2018-08-13

●スカイスクレイパー

試写会で映画『スカイスクレイパー』を見ました。 9月21日(金)全国公開。
試写会は2Dでしたが、高いところが怖い人は3Dで見るとそうとうドキドキだと思います。
しかしマーベルとDCとスター・ウォーズとドウェイン・ジョンソンの映画を見ているだけで他の映画を見る時間がなくなってしまいますね。海外TVシリーズとか見ている人はどうやって時間を作っているのでしょうか。

2018-08-09

午前11:30から電話取材。 電話で会議室に入って話すやり方で、相手の声が小さくてちょっと困りました。
録音したmp3も相手の声が小さかったけど、AudacityのEffects → Normalizeというのをかけたら相手の声だけ大きくなりました。おおっ!

————–

●アントマン&ワスプ

試写会で映画『アントマン&ワスプ』を見ました。 8月31日(金)公開。
インフィニティ・ウォーとの絡みはどうするのかと思っていたら、そう来るのかと。やっぱり面白いです。
マーベル物ってこれが第20作目だそうですね。 まだの方は今からでも間に合うので追いつきましょう。

2018-08-06

「日本でのVADERのときの暴動のことを詳しく教えてくれ」とオーストラリアの知人に訊かれて、VADERのライヴで暴動なんてあったっけ?「そんなのなかったと思うよ」と答えたら、1987年イヤーエンド国技館のときの暴動の話でした。
北野武や永井豪がベイダーの誕生に関わっていたというのに強烈なファンタジーを感じるそうです。

—————

●MEG ザ・モンスター

試写会で映画『MEG ザ・モンスター』を見ました。 9月7日(金)全国公開。
ジェイソン・ステイサムがでかいサメと戦う話です。

【ちょっとネタバレ注意】

最後にFinと出てきます。 フランス語の完 Fin とサメのヒレ Fin のダブルミーニングで、くだらないけど油断していたのでクスッと笑ってしまいました。

2018-08-03

ライナーノーツを書きました。 ボズ・スキャッグス『OUT OF THE BLUES』

———–

記事を書きました。 Yahoo!ニュース『【ライヴ・レビュー】ザ・ワイルドハーツ/2018年7月“TOKYO 2018”』

———–

記事を書きました。 ローリングストーン『イアン・ギランが語るディープ・パープルと歩んだ人生、「The Long Goodbye」の真意』

———–

記事を書きました。 ヤマハWeb音遊人『ナイン・インチ・ネイルズ漬けの2018年夏。サマーソニック/ソニックマニア出演&新作アルバム『バッド・ウィッチ』』

———–

記事を書きました。 BARKSでTHE DEAD DAISIESのジョン・コラビとディーン・カストロノヴォへのインタビュー

———–

朝8時から電話取材をしました。

———–

●プーと大人になった僕

映画『プーと大人になった僕』を試写会で見ました。 9月14日(金)全国公開。
ちょっと『劇画オバQ』を思い出したりもしました。
そういえば字幕で“プーさん”という表記は一度もなかったような。 吹き替えだとあるのかも知れませんが。

———–

初めて外国に行ってから43年が経ちました。

2018-07-31

記事を書きました。 ヘドバンVol.19でウェンディ・O・ウィリアムスのバイオグラフィ。
知らない女性アーティストの記事がたくさん載っているので、じっくり読むつもりです。
ところで表紙の左上にいるアーティスト、1982年レディングの頃のゲイリー・ムーア?…と思ったけど、おそらく女性アーティストなんですよね? パット・ベネターかな?

2018-07-30

フジロックCHVRCHESを見て、ちょっと会場をウダウダ歩いて、シャトルバスでJR越後湯沢駅まで行って、駅前の魚民で時間を潰していたら午前3時に看板だと追い出されて、午前5時15分まで駅の外(扉が閉まっているので中には入れない)でスマホで音楽を聴いていて、徐々に充電が切れてきて、午前5時15分に駅が開いたので中でウダウダして、どこかに充電出来るコンセントがないかと探して、だれでもトイレにあったけど、トイレ内が暑いのと、本来利用するべき人の迷惑になるので退散して、新幹線で帰宅して、メールの返事をして、出発前に作ったテープ起こしメモを見直して、こことここの順番を変えた方がいいかな?と思って、よし直すぞと意気込んだところ寝落ちして、目が覚めたら有島さんの件がツイッターで話題になっていて、告発している望月さんって何度か原稿関連メールをやり取りした望月さんと同一人物かな?と思いました。

