韓国盤その3

韓国ではパンテラの『SELECTED IN “COWBOYS FROM HELL” & VULGAR DISPLAY OF POWER』というアルバムが出ています。

なんか文法がヘンです。

曲目は『COWBOYS FROM HELL』『VULGAR DISPLAY OF POWER』から選んだもので、下記の『VULGAR DISPLAY OF COWBOYS』とまったく同じです。

『VULGAR DISPLAY OF COWBOYS』はLPとCD両方が出ていましたが、『SELECTED IN~』はLPオンリーではないかと思われます。

(確証なし)

ライナーノーツが93年8月に書かれたものらしいので、同年10月~12月頃に出たものでしょうか?

韓国検閲盤2

●bsodoomさんからご指摘いただいたのですが、

ディープ・パープル『ストームブリンガー』から「ストームブリンガー」をカット、『SOLIDER OF FORTUNE』と改題したLPが韓国では出回っていました。

おそらくこれは1980年代のプレスだと思います。

70年代には赤とか青単色刷りジャケの海賊盤があり、そちらは別にカット曲はないです。

●また、

アイアン・メイデン『ピース・オブ・マインド』韓国盤はジャケットを内ジャケのものに変更、さらに「ダイ・ウィズ・ユア・ブーツ・オン」「ザ・トルーパー」「スティル・ライフ」「サン・アンド・スティール」をカットした5曲入り仕様です。

メイデンのコレクターズ・サイト http://www.troopersounds.com/

では「相場140ポンド以上!」とか書かれていますが、このサイトは無責任にムチャクチャ高い価格を書くので、あんまり信頼できません。

最近ebayではUS $59.98で落札されてるし。

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&rd=1&item=4056225941

$20ぐらいなら出してもいいけど、$59.98でも高すぎる気がします。

コレクターの人はグッズとして押さえておきたいのでしょうが、最近のebayヤーは狂ってます。

引き続き韓国盤情報、お待ちしています。

韓国検閲盤

オジー・オズボーン『月に吠える』ジャケットは狼男メイクをしたオジーで有名ですが、韓国盤LPはそのオジーがいません。

たぶん顔が怖いから消されたのだと思います。

1988年頃に韓国で発売されたもので、曲目はアメリカ盤&日本盤と同じです。

韓国では英語歌詞であっても検閲するので、たまにコレクターズ・アイテムが登場します。

特にメタル物は不適切な歌詞が多いせいか、曲がカットされたり差し替えされていることがあります。

  • メタリカ『マスター・オブ・パペッツ』…曲目が異なっている。 (SIDE 1: Battery / Master of Puppets / Orion // SIDE 2: Leper Messiah / The Thing That Should Not Be / Breadfan / The Prince)
  • パンテラ『THE VULGAR DISPLAY OF COWBOYS』…2枚のアルバムから選曲。CDもリリースされた。現在ワーナー・ミュージック・コリアからは『THE VULGAR DISPLAY OF POWER』『COWBOYS FROM HELL』が独立して発売されている。
  • レインボー『レインボー・オン・ステージ』…「キル・ザ・キング」がカット。そのせいでイントロ・テープから「マン・オン・ザ・シルヴァー・マウンテン」に直接繋がる。
  • レインボー『ロング・リヴ・ロックンロール』…同じく「キル・ザ・キング」がカット。
  • ゲイリー・ムーア『アフター・ザ・ウォー』LP…「アフター・ザ・ウォー」がカット、代わりに「メシアがふたたび」収録。アルバムのタイトル曲をカットしてしまったので、アルバムの名前は『GARY MOORE』となってしまっている。
  • シン・リジイ『ブラック・ローズ』…「S&M」「ゴット・トゥ・ギヴ・イット・アップ」がカット、代わりに「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」「サムデイ・シーズ・ゴーイング・トゥ・ヒット・バック」収録

他にもあると思いますが、とりいそぎ思いついたものを。

ご存じの方はタレコミお願いします。

どこかに韓国盤まとめサイトとかありませんでしょうか?

ホワイトスネイク検閲盤

こういうのを欲しがる人は既に持っているだろうし、欲しがらない人にとってはどうでもいいネタでしょうが、ホワイトスネイク『ラヴ・ハンター』のアルゼンチン盤LPです。

女性のモロ尻はNGということで、パンツをはいています。

タイトルも『COZADOR DE OR』とスペイン語になっています。

右下に「heavy metal」という文言と剣を持ったマッチョ腕があるのにも注目。

FLOOR

No Idea RecordsといえばFLOORの伝説のお蔵入りアルバム『DOVE』をリリースした偉いレーベルですが、なんとFLOORのシングル音源やコンピレーション曲、未発表デモなどを集めた『RESURFACING: 1993-1995』も2005年春以降にリリースするそうです。

FLOORはシングルが多いので、一気にCD(あるいは2枚組LP)で聴けるのは嬉しい次第です。

でも彼らのシングルは網付きだったりシルクスクリーン印刷だったり、アートワークが凝っているので、そちらも捨てがたいです。

たぶんうちにはシングル全種あるので、近日FLOORコーナーを作りたいとも考えています。

No Idea Recordsのサイト ↓

http://www.noidearecords.com/

BLACK SHAPES OF DOOM Vol.2

ドゥーム/ヘヴィ・ロック・ファンジン『Black Shapes Of Doom』第2号が面白いです。

創刊号以来おなじみのCHURCH OF MISERY、BORISインタビューはもちろんですが、

やはり超目玉は陳信輝と加部正義、そして彼らのプロデュースを手がけた折田育造という歴史の証人たちへのインタビュー!

