子ども安全注意報 06/2/15

本日午後4時20分頃、阿佐谷北6丁目の阿佐谷北保育園近くの路上で下半身を露出しようとした変質者(中年、濃紺のジャンパー、ジーンズ、自転車に乗った男)が現れました。大人が近くにいたため未遂に終わり、男は中杉通り方面に逃走しました。

不審者を目撃した場合は、すぐに110番通報をお願いします。

杉並区役所危機管理対策課

Elton Dean (1945-2006)

2月8日にブリティッシュ・ジャズ界を代表するサックス奏者の一人、エルトン・ディーンが亡くなりました。

本人がソフト・マシーンで活躍したのと同時に、”エルトン・ジョン”という芸名がエルトン・ディーンとロング・ジョン・ボールドリーから取ったものだということで有名だった人です。

(”高千穂遥”というペンネームが高千穂明久と永源遥から取ったのと同じですね。)

追悼の意を示すために、彼が参加したアルバムを聴こうと思って手にしたのがTOWERING INFERNOの1993年のアルバム『KADDISH』でした。

ホロコーストを題材にしたコンセプト作品で、久々に聴いたけど、凄いですねこのアルバム。

凄いというか、怖いです。

現代音楽とプログレッシヴ・ロックとジャズとなんか色々混ぜあわせ、沈んだヘブライ語のナレーションが入るのに加え、ズズーンと落ち込むヘヴィなギターが打ち沈んだ気分にしてくれる闇の傑作です。

うちのサイトを頻繁に覗いているような音楽リスナーの人ならきっと脱糞ガッツポーズだと思います。

当初は自主盤でリリースされたけれど、あまり凄い作品なので『アイランド』から再発。但しセールス面ではパッとせず、日本盤も出なかった筈です。

今では英米でも廃盤。

でも中古盤屋で見つけたら、そばにいる人たちを殴り倒してでも手に入れたい一枚です。

ところでTOWERING INFERNOの片割れリチャード・ウルフソンって去年2月に亡くなっていたんですね。

もう一人のアンディ・ソーンダースは何をやっているのでしょうか。

3月~4月のRelapseが熱すぎる

PENTAGRAMの初期音源集第二弾『FIRST DAZE HERE TOO』は、第一弾『FIRST DAZE HERE』の日本盤が出ていない上に公式アルバムがどれも廃盤だというのにも拘わらず3月8日に日本発売ですよ!!

しかも二枚組で2,300円というナイスプライス!

さらに4月5日にはUNEARTHLY TRANCEも『THE TRIDENT』で日本初上陸ッ!!

“鬱だ殺す”系地獄スラッジ・ドゥーム、ついに日本制圧のときが来たッ!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

f:id:yamazaki666:20060217211955j:image

そして4月にはZEKEの初期アルバム『FLAT TRACKER』『SUPER SOUND RACING』も新装ジャケで登場ッ!

こちらは日本盤が出るか未定ッ!

f:id:yamazaki666:20060217211840j:imagef:id:yamazaki666:20060217211918j:image

ジョージ秋山『アシュラ』

幻冬舎文庫で再発されていたので購入しました。(上巻)(下巻

昔むかしの日本で、飢えのあまりに家族を食べたり、切断した腕の傷跡に蛆虫がわいたりする話だギャ。

お母さん(狂女)の笑い声が「ガハハ ガハハハ」というのが何故かずっと脳裏に染みついていました。

『光る風』が1970年18~47号連載で『アシュラ』が同年51号~71年22号連載という少年マガジンは凄いなあと思って、他にどんな連載をやっていたんだろう?と家のどこかにある『少年マガジン大全集1~3』を探したら、全然見つかりません。

正直、どこにどの資料があるか判らなくて仕事に支障をきたすこともあるので、いろいろ捨てる必要を感じています。

ある程度のデータはネットで調べられるし。

でもあれも捨てられないしこれも捨てられないし、うーん。

旬菜居酒屋はちまん

大門にある『旬菜居酒屋はちまん』に飲みにいきました。

魚が美味しくて、しかも安価という良い店でした。おすすめ。

旬菜居酒屋はちまん

東京都港区芝大門2-1-1 第2境野ビル2F

電話:03-6403-5276

公式じゃないけどほぼ唯一お店のことを紹介しているサイト↓

http://www.suminoi.com/SR_hachiman.html

パクリ疑惑80sチューン(自分用メモ)

  • ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「アイ・ワント・ア・ニュー・ドラッグ」とレイ・パーカーJr「ゴーストバスターズ」
  • ポリス「見つめていたい」とジョン・ウェイト「ミッシング・ユー」
  • ユーリズミックス「スウィート・ドリームス」とコリー・ハート「サングラス・アット・ナイト」

たしか左が元ネタ、右がパクリ疑惑だったと思ったけど、逆もあるかも。

どれか裁判になったのもあった筈だけど忘れました。今度ヒマがあったらぐぐってみます。