2018-07-29

●FUJI ROCK FESTIVAL 18 3日目

ANDERSON. PAAK & THE FREE NATIONALS → JACK JOHNSON → BOB DYLAN & HIS BAND → VAMPIRE WEEKEND → CHVRCHES

昨日のフジロックは豪雨で大変だったそうですが、今日は雨が収まって、それでもカンカン照りというわけでもなく、やや強めの風も心地よかったです。

ボブ・ディランの最後、ディランとチャーリー・セクストンと知らない人が3人でエッヘン!と仁王立ちになって光が当たるのは定番だそうです(情報源:Sexy Zoneのおじちゃん)。

VAMPIRE WEEKENDはどうも肌に合わず2010年のフジロックでは虚弱ウラナリとか失礼なことを書いていたけど、さりげなく2013年にも見ていて、これで3回目。 全部フジロック。「The Boys Are Back In Town」をフルコーラスやっていました。

2018-07-28

●SOFT MACHINE @ビルボードライブ東京

2ndショー。開演時間は19:30でした。 ビルボードライブは普段2ndショー開演は21:30とかなので、当日午後になって気付いて一瞬うわっと思いました。

Bundles / The Man Who Waved At Trains / Voyage Beyond Seven / Kings And Queens / Gary Husband solo / The Steamer / Out-Bloody-Rageous / Broken Hill / Life On Bridges / Pump Room // Fourteen Hour Dream

1曲ごとにジョン・エサリッジが紹介してくれるのでメモりやすかったです。
1stショーでは「The Tale Of Taliesin」とかもやったそうですね。 ゲイリー・ハズバンドは前半で上がってきてソロを決めて以降ずっといました。

こちらの記事もよろしくです

2018-07-26

村上肥出夫画伯が7月11日に亡くなったそうです
拙サイトやSNSでアイコンに使っている山崎の絵は村上画伯が描かれたものでした。
そのあたりの事情はこちらをご覧下さい。 出来過ぎた話のようですが、本当です。

ご冥福をお祈りいたします。

————–

●Gary Husband @横浜Motion Blue Yokohama

ゲイリー・ハズバンドのソロ公演。ピアノもドラムスもやるというから交互にやるのかと思ったら、グランドピアノの鍵盤の左右にドラムキットの左半分と右半分を置いて、ピアノの下の足下にバスドラムを置いて、いっぺんにプレイするというライヴでした。 さらにシンセも傍らに置いて弾いていました。
サンプルも使っていたけど、オリジナルが超絶テクニック集団なのに1人でプレイするというのも凄かったです。
アレンジがオリジナルとまったく異なっていたり、メモを取っていなかったので抜けまくりですが、漠然とこんなような曲をプレイしていました:

– You Know You Know(MAHAVISHNU ORCHESTRA)
– Celestial Territorial Commuters(MAHAVISHNU ORCHESTRA)
– Kinder (「アランがトニー・ウィリアムスとやっている時は『Fred』だったけど、『GAZEUSE!』の頃に「Kinder」になったんだよ」とのこと)
– El Hombre Que Sabia (ジョン・マクラフリンの曲。「パコ・デ・ルシアについての曲だよ」)
– I Remember Me(「ヤン・ハマーはみんな知っているだろうけど、彼が1970年代に出した『LIKE CHILDREN』というアルバムはあまり有名じゃないよね?」)
– Devil Take The Hindmost(アラン・ホールズワースの『METAL FATIGUE』から)
– Joy(「ジョン・マクラフリンがSHAKTIとやった曲」と紹介していました)
– Shadows Of(「アランの曲だよ」と紹介していました)
– Sulley (『DIRTY & BEAUTIFUL Vol.2』からの曲。「『モンスターズ・インク』のキャラからタイトルを取ったんだよ」と言っていました)本編ラスト
– Dance Of Maya(MAHAVISHNU ORCHESTRA。「みんな大好きだよね♪」とのこと)アンコール

SOFT MACHINEのスペシャルゲストとして参加するのと並行してあと大阪(7/30)と名古屋(8/1)でソロ・ライヴをやることになっていて、これだけ有名曲をやって演奏も凄くて、チケット代も安いので、すごいお得ですよ。
こちらの記事もよろしく

2018-07-25

記事を書きました。 Yahoo!ニュース『英国ジャズ・ロックの伝説ソフト・マシーンが2018年7月に“FAREWELL JAPAN TOUR”』

——————

ライナーノーツを書きました。 THE SEA WITHIN『THE SEA WITHIN』。 プログレッシヴ・ロック界のスーパーグループ。

——————

記事を書きました。 リズムアンドドラムマガジン9月号でヴィニー・ポール追悼。

2018-07-22

ライナーノーツを書きました。 ロリー・ブロック『A WOMAN’S SOUL: A TRIBUTE TO BESSIE SMITH』
アコースティック・ギターでベッシー・スミスをカヴァー。良いです。

————-

ライナーノーツを書きました。 POWERWOLF『THE SACRAMENT OF SIN』
メタル狼群団。カッコいいです。