1960年代後半~のニュー・ロック黎明期への誌面上の冒険旅行は読んでいるだけでドキドキものです。

ファンジンという性格上、印刷数は限られていて、既にVol.1は入手困難。

今回も売り切れ必至、数年後にはプレミアが付くかも知れないので、何が何でもゲットしておきましょう。

ニュー・ロックと聞いてピンと来ない人でも、10年後読みたいと思っても入手不可能になってしまうので今のうち!

僕も映画『女子大生・恐怖のサイクリングバカンス』ほかDOOM映画について、刺身のツマ原稿をちょびっと書いています。

http://www.leafhound.com/

ブーバー

11月11日の日記にも書いたのですが、今ブーバーが最高にINなわけですよ。

ほんとは去年からイギリスで放映されているので、知っている人からすれば何を今更なわけですが。

簡単に番組の中身を説明すると、

  • フンバ(黄)
  • ズンバ(紫)
  • ジンジンジンバ(橙)
  • ジュンバ(青)
  • ジンバ(ピンク)

の5人はエネルギーボールであって、世界各地の子供たちの笑いと喜びをエネルギー源にしていると。

で、彼らはいつも踊ったり飛んだりしていると。

その光景がカラフルでアシッドであると。

で、毎回子供たちが”ストーリーピープル”にプレゼントをあげるのですが、ストーリーピープルはみんなロボトミーでもされたかのように人格が剥離していて、しかもヒプノシスのアートワークみたいな変な所に住んでいると。

で、ブーバーは子供の包茎ちんちんみたいであると。

人間の睾丸はよーく見るとゆっくり動いているけど、ブーバー達も体内にイルミネーションみたいなのが入っていて、ゆっくり動いているように見えると。

ブーバーを作っているのはテレタビーズでおなじみラグドール・プロダクションズで、両者には類似点もありますが、相違点もけっこうあるわけです。

まず、テレタビーズ4人に対して、ブーバー5人はそれぞれの個性が確立されていません。

ストーリーピープルも人間の姿をしているものの、喜怒哀楽が抜け落ちています。

景色もイギリスの田園風景を思わせるテレタビーランドに対し、なんかCGのキラキラしたゾーンがメインです。

また、テレタビーズは毎回4人がドラマを繰り広げるのに対し、ブーバーはストーリーらしいストーリーがありません。

そんなことから、ブーバーの方がプラスチック的で人間味のない番組であることは確かでしょう。

さらに言えば、テレタビーズは見ようによっちゃかわいいけど、ブーバーはかわいくありません。

でも、それゆえに異次元感はアップしていて、見ているだけでトリップ出来ます。

DVDのインデックス画面をずっとホゲーと見ているだけでもあっちの世界に逝けます。

NTSC仕様のアメリカ盤DVDは現時点で3枚出ていますが、だいたい中身は似たようなものなので、まず最初に1枚ゲットして、体に合うかを確認してみることをおすすめします。

年末進行

DVDで『円卓の騎士』を見ました。

ご存じアーサー王がイギリスを統一してお妃のグイネヴィアが騎士ランスロットとデキちゃってなんちゃらかんちゃらという話で、もう百億回ぐらい映画化されていると思います。

『エクスカリバー』とか『キャプテン・スーパーマーケット』とか『モンティ・パイソン&ホーリー・グレイル』とか。

この映画の特徴は、なにぶん1953年に作られた作品なので、セックル描写が全然ないこと。

  • ランスロットとグイネヴィアがセックルしない。
  • アーサー王とモーガナが近親相姦セックルして出来る筈のモードレッドが、モーガナの兄だか弟という設定になっている。
  • 魔法でグイネヴィアに化けてランスロットをくわえこんでセックルする筈のエレインが、なぜか清純派。

という風にアレンジされています。

あと、エキストラの数が『少林寺』並に少なくて、さらに最初のシネマスコープ作品だということもあり、横長画面をフルに使い切れていなくて、合戦シーンがのんびりしています。

でも、重厚な作りがすごくかっこよくて、自分も騎士道に邁進せねば!という気にさせてくれます。

ミクロス・ローザの音楽も素晴らしいです。

オマケでプレミア上映会の模様が入っていて、ラナ・ターナーとかデビー・レイノルズとかが挨拶しています。

キングコング1976

1976年版『キングコング』のフランス盤DVDを購入しました。

本編だけなら日本やアメリカでも廉価盤DVDで入手できるのですが、フランス盤はハードケース入りのボーナスDVD付き二枚組。

ボーナスDVDにはアウトテイク集、予告編、スチル・ギャラリーが収録されています。

アウトテイクはアメリカのケーブルTVのみで放映されたエクステンデッド・ヴァージョンで見ることが出来たもので、ほとんどは船乗りのおっさんがジェシカ・ラングが入浴しているのを覗こうとするとか、どうでもいいものですが、

コングと大蛇のバトル・シーンのロング・バージョン、それからコングが自動車をビルに投げ込んで大炎上!というシーンを見ることが出来るのが嬉しい!

さらにちょい厚めのフォト・ブックレットも付いていて、見たことないスチル写真が何枚も載っていて気合いの入りようが窺えるのですが、何故か1枚だけ『キングコング2』の写真が混じっているのが気になりました。

その他『ファントマ』2枚組DVDとかトリロク・グルトゥ『BROKEN RHYTHMS』とか、フランスでしか出てないブツも購入しました。

ブーバー

テレタビーズを生んだラグドール・プロダクションズの新作で、イギリスでは去年からやっています。

テレタビーズもトリップしていますが、ブーバーはキャラの重みを排除したぶん、ヴィジュアルがさらにアシッドな印象を受けます。

http://www.boohbah.tv/

http://pbskids.org/boohbah/boohbah.html

DVDも買っちゃいましたよ。(^д^)ハハハ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00028G50Y/stonersunshin-22

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00028G51I/stonersunshin-22

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002V7OKQ/stonersunshin-22

幼児向け番組ということを配慮してか、頭が包茎チンコみたいですね。

大統領選とかマイケル・ムーアについて語るクールな俺

『チーム・アメリカ/ワールド・ポリス』を見ました。すごくおもしろかったです。

バカのくせに政治を語りたがるハリウッド俳優たちが次々とハチの巣にされたりズタズタにされて殺されて痛快です。

でも、もし殺されるのがマイケル・スタイプとかエディ・ヴェダーとかトム・モレロだったら、ちょい抵抗があったかも知れません。

もしそうであっても、映画のおもしろさは変わりませんが。

キム・ジョンイルの広告塔となる大物(映画ではアレック・ボールドウィン)がブルース・スプリングスティーンとか、知恵遅れ(映画ではマット・デイモン)がジョン・ボン・ジョヴィとかだったら、ぶち殺されて拍手喝采です。

マット・ストーンとトレイ・パーカーは本作、そして『サウス・パーク』の「Douche & Turd」でも”バカのくせに選挙に行くんじゃねえ”という姿勢を貫いています。

でも元々バカだった人がちゃんと政治のことを勉強して賢くなって、それで投票するならオッケーだと思います。

僕もいっぱい勉強して賢くなって、胸を張って投票できる大人になろうと思いました。

誰かもう書いたかも知れないけど、『AVP』というのはAnus, Vagina, Penisの略でもありますね。

『チーム・アメリカ』最後の演説と同じだッ!

鬱々

WWEからリコ、テスト、Aトレイン、ビリー・ガン、チャック・パロンボ、ニディア、ゲイル・キム、ジャズ、ロドニー・マック、ジョニー・スタンボリが解雇された。

『スター・ウォーズ/エピソード3』予告編が公開された。

見れたのは嬉しかったけど、これで『スター・ウォーズ』は終わりだし。

しかもイイモノ側が負けるし。

鬱々

ジョージ・W・ブッシュが大統領に再選された。

ロックの人たちはテッド・ニュージェントを抜かしてほぼ全員がブッシュ嫌いと言っていたのだが、しょせんロックンロールは負け犬のゲームなのかと。

パソコンを殴ったら壊れた。

アップルケアプロテクションセンターに電話して、長々と相談して、「きっとハードディスクが物理的に損傷してるからこれはダメかもしれんね」と言われた。

とりあえずパソコン内部のデータは全部消えるけど、初期化してみようと思った。

でも何故か初期化できず。

で、とりあえず殴ってみて、再起動したら直った。

急いでデータのバックアップをとった。

一体なんだったのだろうか。

今日の朝いちまでに絶対やんなきゃならない仕事があったので、ちょっと安心した。

鬱々

朝、『デビルマン』を見た。

別に原作と違っててもいいけど、とにかくつまらなかった。

平凡な9to5の人がきちがい原作をどうアレンジしてもダメなのだと実感した。

夜、香田さんの斬首動画を見た。

ogrish.comで見ることの出来る斬首シリーズは毎回見ていて慣れたはずだったが、日本人斬首となるとさすがに来るものがあった。

妙なところでナショナリズムを感じるものだと思った。